ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾の「虚ろな十字架」を読んだ。
死刑制度がテーマのようだ。

私の個人的意見
加害者に更生の余地があるのか、とか、あるいは抑止効果とかなど、こういったことを踏まえて死刑制度があったほうがいいのか、ないほうがいいのかを議論するのは無理があるように思う。

抑止効果があるのかないのか、ハッキリとは分からない。
ほんの少しでもあるのであれば、死刑制度には価値がある、と私は思うし。

仮に、反省したからといって、更生の余地があるから、死刑制度はなくすべき、とも思わない。更生するかしないか、これも結局は分からないのだから。
更生したと判断し、社会に復帰させ、再犯起こした場合、誰も責任とらないだろう。いや、とれないだろう。結局、誰にも「更生したのかどうか」分からないからだ。

そういえば、少年犯罪について「少年は更生の余地があるから厳罰化に反対」という意見も聞かれるが・・・余地があるかないか、誰が判断するのか? 再犯した場合、誰も責任をとらないのであれば、それを論点にすべきではない、と思う。

少年であるかどうか関係なく=更生するかどうか関係なく、犯した罪と同等の報いを受ける、これが公平である。

逆に、不公平と言えば・・・弁護士の手腕によって、違いが出てくる、というのは不公平だ。
情に訴えようとすると、そういうことになる。

ということで、私は「公平であるかどうか」で死刑制度を考える。
なので、人の命を奪った場合、その被害者に全く落ち度がなければ、基本的に死刑でいいと考える。

被害者は命を奪われたのに、加害者が社会復帰の可能性が残される、というのは不公平だからだ。

もちろん、正当防衛、戦争など任務の上での殺人はこれに該当しない。
そして被害者に落ち度があった場合(加害者に対し、嫌がらせをしていた、など)も情状酌量されるべきだろう。

犯罪抑止効果や更生の可能性という「誰も責任が取れないよくわからないこと」を論点にしないほうがいい。
そして被害者遺族感情というものも。
そう、これも遺族によって考え方が違うからだ。「死刑をのぞむ遺族」もいれば、そうではない遺族もいるだろうし、被害者と遺族の関係性によっても、それは違ってくるだろう。

なので物語「プライオリティ」でも、リサは犯人に対し、こう思うのだ。
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/88/ より
『償いは求めてない。償いようがないからだ。ただ報いを受けてほしい、苦しんでほしい、地獄を味わってほしい。それしかなかった。』

そう、更生が償いだ、というのに以前から疑問に思う。
殺された方にしてみれば、犯人が更生しようがしまいが、関係ない。従って、償いようがない。

更生するかしないかは、社会にとっては重要な問題かもしれないが、しかし、するかしないかは誰にも分からない。
刑罰を決める人、釈放を決める人にも責任のとりようがない。

結局、犯した罪に対し、報いを与える。これしかできないと思う。
では、どの程度の報いにするのか・・・これも難しい問題だが、命を奪ったら、命を差し出す、これが「公平」に近いのでは、と。被害者が受けた苦痛、恐怖同等のものを与えられるのであれば、死刑でなくてもいいかもしれないが。

なので、「プライオリティhttp://ncode.syosetu.com/n1557cj/ では、リサは死刑ではなく、生きながら地獄を味わってほしい、と思うのだけど。

⇒続きを読む

スポンサーサイト
渋谷の歯科医家庭での兄が妹を殺害しバラバラにした事件での、加害者兄に対するあまりに軽すぎる懲役7年という判決について・・・

その量刑の理由・・・被害者側遺族でもある家族が、殺された被害者への落ち度を指摘し、加害者には寛大な処分を求める言い分を報道などで知って、被害者側の人権を考えるというのは、難しいことだなと思った。

⇒続きを読む

渋谷の歯科医の家庭での、短大生の妹殺害で 兄に懲役7年の判決が出た。

心神に問題があったにせよ、殺害については責任能力あり、ということで懲役7年っていうのは、どういうことなのだろう?
被害者によほどの落ち度があったから、としか考えられないのだけど。

⇒続きを読む

まだ続くか、死刑関連ネタ・・・せっかく前日記でクロノ・プチエロ・ピンク気分だったのに、またこのネタに戻るのか?と、さすがに辟易している人も多いだろう・・・ちなみに次回の予定はまたちょっと違う「黒い日記」である^^;)

まあ、憲法のお話について、ちゃんと答えてなかったので・・・(5月3日の憲法記念日は過ぎてしまったが)

憲法云々については、後半に感想を書いた。(ので、こちらだけ興味ありの方は、下へスクロールしてくだされ)

前半については、ほぼ前の日記で語った内容と重複している。(ま、新しく、ここだけ読む人もいるだろう、ということで)

⇒続きを読む

ワシは・・・暇でわりと元気があるときは、たまに、売られたケンカは買うことがあります♪・・・暇つぶしの単なる「はけぐち」として。

このサイトも、昔はBBSがあり、管理人として、ある程度空気を守ろうという姿勢もあったけど、今はブログのみ、空気を守ろうなどと、あまり考えてない。しかもコメントは管理人承認制である。


さてさて、真面目に語るべきことを使ってネタにし、毒盛りと皮肉たっぷりで語っていいのか、とも思ったが・・・あえて、黒い管理人らしくいってみようか。
ま、タイトルを見てくれれば、皮肉たっぷりなのは、分かるだろう。底意地悪いのー。

きわめて低レベルw、お気の毒な管理人ということで目をつぶってくだされ。

ただし、後半は真面目です。なのでカテゴリーは「死刑制度関連」

というわけで、まずは前半・・・毒盛り独善語りの始まりー

⇒続きを読む

この「死刑制度関連」について、かなり語ったけれど・・・(なので、カテゴリーは今まで「社会ネタ」だったけど、ここから分離させて、「死刑制度関連」にしました)
今まで語った全体的な感想として、下の日記での、自分のコメント部分を一部コピペ。
改めてこの日記部分に記します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

死刑反対、死刑賛成の考えは、どちらが正しいのか、ではなく、どちらに共感するか、であり、
それが世論に反映されていき、法律が改められていくものなのかもしれない。

⇒続きを読む

死刑制度賛成派VS死刑制度反対派
ほかのところで、見聞きした議論を紹介しよう。


⇒続きを読む

光市母子殺人事件で、加害者元少年に「死刑判決」が出てから

本村さんの主張、意見、考えばかりがマスメディアにとりあげられ、被害者寄りになっている、とか
「加害者元少年の境遇」のことで、加害者元少年のことも考えるべき、とか
被害者の主張が通り、死刑=正義という名のもとに人殺しにさせてしまった判決である、とか・・・

たまに、そんな意見を目にするが・・・


⇒続きを読む

この「光市母子殺人事件」について、ずっと語っているが、今思っていることは・・・
加害者が反省しているかしてないかは、刑罰を決めるときに考慮しないほうがいいのでは、ということだ。

以下、その理由を述べる。

⇒続きを読む

死刑制度、裁判員制度についての日記が続いているが、もう少し続けたいと思う。いろいろ追記したいこと、新しく知った情報で改めて考えてみたこと、があるからだ。

光市母子殺人事件で加害者に「死刑判決」が出たが・・・

ちょっと前、夜中に、この「光市母子殺人事件」の「あえて加害者の視点から」というテーマの番組があった。
>「加害者を擁護するようなこと」は、普通の時間帯ではやりづらかったのだろう。

で、「計画性があったのか、なかったのか」ということで、
「加害者元少年の犯行に計画性があった」という考えに対し、疑問をなげかけるような内容であった。

しかし、私個人は「計画性があろうと、なかろうと、殺人は殺人であり、2人も殺しているので死刑が妥当だろう」という感覚だ。

が、驚いた。
今までの判例では、2人殺しても、計画性がなかった場合は、「無期懲役となる判決」が多いのだという。
もちろん「計画性があれば死刑」である。

計画性があったか、なかったかよりも、「被害者に落ち度があったか、なかったか」「加害者に憎まれるようなことをしてしまったのか?」ということを私なら重視する。
そこで「情状酌量」になるか、ならないかで、「無期懲役か、死刑か」悩むだろう。


⇒続きを読む

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。