ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劣等感について。
若き頃、私の場合、「人間関係、容姿>ピアノや漫画(画力)」だったなということで語ってみよう。

歳とってよかったことは、容姿の劣等感をさほど感じなくなったことかもしれない。ばあさんになってしまえば、あまり関係なくなるもの^^
むしろ美人さんのほうが、歳をとると容姿に対する劣等感が強まるかも?

ま、私の場合、若いときは、漫画とかピアノとか燃えるものがあって救われた。

バブル世代は恋愛至上主義者が多いけど、その時代、恋愛に背を向け、漫画やアニメに燃える人は「オタク」と呼ばれ馬鹿にされていたっけな^^。
でも厳しい現実を知っているからこそ、架空世界を求めてしまうのかもしれない。恋愛関連は一番劣等感を刺激するから、手を出さないオタクもけっこういるかも。 私もその一人であった^^;

若いときは、恋愛のほか、イジメ、友人が少ないなど、対人間問題はほんと劣等感が刺激されたな、と。ピアノや漫画で全否定されるよりも。

そういえば、ピアノも漫画も基本一人でコツコツやるものだな。だから続いた、とも言えるかも、私の場合。

いかに対人間で、劣等感を持っていたかというと
たとえば、漫画連載していたとき、担当編集者に時間を取らせ、私のようなものに付き合っていただくのは大変申し訳ない、と思っていたくらいだ^^;

漫画家によっては、ネームを作るところから、長時間、担当編集者を付き合わせる人もいる。

私は一人でネームを完成させて、担当の判断を仰ぐ、ダメなら、家に持ち帰り、一人で直す。
けど、漫画家さんによっては、担当にずっとにつきあってもらいながら、直す人もいるようだ。

私は、担当とは仕事以外の話は基本しないし、打ち合わせ以外のことで、担当を付き合わせることも一切したことがない。
一緒に遊びに出かけるなど、したことがない。
ほかの漫画家さんは担当と遊びにでかけることが、よくあったそうだが、
私なんぞに付き合わせるなんて悪い、相手もきっと嫌だろう、と思っていた^^;

ま、担当さんから見たら、おそらく私は愛想のない、かわいげのない人に思っていただろうと、今では過去の自分の態度を反省している^^;

けど、そういう態度だったので、少なくとも私は、基本的に担当さんに迷惑をかけたことがない、と自分では思っている^^;
うっかりミスはあったが、我儘は言ったことがない。

「先生」と呼ばれたとき、先生と呼ばれるのはいやであったし、「林さんでいいです」と一度は言うものの、それでも「先生」と呼ぶので、「ああ、これは距離を置きたい、親しくしたくないからだな、敬遠したいからか」と深読みをしてしまい、そのまま「先生」と呼ばせていたこともあった^^;

「先生」と呼ばせてしまった編集者は2人いる。
が、実は、この2人の編集者が一番フレンドリーで、仕事以外のことを話したりした編集さんだったっけ。
反対に、この2人以外の担当編集者とはプライベートの話を一切したことがない。

私の深読みは全く外れていた^^;
が、この2人のフレンドリーな編集さんには、「先生」と呼ばせてしまったがため、それ以上には親しくなれなかった。
もうちょい心を開けばよかったな、と、これは後悔している^^;
同世代だし、もしかしたら友人になれたかもしれないのに。(けど、若いころは、こんな私と友達になるなんて嫌だろうな、と思っていたのだ^^・)

そんなわけで、私は人間関係を築くのは大変下手であった^^;
人間関係でうまくいかないと、劣等感刺激されるので、私も距離をとりすぎるくらいにとってしまう。

それに比べ、ピアノや漫画で全否定されても、劣等感への刺激は少なかった気がする。(そりゃ、その時は凹むには凹むが、復活も早い)
全否定されても耐えられる、だから長続きしたのかも。

そういえば、漫画で、
持ち込んだ原稿への講評に一言「いらない」って編集者たち全員から書かれたときも、
担当編集者から「(ハヤシさんに)覚めちゃったんですよね(=もう来てくれるな。連絡してくるな。ほかへ行ってくれ)」と言われた時も、思ったほどには落ち込まなかった。

ピアノでも、先生らから全否定されるのはもうあたりまえのことだったし^^;

ネットで過去作品をボロクソに否定されても、落ち込まない。
むしろ話題にしてくれて、今ではうれしいくらいだ。

と、「あおいほのお」(漫画家島本和彦の自伝的ドラマ)を見て、昔のことを思い出し、こんなことを思ってしまった。

いや、今なら、そんなに劣等感持たずに、人とお付き合いできますが^^
嫌われたら嫌われたで仕方ないと思うし、さすがにイジメとは縁がなくなっているし
面と向かっての口げんかは負けるが、文章でのやりとりは負ける気がしないし(言った言わないを避けるため、私は文章でのやりとりを望む)
人の底意地悪さに触れれば「ネタにしてやろう」「うむ、ワシの創作意欲に火をつけてくれて感謝」って思っちゃうし^^;

若いときにこそ、今ぐらいの「ずうずうしさ」があったらな~、今ぐらい鈍感であったらな~、今ぐらい覚めていればな~、もう少し何とかなったかもしれないな~、惜しいことをした、と思ったのでありました。
スポンサーサイト
「ガッシュ」のマンガ原稿紛失問題での裁判・・・作者と小学館がいちおう和解したようですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで・・・「アシでメシが食えるのか」が話題になっているらしい。いやあ、ここに登場する小学館の編集さんの態度が・・・
いや、けど、私はそういう「すごい座り方」をする編集さんは見たことがないが。

というわけで、久々にマンガ関連ネタといきましょう。
とはいえ、「ガッシュ問題」とは、あんまり関係ない話題です。ただの「マンガ関連ネタ」ということで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて・・・
昔、HPにも書いたけど・・・「先生」と呼ばれるのは、居心地悪いだけであり・・・もちろん嬉しくない。
「先生」と呼ばれることは、こちらも大変恐縮してしまうので、私も引くことになるだろう。
「先生」と呼ばれるような人間じゃございません、というわけで、できるだけそういう場から逃げることにする。

⇒続きを読む

「軍鶏」の漫画家さんが原作者を訴えたとか?
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/156801/

原作と漫画家の関係も難しいだろうなー、と。
というか、その間を取り持つ編集者はどうしていたんだ?と思うけど・・・

⇒続きを読む

なぜハヤシの漫画の原稿が採用されたのか、を自分なりに考えてみた。

後のほうは「芸術家タイプ」の漫画家について、前のほうのコメント欄に書いたことへの追記分、「芸術家ショパンについて」のおまけ記事もあり。

⇒続きを読む

現在コメント欄を閉じ、閲覧不可となってしまったコメント欄に書かれたものを、コピペ編集し、記事にしています。
なお、記事の順番を考えて、日付設定は2008年6月28日にしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この件に関し、たくさんのコメントをいただきましたが、あまりにたくさんで、収拾付かず、編集するのも大変だったので、自分の感想文のみを抜粋し、コピペ編集し、この記事としました。

ちなみに、コメント欄を閉じるに至ったのは、このせいではなく、全く別の問題からコメント欄を閉じるに至りました。その件については、別の記事に書いてあります。

以下、コメント欄に書いていた「私ハヤシのレス感想文」のコピペです。

⇒続きを読む

アイディアが盗まれることについて。

http://www2.atchs.jp/test/read.cgi/takekumamemo/119/

↑の、どこかしらにも書いてあったけど・・・

⇒続きを読む

「ガッシュ」の作者が提起してくれた編集部と漫画家の問題について、ちょっと整理。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●仕事ができる編集者、できない編集者とは・・・

よく考えてみれば、仕事ができる、できないの線引きも難しい。
どこから「仕事のできない編集者」とするのか。
そもそも編集の仕事とは一体何か?というのも、曖昧といえば曖昧だ。

まあ、少なくとも
罵倒しない、連載作家との打ち合わせを優先しおざなりにしない、原稿をなくさない・・・

これだけできれば良いのでは、と私は思う。

仕事が出来る編集者を・・・
「企画をたて、連載を起こし、漫画家をやる気にさせ、サポートもバッチリ、ヒットさせることが出来る。さらに新人漫画家の発掘、育成もできる」とするなら、「仕事が出来る編集者」は、もちろん、ごくごく一部だろう。

仕事が出来ない問題がある編集者を・・・
「罵倒するなど非常識なふるまいをする。打ち合わせは適当。打ち合わせを面倒くさがる。原稿をなくす。ミスが多い」とするなら、そういう編集者も、一部だろう。

⇒続きを読む

この「ガッシュ」の問題で、いろんな人が記事を書いているので、またまた注目したい記事をリンクして、自分の考えや感想も書きました。

そして、前回の記事で書いた「ガッシュの作者のインタビュー記事・・・担当を持たない=使えない編集者がごろごろいるらしい」との件で、参考になる興味深いコメントもいただいたりしたので、それらも紹介したいと思います。

⇒続きを読む

前の記事「俺様編集者についてドラゴンボール風に語る」で、
「べジータがかわいそうだ」という意見もいただいてしまった^^;

⇒続きを読む

前日記の追記といえば、追記である。いやあ、なんか堅い内容が続いている・・・

そこで、後半はちょっと悪乗りしてみようということで、
「暴言を吐くという俺様な編集者」について、ドラゴンボールネタで語る。

まずは・・・前半は真面目にいく。

⇒続きを読む

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。