ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふ・・・また昔の話か・・・
歳をとった証拠よのー・・・

てなわけで、ワシと同世代でないと、分からん作品があるかもしれんが、ワシが過去にはまった作品を語るとしよう。

⇒続きを読む

スポンサーサイト
というわけで前回、朝日新聞の「恋愛至上主義的な記事」にいちゃもんをつけてしまったが、

バブルの異常な時代に比べたら「がんばって何が何でも恋愛する人、恋愛最優先する人が減った」だけのことで、今でも「恋愛する人」はたくさんいるし、「彼氏彼女欲しい」と思う人もたくさんいるし(けど「何が何でも」という人は減ったのだろう)、べつに憂える事態ではないよなーーーと・・・^^;(つうかむしろ正常になったというか・・・)

ずっとずっと昔は・・・「恋愛最優先」の生き方をしていると「浮ついている」と世間から冷ややかな目で見られていたと思うが、
いつの間にか「恋愛しないなんてつまらない、がんばって恋愛しよう」という時代・流行になり、んで、それが落ちついてきただけのことじゃないだろうか。

なのに「恋愛優先じゃなくなった若者たち」に対し「がんばって恋愛しよう」という新聞記事が出るようになったのだから、ほんと時代は変わるw


さてさて
「恋愛至上主義蔓延=バブルのころ?」
というわけで・・・

自分がそのころは、何をしていたかというと・・・「音吉君」を描いていた時代ではないかーーー
(と、またここで「音吉ネタ」にもっていくのか、ハヤシよ・・・あざといのー)

⇒続きを読む

スクールカースト」といい、「朝日新聞の恋愛お勧め(押し付け)記事」といい、このごろは考察してみたいネタがある。

さてさて
「スクールカースト」と「恋愛至上主義(重要)主義」の根っこの部分は同じ感じがするのだ・・・

どちらも「人の個人的趣味、志向、生き方」に口をはさみ、良しとする価値観やその趣味・志向から外れたものを蔑んだり、かわいそうだと見下したり・・・なので、ちょっと気になる問題である。


⇒続きを読む

「恋愛の形」
朝日新聞に、こんなタイトルの記事があった。

⇒続きを読む

のだめ他、割と知られているピアノ・音楽漫画は「ピアノの森」「神童」。
で、これらもアニメ映画化、または実写映画化されている。

まずは、その感想。

アニメ映画「ピアノの森」について。
映画「神童」よりもおもしろかった。映画「神童」は何が言いたかったのか、いまいち分からんかった。原作と違うし、ストーリーもたらたらしている印象。

「ピアノの森」はわりと原作に忠実、分かりやすいし、映像がきれい。BGMもいい。

まあ、正月ののだめドラマ海外編(前編も後編も独立して見ても)のほうが、さらにおもしろかったが。


でも、いろんな曲が使われていて・・・その中でも自分が日ごろ練習している曲があり

「神童」では、ショパンエチュードOp10-4
「ピアノの森」では(若きアジノ先生が)ショパンソナタ3番終楽章など

さてさて、その「ピアノの森」では「重い鍵盤のピアノ」がでてくるが・・・
その重い鍵盤のピアノについて語ってみよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔、指を鍛えるのに、わざと鍵盤を重くしてもらう(調律師に)ことがあった。
>ワシの子供時代には、あった。

今現在ではそういうことをする人はあまりいないだろう。
ワシも、鍵盤を重くするのは「百害あって一利なし」という考え。

⇒続きを読む

去年、自分にとって大きかったことといえば、やっぱ「音吉君のピアノ物語」のオンデマンドの話か。
(と、こうやって宣伝ネタにもっていこうとする・・・じつにあざといのー)
ま、「なぜ今頃?」と思うに、やはり「のだめ」などクラシック音楽マンガの人気があっての便乗なのかもしれない。

というわけで、他のいろいろな「ピアノ・音楽マンガ」について語ろう。

うむ、音楽マンガ情報を知りたい方はご覧あれ。
「ええー、あの漫画家のそんな作品があったのかー」というネタも書いておいた。



⇒続きを読む

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。