ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いじめ対策」の番組を見た。

今までも言われてきていることだけど
今の教育現場・・・昔の管理的な教育はよくないということで、生徒の自主性、個人の尊重、自由を大切にした結果、あんまり思わしくないようである。

⇒続きを読む

スポンサーサイト
この2作品の感想と・・・後半は「子供から大人まで楽しめる作品」について語る。

ちなみに、「ハッピーフィート」「ミヨリの森」はつまらなかった。そして「子供から大人まで楽しめる他の作品」と較べてみる。

⇒続きを読む

PTNAの「ショパン物語」を描くきっかけになったお話をしよう。

⇒続きを読む

歳とるにつれ、はまるものっていうのが「少なくなっていく」

で、はまるものがまるでない期間が長くなる。

はまるものに出会えれば、「はまることができる気力(元気)が残されていたのか」と思う。

はまるものがあるって、幸せだとも思う。

⇒続きを読む

heso3.jpg


・・・ラヴォス喜びの舞・・・

そして、ラヴォスのおなかに注目してくれたまえ
そう、ラヴォスのかわいい・・・お・へ・そ♪
きっとラヴォスのチャームポイントでもある「お口」と、おそろいに違いない。

って、ラヴォスは哺乳類なのか?とつっこみ入りそうだが、ラヴォスはたしかいろんな生命体の遺伝子を取り込んでいるのだから、哺乳類の性質を持っていても不思議ではない・・・ということで、ラヴォスのおへそを描いてみたのだ。いや、それより、突っ込むとしたら、なんで扇子をもっているのだ?というほうが先だろう。うむ・・・ま、良いではないか。



puti41.jpg



プチラヴォス考

そうそう、成長したラヴォスは、中身があるのである。(知らない人は「なんのこっちゃ?」であろうが・・・あのツンツンな体の中に、本体があるのである。


でも「プチラヴォス」は、中身はないようなので、うちのプチも、中身はまだない、という感じかな。

そうそう「あらゆる生命体の遺伝子を取り入れている途中」なので、中身ができあがっていないのが「プチラヴォス」。

取り入れ尽くし、遺伝子を組み合わせ完了したときに、中身ができあがるのかも・・・

なので、ラヴォスによって、それぞれ「中身」の形や能力は様々、と思ったりしてます。

アナザー世界で、クロノが飼っているのプチは、遺伝子の組み合わせが完了したとき、中身は、おそらく「クロノ好み」の・・・(いや、そのときは、クロノの子孫の好み)・・・かもw




⇒続きを読む

nakama11.jpg

けっこう、7人入れるってキツイ。


nakama21.jpg

ロボを入れることができなかった。


sitagaki11.jpg

そのラフスケッチ

完成画以外は載せない、といったけど、ネタのため、これだけ載せよう・・・このラフ画を見てくれれば、
ロボを最初から仲間はずれにしようとしたわけではないことが分かりますw
ロボをなんとか入れようとした跡がある(魔王の後ろだったり、ルッカの手前だったり)けどいれることができなかったのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

nakama32.jpg

ロボが小さめだが、このくらいにしないと、なんだか描きにくい・・・つうか、エイラを持ち上げてる、という感じにしたかった・・・じゃないと、入らない・・・

で、魔王、設定よりも背が高すぎだが、ま、魔王なので、いいだろう。


初期の頃(およそ2年前)と較べたら、画はほんと慣れてきた。昔の画は恥ずかしい。
ま、画を描く人は、自分の昔の画は恥ずかしいと思うものである。
けど、漫画家の内田春菊さんは「自分の昔の絵を恥ずかしいとは思わない。積み重ねてきたからこそ、今の絵がある。レベルアップした証であり、誇りに思う」というようなことをエッセイでおっしゃっている・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

puti31.jpg

今日もプチプチラヴォスは元気です。


puti12.jpg

ラヴォスのプチと夏休み・・・
が、学校もいっている様子はない、働いている様子もないクロノ君はいつも夏休み・・・という気がするが・・・


puti21.jpg

プチプチラヴォスにぞっこん♪
ぷりっとしたお口が可愛いのーーー

ああ、ラヴォス様にぞっこんのジールの気持ちがちょっとだけ分かるぞ。(本当かよ)
うむ、わらわをプチジール・ハヤシと呼ぶが良い。

今日、なにげにスピリッツを見たら、「昴」再開ではないか。
これは驚いた。昴はもうやらないのだろう、と思っていたから。
今も作者は講談社の月刊マガジンでも連載しているし・・・

⇒続きを読む

「バッカーノ」、すげーおもしろかった。他このシリーズがいろいろでているようだからチェック。>漫画的軽いノリで、さらさら読める。ヤング向け、ライトノベルも読める人にはおすすめ。

⇒続きを読む

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。