ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほとんど更新していないのに、まだ訪問者がいらっしゃる。
そんなわけで、ピアノネタに限り、ちょっと更新してみようと思う。

といっても、別所で描いている私のブログからの転載になるけれど。


以下、ハヤシのブログ「ピアノ修行中」より転載

この頃、加齢によるためか、ピアノが下手になった。
昔、難なく弾けていた箇所が弾きづらく、ミスをする、音がかすれる、音を外す。

ちなみに練習しているのはショパンの華麗なる大ポロネーズ、ソナタ3番の1楽章と終楽章、バラード3番、幻想ポロネーズ。たまにスケルツオ3番。

幻想ポロネーズ以外は、何年も弾き続けている。
といっても、幻想ポロネーズは音高時代の卒業試験で弾いた曲なので、わりとすぐに取り戻せた。

が、これら何年も練習を続けている曲が、どんなに練習しても上達しないどころか退化していくようだ。

そこで、奏法を変えることにした。
参考にしたのは、ロシア流奏法について書かれているブログ→http://ameblo.jp/chipmop1021/

そういえば、私は「指弾き」をしていた気がする。
「指を上下に動かすことを基本」にした弾き方だ。もちろん、手首の動きも利用するが、基本は指の上下運動・・・つまり「指弾き」だ。

が、これは運動能力の高い若いときであればいいが、歳をとるとキツいらしい。
無理のない楽な弾き方を真剣に身につけようと思った。

重力奏法という言葉は前々から知っていたし、「重さを利用する弾き方なのだろう」とは思っていたが、具体的にどうすればいいのかは分からなかった。

けど、ピアノ仲間のアドバイスで、なんとなく分かってきた気もする。

そこで、また日記を再開してみようという気分になったのだ。


さてさて・・・拙著「音吉君のピアノ物語」も、たま~に小学館から印税のお知らせがきたりする。まだ買ってくれる人がいるのか・・・と思う。もちろん嬉しい。

だが、ちょっと考えてしまったのだ。
「音吉」では、「古い奏法」のことしかネタにしていない。これはやっぱり作者として、「いろんな弾き方があるのだ」とお知らせしないと、いかんだろう・・・

たとえば・・・「音吉」では、手の甲にコインをのせ、落とさないように、ハノンを弾く、という練習描写がある。
つまり、指以外は動かさず、指だけで弾く、という練習だ。だって、昔は本当にそういう練習法があったんだもの・・・指以外を動かすのは「無駄な動き」ということで。あとは指を強くするため・・・

もちろん、ほんの初期の段階では、そういう練習もあってもいいかもしれない。コインを落とさずに、というのは「ゲーム感覚」でできる練習だ。

が、その次の段階では、そういう弾き方はNGであるっ、てなことを描いていない。

「音大出が描いたマンガ」として売っているため、ひょっとして、「それが正しい弾き方」と勘違いをしてしまう人もいるかもしれん。

・・・と未だに「音吉」を買う人がいると知って、ちょっと心配になった。

いや、手の甲の向きについて、考えさせられておるところ。
親指側に傾けるか、小指側に傾けるか、私の場合、それは曲の箇所によって、弾きやすさが違ってくる。
もちろん、パッセージの途中で向きを変えることもある。

「音吉マンガ」で描写してしまった「手の甲は水平にして動かなさないで弾く」なんて・・・ショパンほか、ロマン派以降の難曲ではありえない・・・と今にして思ってしまったのだ。


そういった昔、自分が描いてしまったピアノ漫画「音吉」のこともあるし、現在のピアノ奏法について、不特定多数に向けて語らねばならぬの~と、思ってしまったのだった。

⇒続きを読む

スポンサーサイト
ピアノや音楽に関する記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月15日
合唱にはまってしまい・・・
音楽仲間より、こんな合唱曲もあるよ、ということで紹介いただいた曲「COSMOS」http://www.youtube.com/watch?v=0ALpzRLZE0M
私は初めて聞く曲だけど、なんだかすごく懐かしい感じがする。

というわけで、NHK全国学校音楽合唱コンクール、先日の連休にやっていたのを、ちらっと見た。おもに「中学校」
いやあ、松戸市立第一中学校、35人で11パート・・・1パート3~4人ということじゃないか~、すごいな~と思った。普通の中学生が、よくやった・・・男子もがんばっていた。(2位に輝いた)

そうそう、合唱部って、男子がなかなかいないんだよな。
とある中学校は、バスケ部から助っ人として男子が参加していた。それでも全国大会まで進めたのだから、すごい。
もち、女子だけで参加している学校もわりとあった。

あるいは、男子が一人だけとか、2人だけとか・・・ けど、そういう男子って、勇気あるよな~
中学生で男子が一人だけ、大勢の女子がいる合唱部に入るって・・・ややもすると、からかわれたりするだろう。
それでも自分が好きなことをしたいと堂々と活動するって、あの年頃ではなかなかできないことである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月28日
中学時代、校内クラス対抗の合唱コンクールで歌ったことがある「ともしびを高くかかげて」に、はまってしまった・・・ずっと口ずさんでいる・・・
中学時代が一番懐かしいなあ。懐かしく思えるということは、いい学生生活だったってことかな。

昔の記事で「いじめ問題」について語った時、同じ面々が長時間一緒にいる閉鎖的なクラスはなしにして、大学のようなシステムにすればいいのでは、などと言ったことがあるが・・・もしも大学のようなシステムだったら、友だちができにくいかもしれない・・・クラスが目標に向って、ひとつになって、ということもなく、思い出も薄いものになっていたかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月27日
「合唱曲」

ここんとこ、なぜか中学時代の校内の合唱コンクールかなんかで歌った曲を思い出し、楽譜を探して、伴奏しながら口ずさんでみたりしている・・・

「ともしびを高くかかげて」知っている人、いるかな~

♪ともしび手に高くかかげて、みんなで歩いていこうよ、そこにはいる~心通う友だち~
っていう歌詞。すごく好きだった合唱曲である。

合唱は、中学時代にやった曲のほうが心に残っているな、音高時代よりも。
いや、音高時代もいい合唱曲をやったけれど・・・その頃は、もう義務として授業を受けていた・・・心から楽しんでなかった。
中学時代は、合唱、楽しかったよな~。

♪空へ灯をかかげて~私たちはここだよと叫ぼう♪・・・ってところが、とくに好きである。

そう、こんな曲である↓
http://www.youtube.com/watch?v=BwvbcsrN8To&feature=related
昭和49年、高校のNHK全国合唱コンクールの課題曲だったようだ。

ちなみにプロが歌うとこんな感じになるのか・・・
http://www.youtube.com/watch?v=qkFrzZ-Xa34&feature=related
プロは上手いけど・・・ちょっと印象が違うな。
やっぱり、ピアノ伴奏で学生に歌って欲しい・・・

もち、私の場合、中学のクラスで歌ったので、下手だし、男子は音程がとれず・・・
けっこう難しい曲だった。そう、全体的に音程がとりづらい・・・私も今でさえ音程がとれず、しかも高い声が出ず・・・普通の中学生には難しかったと思う。
ほかにユーチューブで、普通の中学生が歌ったのもあったが・・・そうそう、うちもこんな感じだった・・・音程が~って感じ・・・だけど、これでいいのである。プロが歌ったのは、なんだか心に響かない。

校内の合唱コンクールで普通の学生が歌ったもの・・・は、こんな感じ↓
http://www.youtube.com/watch?v=HRkDS-gwe0s&feature=related(これは上手い、なかなかのレベル)

あとは・・・
http://www.youtube.com/watch?v=hSz9T2bOLkc&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=bATyCT47lq4&feature=related
男子、がんばっているな。こういうのが、なんだか心に響く。
たぶん、自分の中学時代を思い出すからだろう。

というわけで、なんか「合唱曲」がマイブーム。さらにユーチューブでこんなのを見つけた。
合唱?「エヴァンゲリオン」http://www.youtube.com/watch?v=R55BjR94P4Q&feature=related

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月4日
「弱点をみつける」

現在の私は、機械的な練習曲(ハノンなど)はやっていない。
ピアノの前に座れば、まずは、人前で演奏するに値する曲=普通の曲を弾く。指慣らしのための練習はしない。(ピアノの練習の順番として、普通はハノン=指慣らしをまずやるだろう)

指慣らしをしないで、いきなり弾くわけだけど・・・もちろん、うまくいかない場合が多い。けど、それが自分の実力なのである。
つまり、一番ダメな状態を知っておいたほうがいいということで・・・どこでミスしやすいか、どこが弾きにくいと感じるか、不安に感じたか、弱点が分かりやすい。

そうそう、病気などで練習を休み、練習を再開したとき、弾けなくなっているところや弾きづらいと感じたところ、思わぬミスしたところも弱点なのだ。
以前は弾けていたけど、ちょっと休むと弾けなくなるところ・・・こういったところは、おそらく本番、緊張した中で弾けば、失敗する可能性が高いだろう。

ある程度、指慣らしをしてしまえば、ある程度、調子よく弾けるのは当たり前である。で、ある程度、調子よく弾けると、【弾けたぞ♪】と思うわけだけど・・・また次の日、指慣らしをしない状態で弾いてみるといいかもしれない。弾けてなかったら(または弾きづらいと感じた)、それは本当はまだモノになっていないということなのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「指の基礎訓練、ハノンについて」

ということで、いつものごとく、メニューはショパンソナタ3番、エチュード10-4、エチュード10-12、ポロネーズOP22をやっている。

昔は、スケルツオ2番3番、バラード3番、エチュード10-8、エチュード25-1、英雄ポロネーズなども維持しようとがんばっていたのだけど、もうそこまで手がまわらない・・・これらの曲はもう今は弾けない。バラード4番も譜読みしていたっけ・・・(遠い目)
練習すれば、これらの曲もある程度まで取り戻せると思うが、根性が続かない・・・いや、根性の前に、手をやられてしまう・・・現在のメニューだけで疲れる。

が、このソナタ3番終楽章は「究極の指の訓練」として「練習曲代わり」にもちょうど良い。
ショパンエチュード10-4も練習しているが・・・10-4の練習をみっちりしても、ソナタ3番終楽章は弾きづらいままだが、反対に、ソナタ3番終楽章をみっちり弾くと、10-4がかなり弾きやすくなる。

私にとって、ソナタ3番終楽章は「ハノン」なのである。
このハノンについて過去にも何度か触れたが、私は高校以降、ハノンはやっていない。ハノンやる暇があれば、まだエチュードの譜読みをしたほうが、譜読みの勉強になる。
ただし、ハノンは、機械的な指の体操、基礎なので、ある程度の年齢までは絶対にやったほうがいいとは思う。ハノンとは「曲とはいえない機械的なもの」なので、音楽性はまったくない。その分、アラが見つけやすい。ごまかしもきかない。なので基礎訓練としてはいい教材である。

けど、ある程度の上のクラスになれば、ハノンの必要性を感じない。
指の訓練になる難曲はたくさんある。ハノンをやる暇があったら、そういう曲を譜読みし、弾けるようになったほうがいいと考えている。(ハノンを演奏プログラムに入れて、人前で演奏することは絶対にないからだ)
そして、上に書いたとおり、「弱点を見つける」には、指慣らしをしない状態で、弾いたほうがいいと思うからだ。

ハノンをやらない理由は、以上の通りである。ただし、初級者、中級者はやったほうがいい。指の訓練になることは確かだからである。上級者は、自分で考えて、自分に合った練習方法を行えばいいと思う。
ま、これは私個人の考え方ということで・・・
ちなみに、辻井伸行さんの先生・川上昌裕さんの考えはこちらです→http://www.masahiro-kawakami.com/blog/index.php?e=537

⇒続きを読む

いやあ、カテゴリーを「ドラマ感想」にするか、「ピアノ・ショパン関係」にするか、迷ったが・・・
>ピアノネタについても、ご無沙汰だよなー。クロノネタ目的訪問者からも見放されそうだが(・・・なので、この前クロノネタをやったけど・・・)、ピアノネタ目的訪問者にも見放されそうだ・・・

というわけで、べつに「感想」というわけでもないので、カテゴリーは「ピアノ・ショパン関係」にした。「英雄ポロネーズ・ピアノネタ」ということで、水谷豊主演ドラマ「相棒」と「赤い激流」について語る。

⇒続きを読む

映画の感想というよりも、主に「ピアノの奏法」について語ったので、カテゴリーは「作品感想」ではなく「ピアノ・ショパン関係」にした。

⇒続きを読む

ショパンの愛人として「ジョルジュ・サンド」を思う人は多いだろう。

PTNAのマンガにも描いているが(あるいはこれから載るが)
愛人としての期間は短く(つまり肉体関係は最初のうちだけ、ショパンが病弱だったためか、サンドは愛人ではなく、母親のようなノリだったみたい)、つまり、ずっと友情だけでつながっていたという。

⇒続きを読む

のだめ他、割と知られているピアノ・音楽漫画は「ピアノの森」「神童」。
で、これらもアニメ映画化、または実写映画化されている。

まずは、その感想。

アニメ映画「ピアノの森」について。
映画「神童」よりもおもしろかった。映画「神童」は何が言いたかったのか、いまいち分からんかった。原作と違うし、ストーリーもたらたらしている印象。

「ピアノの森」はわりと原作に忠実、分かりやすいし、映像がきれい。BGMもいい。

まあ、正月ののだめドラマ海外編(前編も後編も独立して見ても)のほうが、さらにおもしろかったが。


でも、いろんな曲が使われていて・・・その中でも自分が日ごろ練習している曲があり

「神童」では、ショパンエチュードOp10-4
「ピアノの森」では(若きアジノ先生が)ショパンソナタ3番終楽章など

さてさて、その「ピアノの森」では「重い鍵盤のピアノ」がでてくるが・・・
その重い鍵盤のピアノについて語ってみよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔、指を鍛えるのに、わざと鍵盤を重くしてもらう(調律師に)ことがあった。
>ワシの子供時代には、あった。

今現在ではそういうことをする人はあまりいないだろう。
ワシも、鍵盤を重くするのは「百害あって一利なし」という考え。

⇒続きを読む

「題名のない音楽会」で
先週、中村紘子さんがプチレッスンしていた。

そのことで、自分が思ったことを語ろう。

指のタッチで音が変わるのか?ということだが、私は「強弱以外変わらない」と思う。
たしかに、「直に」角度を変えて、ものを叩けば、その角度によって音の感じは変わるのかもしれないが・・・
し、しかし、指が直に弦を叩いて音を出すわけでなく、叩くのはハンマーである・・・指の角度を、どう変えようが、ハンマーが叩く角度は変わらない。

変わるのは、ハンマーのスピードだろう。つまり「音の強弱以外」の操作のしようがないと思うのだ。

⇒続きを読む

PTNAの「ショパン物語」を描くきっかけになったお話をしよう。

⇒続きを読む

自分はHPで趣味でゲームの二次創作をやってみたが、PTNAの「ショパン物語」も考えてみれば、これも二次創作のようなものだなと思った。

⇒続きを読む

PTNAに載っている95話目の話について・・・
サンドが、自分とショパンをモデルに、ショパンに対し相当酷いことを書いた小説の話をした。

まあ、こういうのを聞くと、たいていの人は「サンドってなんて酷い女なんだ」「ショパンがかわいそうだ」と思うだろう。ワシもそう思った。

が、作家って、わりとそういうこと書いてしまうものかもしれん。
自分の周りで起きたことを、モデルにして、ネタにして・・・で、やっぱ自分の主観で書いてしまうので、相手をよく思ってなければ、それが出てしまうものである。

ワシは趣味とはいえ、こういったブログなどで、書いてしまうこともあったような気がする。腹がたったことや、不愉快な思いをしたことを、つい・・・。
けど、そのことについて書くというのは、やっぱそのことに対し、気になったから、自分の心に響いた(悪い意味で)から書くのだろう。どうでもいいことならば書かない。書くのもエネルギーが要るし。

ただ時間がたつと、たいてい「どうでもいいこと」になるのである。

さて、では、話を元に戻し・・・もうちょっとショパンについて語ろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ショパンの髪型について。

⇒続きを読む

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。