ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20150824/1440381482
↑「シールズへ」ということで、なかなかいい記事だと思う。

一方で、法政大学教授の山口二郎氏は学生たちの前でこんなことを発言したそうだ。
『安倍に言いたい、お前は人間じゃない、叩き斬ってやる』

物騒な言葉を並べ立て、もう議論するという感じではなく、ひたすら憎悪の声をあげる。
常軌を逸した、とても大学教授の言葉とは思えない。

左翼の方には、一部かもしれないが、こういった「常軌を逸した人」を見かける。もちろん右翼にもいるだろうが。
左翼には弁護士や大学教授という地位の人もけっこういて、そういう方が「?」な発言をするのである。

山口氏はツイッターで、こうつぶやいたそうだ。
『日本政治の目下の対立軸は、文明対野蛮、道理対無理、知性対反知性である。日本生きる人間が人間であり続けたいのであれば、安保法制に反対しなければならない』

もはや、恐ろしい考え、としか言いようがない。
まず、私は安保賛成なので、山口氏からしてみれば私は野蛮であり、反知性=バカであり、人間ではない、ということだ。

自分とは意見や考えの違うものを、このように表し、「人間ではない」とすら言う・・・こういう思考の者は、やがて、実際にテロを起こし、暴力で自分の考えを押し通そうとするのかもしれない。

そう、自分と違う意見のものは『野蛮人』であり『反知性=バカ』であり、『人間ではない』のだから、殺してもいい、と・・・そういう考えになってしまう人も、一部出てくるだろう。

1960年代の学生による安保闘争。そして、学生の意見など通るはずもなく、安保は通り、一部過激化した若者は1970年代、テロをあちこちで起こす。

爆破をし、日本人市民を虐殺し、イスラエルでも一般市民を虐殺し、世界を震撼とさせた。

今また、左派系の若者の一部が過激化し、テロを起こし、一般市民を殺戮するかもしれない。
何しろ、自分たちと違う意見や考えの者は「野蛮人で人間ではない」のだから、自民党安倍政権を支持する一般市民も、彼らからすれば「敵」であり、「人ではない」=殺してよい、という考え方も成り立つのだ。

大学教授がこういう考えなのだから。若者を煽っているのだから。

左翼ほど恐ろしいものはない、と今にして思う。
左翼は戦前戦中の日本の軍国主義を批判するが、その軍国主義ファシズムに近いのは、左翼のような気がする。

この大学教授の思考、朝日新聞にもそういった空気を感じる。

左派からしてみれば、安倍政権に賛同、安倍総理を応援する者は「野蛮人でバカであり、人間ではなく、話し合いも不可」なのだろう。
そういえば、ごくごくたまに左派の人との話し合いに参加してみるも、ま、罵倒か、無視か、のどっちかなんだよな。
話し合いで解決しよう、というのが左派の主義ではないのか? と思うが、暴言暴力肯定の人も少なくないみたいだ。

民主党の有田議員も「差別主義者には暴力を使っても糺しても良い」という考えなのだから。

山口氏の言う『安保法制、安倍政権を支持する者=野蛮で知性もなく、人間ではない』に入ってしまう私は、たぶん頭が相当に悪いのだろうが、右派の人の考えや意見が現実的で理が通っており、左派の考えは現実的ではないただの理想論、感情論にしか思えず、筋が通った左派の考えって、未だ見たことがないのだけど。

左派との間に『バカの壁』が立ちはだかり、お互い、話し合いも議論も不可ということで。
そのうち、左派の一部が暴発しなければいいのだが・・・

邪推だけど、ISISを支持し、日本をテロの脅威に陥れ、「ほら、アメリカと手を組むから、ISISやイスラム過激派の敵になってしまい、日本も狙われたんだ。全部、安倍のせいだ。安倍が悪い。安倍のせいで、日本はテロの標的になったんだ」と言いかねない。

左翼は実は日本でテロが起こることを期待しているのではないか、大規模なテロが起き、一般市民が犠牲になれば安倍政権をつぶせる、安倍総理に責任を押し付けることができるのだから。

一部左派の知識層と言われる人たちの常軌を逸した発言を見て、そう邪推してしまう。
彼らは、安倍政権をつぶすためなら、何でもやりそうだ。

そして、イスラム過激派が日本人および日本へのテロを成功させたとき、左派は鬼の首を取ったように言うのだろう。
「安倍がイスラム過激派を刺激した、テロを呼び込んだ」と。
誰かが犠牲になった時、「安倍を支持したお前のせいだ」「お前も同罪だ」と。

スポンサーサイト
奨学金制度による日本人学生への差別だけではなく、まだまだこんな差別もあったんだね。
http://hosyusokuhou.jp/archives/45351341.html

↑漫画ってわかりやすい。こういったところでも漫画はどんどん活用されてほしい。

まだまだ日本人差別いろいろあるんだろうな。日本人が知らなかっただけで。
これでヘイトスピーチ法案や人権擁護法案などができたら、外国人への批判もできなくなり、ますます日本人差別が助長されるのだろう。そこへ移民や難民を大量受け入れになれば、もっと日本人差別が進むのかも…と、邪推してしまう。今だってこういう差別があるのだから。
でも難民を受け入れず、そしてヘイトスピーチを許す日本は差別国家だと、左派と一部外国人が訴えている。
そういった人たちから、日本は差別国家だと言われ、非難され、世界に喧伝され、そして、また日本人差別が助長されたりして。
無知なハヤシの独り言。

ヨーロッパ、難民が押し寄せ、困っているらしい。

今朝、外国人が、日本の難民受け入れの少なさに対し、『恥ずかしい』と発言。
いや、外国人に言われたくないよね・・・

それに、もとをただせば、この問題、昔の欧米諸国の植民地支配や、欧米諸国が加担した戦争が原因のひとつのような・・・
なら欧米諸国でなんとかするのが筋では、と。

日本はただでさえ「旧敵国」としての扱いを受けているにもかかわらず、国連へ多額のお金を出している。
そもそも国連も胡散臭い組織だ。正義面しながら、常任理事国は好き勝手やっている。

植民地支配で豊かになり、散々、今までいい思いをしてきた欧米諸国。
敗戦国の、常任理事国でもない日本に、正義面して、負担を押し付けないでほしい、いや、今だって「敗戦国=敵」

いやあ、自分たちが正義とでも言いたげに、難民を甘えい受け入れない日本を「はずかしい」という。いや、「戦勝国」も過去を反省してほしいものだ。

ちなみに、日本は、在日外国人に生活保護を与え、在日コリアンに限っては、日本人の10倍の率で生活保護をもらっている。
国民年金よりはるかに優遇されている生活保護。
在日外国人ももらえる生活保護。

海外からの来日留学生には、多額の資金援助をするが、日本人学生にはどんなに優秀でも「給付型奨学金制度」すらない。
就職がうまくいかなければ、生活苦にあえぎながら、お金を返していかないといけない。
外国人学生には優しいが、日本人の若者には厳しい日本の制度。
こういった日本人差別、まだまだあるかもしれない。

これで難民を受け入れたら、日本人の生活はますます逼迫するだろう。
ただでさえ、高齢者が増え、その負担を背負って行かなくてはならないのに。

もちろん、貧乏になる覚悟で、治安が悪くなる覚悟で、難民を受け入れよう。
餓死しなければそれでいいいじゃないか。社会保障制度が破たんしてもいいじゃないか。治安が悪くなってもいいじゃないか。
日本人は贅沢すぎる、という考えもあるだろうが。

でも外国人には言われたくないよなあ^^;

・・・・・・・・・・
安保。私は賛成。
でもこの意見は「民意」ではないらしい・・・?
いや、左派メディアの報道では、そういうことらしい。民意って何?

いやあ、実は安保については「よくわからない」、そういう人が大半だろう。
反対と騒いでいる人もごく一部。
けど、それが「日本国民の総意」と、左派メディア(日本のほとんどのマスメディア)は言う。

なので、私は安保=集団的自衛権について、アメリカ、そして戦勝国で牛耳る国連の起こす戦争に参加させられる懸念もあるけれど、中国も怖いので、とりあえず賛成。
で、何と言っても、左派が反対しているので、賛成^^;
いや、だってまだまだ左派は強い。影響力の大きいマスメディアのほとんどが左派であり、安保反対が「国民の総意」であるかのように報道するのだから。
左派の反対を行かねば、ますます隠れた日本人差別が横行しそうな気がする。
http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12065763403.html
村山富市が中国の抗日軍事パレード参加を表明!あれ?戦争反対じゃなかったの?

【村山富市元首相は3日、中国が9月3日に予定している「抗日戦争と反ファシズム戦争勝利70年」の記念式典に出席する意向を明らかにした。共同通信の取材に答えた。中国は、記念式典の一環として北京市中心部の天安門広場で軍事パレードを行うとみられている。これに関して村山氏は、これまでも軍事パレードが行われた中国の国慶節(建国記念日)に中国側からの招待で式典に参加したことを挙げ、軍事パレード視察を排除しない考えを示した。(北京共同)http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040301001972.html】

転載終わり。

中国軍は認めて、日本が軍を持つことを許さない。これが平和憲法支持者の本音。中国軍が日本を侵略することも是としているように受け取れてしまう。日本には、こういった売国行為をする国会議員がけっこういる・・・恐ろしい。

左翼のこの堂々とした二重基準も、いや売国ぶりも、ここまでくればあっぱれ。ま、いかに左翼が反日で日本の敵であるかの証明になる。

ついでに福島瑞穂氏の反日ぶりも紹介。
http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12065872610.htmlより転載。

【社民党の福島瑞穂副党首が「仰天発言」を披露した。24日午後の参院予算委員会で、安倍晋三首相の戦後70年談話に絡み、 「何百年たとうが謝らなければならないことはありますよ!」と追及したのだ。 これは、安倍首相が「歴代内閣が表明した反省と(近隣諸国への)おわびの気持ちを揺るぎないものとする」 「他方、子や孫、その先の世代が謝罪を続けなければならないような状況を作ってはならない」と答弁したことを受けての発言だ。

 戦後70年談話の、戦争に関わりのない世代の子供たちに「謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」という主張については、あの朝日新聞が25日報じた世論調査でも、63%が「共感する」と答えている。

 福島氏のいう「何百年」というスパンで考えるなら、「元寇」(文永の役=1274年、弘安の役=1281年)では、 長崎県の対馬や壱岐に侵攻した蒙古・高麗軍による残虐行為が文献に残っている。福島氏は中国や韓国、北朝鮮などにも謝罪を求めるべきではないのか。(夕刊フジ) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150825-00000006-ykf-soci 】



まずはお知らせ。
梅雨をテーマに短編集「パラレル・プライオリティ日本編」更新。

11編目「梅雨の休日と和菓子」
静也と理沙の素敵な休日。梅雨の由来、和菓子の日とその歴史、6月の薬湯『ドクダミ湯』のことなど雑学満載。ハートフルなほのぼの小さな幸せ話。静也と理沙の学生時代のお話もちょびっと入ります。

11編目はこちら4か所にて。
「なろう」 http://ncode.syosetu.com/n2006cl/11/
「ピクシブ」http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5410286
「ディノベルズ」http://www.dnovels.net/bodies/detail/77888
「FC2」http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=198068

「パラレル~」は日本の風習や文化をテーマに、雑学満載でお送りしてます。
若夫婦のほっこりコメディです。

・・・・・・・・・・・・・
今まで「殺伐とした話題」ばっかりだったけど、物語の世界ぐらいは癒し系で。
※本編「プライオリティhttp://ncode.syosetu.com/n1557cj/は殺伐とした場面もたまにありますが。

6月はこれといって何のイベントもなく、「パラレル」も6月はお休みしようかと思っていたら・・・時の記念日とか、和菓子の日とか、けっこうあるんですね。
6月にふさわしい薬湯は「ドクダミ湯」。お肌にいいみたいよ~

今回11編目は、そういったこともテーマにしつつ、奥さんの理沙ちん、まだ若いのに、なぜ健康に気を使うのか、その理由も明かされる。

ほぼ月1の更新になっている「パラレル」だけど、実はもう7~9月分の話は大方できているのだ。なので、ハヤシの心はすっかり夏気分。
この話を書いている時、ほのぼの幸せ気分になるっちゃ。
って、こんなこと言ってると、「キモオタ死ね」って思われちゃうかな^^;(おっと毒が出てきた)

・・・・・・・・・・・・
さて癒しネタ終わり。
現実の世界は、底意地悪さと皮肉と悪意と嘲笑に満ちてます。
いえ、ネットで私が見ている世界では、ということですが。ネットとリアルはかい離しているわけじゃなく、どちらも現実です。

有田芳生氏の弟さんVS富田安紀子氏のやりとりツイート見た。
https://twitter.com/ka1206/status/608433640335372288

その後、富田氏は有田議員の弟さんからブロックされたらしい。
ま、完全に敵対ですね。歩み寄りなんてない。そこにあるのはお互いの嫌悪のみ。

じゃ、ネタがないんで、ハヤシ、ひとりで自分ツッコミ。

「有田議員はサンデー毎日にコメント求められただけ。ハヤシさん、別に有田議員は「日ノ丸街宣女子」に粘着しているわけじゃないよ、ピントずれてるんじゃない。大丈夫ですか?大丈夫なわけないよな(苦笑」
(2ch風に言えば、「こいつ(ハヤシ)、頭、おかしいんじゃないか」ですね^^;)

「でも、グロテスクとか、差別扇動しているとか、いちいちツイッターで発言するのは、挑発している、粘着している、よね? それは他者にコメント求められたからじゃなく、自分から書いているよね?」

「この人(ハヤシ)、『言論の自由』を知っているのかな」

「ええ、言論の自由ですよね。知ってますよ。富田氏にも在特会にもありますよね、それ」

・・・とまあ、こんな感じで続きそう。で、ブロックされるんだろうな。

そして第三者は
【言い争いの争点がどうでもいい】【問題の本筋置き去り】
【もはや言葉尻の取り合いでしかなくなってるような言い争い】
【右も左もプロパガンダ臭がプンプン。それでいて自分たちが発している臭いに気が付かない】

・・・と、「(ハヤシ含め)あんたらだけでお祭りやりな。うざいから、こっち来るな」と、うんざりされている。

カウンター側の発言も「戦闘モードでいく」「あいつら、ぶっつぶす」ということで、これはもう「戦い」なんですね。
有田議員も弟も挑発的だし、こりゃ第三者から「煽っているだけのお祭り騒ぎ」と言われても仕方ない。

ところで、ネトウヨって、さまざまだよな。礼儀正しいネトウヨもけっこういるよ。
オタクにもいろんな人がいるのと同じ。
世間は十把一絡げにして、見下すけど。

ちなみに私もネトウヨ認定されてます^^;んで、差別主義者ということになっている^^
さらに漫画イラストも描いたりするのでオタク。

よって有田氏の「キモオタ死ね」「ゴキブリ=ネトウヨ駆除」の対象に入っちゃうわけです^^;

けどさ、カウンターではない一般の在日の方、有田氏を支持しているんだろうか? 
そもそも有田氏の言動は国会議員としてふさわしいだろうか?
「キモオタ死ね」イラストをアップしたり、ネトウヨをゴキブリに見立て駆除しろという発言は「在特会レベル」。
「下品かつ低俗」「グロテスク」・・・有田兄弟が富田氏へ言っていること、すべて有田議員にも言えることではないか?

「お前(ハヤシ)もプロパガンダ臭がするぞ」と言われても、表現の自由が絡んでいるだけに、どんなに臭っても、私個人は「有田氏VS富田氏」は気になる話題だ。だって政治家VS漫画家なんだぜ。

そう、私も、中立の第三者から、「お前、自分が発している臭いに気づけよ=お前も煽っているだけだ。同じ穴のムジナだ」と引かれているのだ^^;

ま、何に興味を持とうが、興味持ったことについて発言することも自由、ということでお許しを。臭いが気になる方は離れた方がいいぞ。(SNSには気を使い、私から離れるようにしている。が、ツイッターは自由に発言している。臭いが気になる方はフォローを外してください)

ところで、こうやって挑発し合っているけど・・・
最初、有田氏など一部左派が、ネトウヨに「匿名でネットの中で叫んでいるだけ、表に出る勇気がない弱虫」みたいなことを言って挑発したところ、ほんとうに表に出てきてデモ活動などをやり始めたわけで・・・少なくとも「表に出る勇気がない弱虫」ではなかったってことかな。挑発すれば、相手も攻撃的になり、ますますヒートアップした例。

その挑発行為を国会議員がやっている。異常だ・・・

⇒続きを読む

今までの「クロノ関連雑記集」ということで、まとめました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2011年1月3日

久々のクロノ関連記です。いや、クロノとあんまり関係ないかもしれないけど。(実を言うと、すっかりゲームからは離れてます)

靖国神社へ初詣・・・いや、混んでいたので、詣でることはせず、遠くから本堂を眺めるだけだったが・・・博物館、日本庭園、能楽堂、屋台めぐりをしてきた。

靖国へ行った、というと「右翼」と思われそうだが、今まで「左翼?教育」お受けてきたので、あえて行ってみたのだ。
いや、日の丸ハチマキして、袴はいているような人がいるかなと思ったが、そんな人はおらず、一般の人たちで大変にぎわっていた。そう、靖国はごくごく一般の普通の神社だ。

で、博物館のほうでは・・・零戦とか展示してあり、お正月ということで特別に「日本刀、鎧、兜」などの展示もしてあった。

日本刀といえば、クロノです。
日本刀を特別に持たせてくれるコーナーがあり、さっそく持ってみた・・・

想像以上に重い・・・
これを自由自在に振り回すのは至難の業・・・
かなりの腕力を要する・・・
分からないけど3キロくらいあったんじゃないか・・・
とてもじゃないけど、片手では持てない・・・

というわけで、日本刀コーナーを楽しんできたのだ。

ほか、能楽堂でいろいろな日本芸能の見世物があって、お囃子とひょっとこの両面踊りを見た。
「これが日本の昔のお正月♪」ってな風情でありました。

で、屋台もたくさん出ていて、まさにお祭りでした。
屋台を見てまわるだけでも、楽しいかもしれない。
というわけで、お正月の靖国はなかなかよかった。

収穫はなんといっても日本刀に触れたこと。んで、あの重さを体験できたことだ。
クロノファンであるなら、一度は日本刀を持ってみたいものである。

⇒続きを読む

濃ゆい「DSクロノトリガー関連雑記集」です。追加要素について長々語ってます。
ネタバレを避けたい方は「続きを読む」をクリックしないでください。

⇒続きを読む

では・・・楽しいネタをひとつ・・・うむ、楽しいと言えばエロ・・・

・・・エロのネタ・・・エロの・・・エロノ・・・エロノトリガー

今、エロの引き金が引かれたぷちっ・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで、エロノトリガーの話をしよう。
主人公は、もちろんクロノ・・・ではなくエロノ君だ。

⇒続きを読む

クロノトリガーDSに追加されるという新ダンジョン「次元のゆがみ」について。
シナリオ担当があのクロノクロス監督の加藤正人氏なので、クロノクロスに関連付けるのでは?、ということで・・・話を進めてみよう。

「時代が交差(クロス)している」らしい次元のゆがみ。

「試練に打ち勝つと手に入る秘めたる力」「3種類ある次元のゆがみをクリアーしたら、更なる衝撃の展開・・・」とは、一体何か・・・

そこでのハッシュのセリフ・・・「なにやら新たな、とんでもない魔物が、その先でお前さんたちを待っておるかもしれん」って・・・
「とんでもない魔物って、龍神か?で、ラスボスはまさか時喰いか?」と思ってしまった。

けど、クロノたちVS時喰いの話があったら、それはそれで面白そうだなとは思った。
「次元のゆがみ」は、ラヴォスを倒した後にクリアー可能となると仮定して・・・(つまり最低でもラヴォスを倒せるくらいの力がないとクリアーできない。ラヴォスを倒した後にチャレンジできるダンジョンということで)・・・勝手に物語などを考えてみた。

⇒続きを読む

このネタは昔・・・昨年の夏にやったが・・・(従って、HPのどこかに載っているはず)
ここブログには載せてないので、このネタをちょっと編集して載せておこう・・・(初めて読む、という方もいるはず)

というわけで・・・残暑お見舞いに「クロノ怪談・改訂版」じゃ。

⇒続きを読む

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。