ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※ドラマ「相棒」ネタバレ含んでます。

復讐する時、人間はその仇敵と同列である。しかし、許す時、彼は仇敵よりも上にある。Byフランシスコ・ベーコン】

許すことができて、自分は上だと思うことができて気持ちいいか、そして、それが癒しになるのか、結局は自己満足なのかもな・・・

『許すこと』は善だろうけど、そういった善人にはなかなかなれない。

いや、そんなこと言ったら、そこでおしまいだ、成長がない、善を目指せ、理想を目指せ。復讐は憎悪の連鎖を生むだけ、だから許そう・・・

正しいことだけど、きっと感情がついていかず、善なる正しい行いを『強制した段階』で、それは『善』でなくなってしまうかもしれない。

まあ、そんなことも物語『プライオリティ』ではテーマにしている^^;

ただ今、シーズン4の第2章までアップ。

シーズン4の内容・・・
子どもを狙った殺人事件が続いていた。
国政選挙まで2週間という時期に、政権与党の重鎮と首相の秘書官――それぞれの孫に対する殺害予告がくる。そこには、とてつもなく「えげつない事実」が隠されていた――。

その秘書官の孫の護衛を務めるジャン・セイヤ・リサ。そこではシベリカ工作員・少女サラとの戦闘が待っていた。その勝負の行方は?
そして、シーズン3でわりと活躍した『あの人』が意外な役で再登場。

キーワードは「臓器売買」「復讐」「取引」「二重スパイ」「意外な黒幕」「黒い政界」

「ピクシブ」http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=3(シーズン4)
「なろう」 http://ncode.syosetu.com/n1557cj/(シーズン1~今までの投稿分全て)

シーズン1~シーズン3も「復讐」がキャラクターたちの行動の動機となっているし、実際、主人公サイドの人間も「仕返し」「報復」を行う。

リサは兄を殺された復讐をシーズン3で成し遂げ、セイヤはいじめっ子へ報復を、ルイはシベリカ国への報復、ミスズ先生は世間へ報復、敵方のサギーはトウア国への報復しようとし、、お門違いと知りながら、復讐心を燃やすのだ。(こうして並べると、主人公セイヤ君の報復相手は小さいな・・・主人公なのに^^;・・・でも、いずれ、もうちょっと大きい者へ報復するかもしれない・・・)

「ピクシブ」シーズン1~3はこちら
http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

まあ、『復讐』というのは人間ドラマでもあるので、物語ではそういったことがテーマになる。

シーズン4では、今まで多くの人を殺害し、セイヤを襲った工作員サラに、リサが報復する・・・かもしれない^^。
戦闘能力、セイヤよりもリサが上回っている? 銃を持たせたら、リサちんにはかないません。セイヤはもっぱら「頭を使う人」になってます。

ちなみに・・・サラは「復讐」という動機で、あのようなこと(心臓移植した子供を殺害)をしているのではない。その真意は後のほうで出てきます^^;

リサ、そして、もうひとりシーズン3で活躍した『あの人』が、報復または復讐という動機で動く。

報復を行ったリサらは、報いを受けるのかなあ。
受けるべきと考えた時点で、同じ穴のムジナだが。

報復は次の憎悪を生む。だから報復してはいけない、許せ、というのは正しいことだし、「善なること」だけど。人間、理想通りには生きられない。
理想を描かないことも「プライオリティ」のテーマなので、「きれいな話」「皆がハッピー」にならないのだ・・・

さてさて、そこで・・・「相棒」今シーズンの最終回について。

ようやく、録画しておいたドラマ「相棒」の最終回を見ることができた^^;
なるほど・・・まあ、スッキリしないというか、モヤモヤするというか、ちょっと無理やりという気もし、けど私個人は「全く納得いかない」というわけでもなかった。
制作側は、ハッピーエンドにはしたくなかったんだな、世の中の不条理、そして主人公(杉下右京)の行いは正しいけど、決して周囲に良い影響を与えたわけではなかった、ということを描きたかったのだろう・・・

苦い部分が残る、ただし、絶望的なバッドエンドというわけでもない・・・ま、世の中、そう単純じゃないし、割り切れないところあるし、善なのか悪なのか分からないところもたくさんある・・・

私もそういったところを「プライオリティ」で描きたいと思っているので、「今回の相棒の最終回」には、ちょっと同調する部分もある。単純なハッピーエンドよりはいい。相棒はそういうドラマだ。

人気ドラマ「相棒」を引き合いに出すのは、大変おこがましいけど、「相棒」を見た後、「プライオリティ・シーズン5(ラストシーズン)」は苦い内容でも、ちゃんと描いてみたいと思った^^;

ただ今、投稿連載中のシーズン4も、ラストは「すっきりハッピーエンド」ではなく、かなりキツイ部分が残る。
主人公たちは決して「善なる正義の人」「自分らがやられても、仲間が殺されても、敵を許す優しい人、心の強い人」ではないので、そうなってしまう。

今考えている「ラストシーズン」は、さらにそれが顕著となり、主人公たちの行いは、もしかしたら共感呼べないものかもしれない、そんな展開になる・・・

一時、シーズン4で終わらせ、ラストシーズンは書かないほうがいいのでは、とすら思った。それほど厳しい、黒くて救いがなく、えげつない展開を考えていた。

じゃあ、もっと皆がハッピーになれるような救いのあるお話にすればいいのだけど、物語のテーマの性質上、それはできない。
皆がハッピーになる話=理想は描かない、ということで始めた物語なので。

シーズン4よりもさらに救いがなく、苦い内容のシーズン5。
けれど、それはだいぶ先の話。プロットから、物語を文章表現していく、推敲する、手直ししていく、ってけっこう時間がかかり、完成まで1,2年かかりそうだ^^;・・・

ま、そもそもシーズン5まで読んでくれる人がいるのかすら分からないし、読者ゼロの可能性も高い^^;
けど、公開したからには読み手がいなくても書いてみたいとはと思う^^;
読者がいないからといって、投げたりせずに、できるだけの努力はしていこう・・・

と、今回の「相棒、最終回」見て、影響を受けた。
迷っていたけど、「プライオリティ」ラストシーズン、当初のプロット通り、苦い展開でいこう、と思った。
けれど決して、絶望的なバッドエンドではない。それもまた「現実的」じゃないから。

ハッピーもバッドも混在する。それが現実だよなあ。

たぶん、主人公とヒロインがとる行いは、善ではない、かといって悪でもない。どうすればよかったのか、誰にも答えは分からない、けど主人公がとった行動は理解できるところもある、といったところか。もろ手をあげて共感はしないが、でも非難もできない。

理想は描くまい、と同時に、一方的な善または悪は描くまい、それが「プライオリティ」を作る動機にあったからなあ・・・
(もともとは、かつての日本を「一方的悪」とみる左派へのアンチテーゼとして始めた物語だから)

ということで、理想的ハッピーエンドではない、苦々しいものが残る物語もあってもいいのでは、と「相棒」見て、思ったのでした。


※ここからネタバレ。


「相棒」では・・・
野放しとなっている犯罪者、加害者、社会の悪に鉄槌(復讐、報復)を、多くの人が望んでいるけど、それを実行してしまうことは「悪」「正しくない」「復讐を認めたら、それは法治国家ではない」
なのに、実行してしまったカイ君。意外すぎというか、ちょっと無理がある気もしないでもないが、ま、「正しくないこと」を実行してしまったからには、報いを受ける。

ということで、カイ君は犯罪者となり、バッドエンドといっていい終わり方をしてしまった。(恋人に子どもができて、カイ君自身に全く希望がない終わり方ではないけれど、ファンにしてみれば納得できないかもなあ)

いやあ、やっぱり「意外」だったので、ちょっとびっくりな「相棒」だった。

⇒続きを読む

スポンサーサイト
テレビドラマやテレビ番組のちょっとした感想記をまとめたページです。

・・・「相棒シーズン7」「ドキュメンタリー宣言」「鹿男あをによし」「華麗なる一族」「のだめ」他、2007年、2008年春のドラマの感想。

⇒続きを読む

韓国ドラマ「チュモン」公式サイト
http://www.bsfuji.tv/jumong/
http://www.xn--7ck6ci1d.jp/


チュモン伝説
http://homepage3.nifty.com/tommy1949/Koguryo.htm
伝説では、卵からお生まれになったようで(笑)
7人の兄弟から命を狙われたとか・・・


「朱蒙」のその後に続くドラマ「風の国」
公式サイトhttp://kazenokuni.com/
チュモンの主人公だった俳優さんが、ここでも主役。チュモンの孫、3代目の高句麗王となるらしい。

チュモンは40歳で亡くなるが、その子供であった2代目ユリ王の時代、プヨ国のテソ王の侵略を受け、滅亡の危機に・・・

けど、テソは確か、チュモンの孫(つまり3代目)に殺されるんだっけ・・・
テソは「チュモン」でもなかなかの敵役だったが、「風の国」でも敵役となるのか・・・けど、ここでのテソ役は、さすがに「チュモン」の時とは違う役者さんのようだ。
チュモンの孫として出てくる主人公は、チュモン役と同じ人だけど。

⇒続きを読む

海外ドラマ「24」について感想。

「ダイハード4」を観た。
うーん、同じ「テロを阻止する話」として、「24」とどうしても比べてしまうので・・・つまらなかった。緊張感も盛り上がりもハラハラドキドキも物足りなかった。「24」と比べるのが酷かもしれないけれど。

そーいや、日本を舞台にした「SP」というドラマもあるけれど、こちらは面白いと思う。
日本が舞台なので、「24」の派手さはない。銃撃もほとんどないし、人がバンバン死ぬこともないけれど、そうしないとうそ臭いし・・・

つうか、そういう日本は平和でいいよなー。
「24」がそれほど、「うそ臭い感じ」がしないアメリカは、怖い・・・>もちメディアを通しての印象でしかアメリカを見れないが。

で、その「24」だけど・・・

⇒続きを読む

ドラマ感想「14歳の母」

このドラマでは、命の大切さ云々のテーマを掲げているらしいが・・・

⇒続きを読む

「14歳の母」について。

昔、きんぱち先生でも、このようなテーマの話があったよなーという感じで、タイトルやテーマに興味はなかったが、脚本が井上由美子さんだということで、見始めたら、案外面白い。高視聴率のようである。

さてさて、自分は「ファンタジー」として、こう言う話もいいよなーということで見ているのだが、やはり「ちょっと問題ではないか」という意見もあるようである。

⇒続きを読む

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。