ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劣等感について。
若き頃、私の場合、「人間関係、容姿>ピアノや漫画(画力)」だったなということで語ってみよう。

歳とってよかったことは、容姿の劣等感をさほど感じなくなったことかもしれない。ばあさんになってしまえば、あまり関係なくなるもの^^
むしろ美人さんのほうが、歳をとると容姿に対する劣等感が強まるかも?

ま、私の場合、若いときは、漫画とかピアノとか燃えるものがあって救われた。

バブル世代は恋愛至上主義者が多いけど、その時代、恋愛に背を向け、漫画やアニメに燃える人は「オタク」と呼ばれ馬鹿にされていたっけな^^。
でも厳しい現実を知っているからこそ、架空世界を求めてしまうのかもしれない。恋愛関連は一番劣等感を刺激するから、手を出さないオタクもけっこういるかも。 私もその一人であった^^;

若いときは、恋愛のほか、イジメ、友人が少ないなど、対人間問題はほんと劣等感が刺激されたな、と。ピアノや漫画で全否定されるよりも。

そういえば、ピアノも漫画も基本一人でコツコツやるものだな。だから続いた、とも言えるかも、私の場合。

いかに対人間で、劣等感を持っていたかというと
たとえば、漫画連載していたとき、担当編集者に時間を取らせ、私のようなものに付き合っていただくのは大変申し訳ない、と思っていたくらいだ^^;

漫画家によっては、ネームを作るところから、長時間、担当編集者を付き合わせる人もいる。

私は一人でネームを完成させて、担当の判断を仰ぐ、ダメなら、家に持ち帰り、一人で直す。
けど、漫画家さんによっては、担当にずっとにつきあってもらいながら、直す人もいるようだ。

私は、担当とは仕事以外の話は基本しないし、打ち合わせ以外のことで、担当を付き合わせることも一切したことがない。
一緒に遊びに出かけるなど、したことがない。
ほかの漫画家さんは担当と遊びにでかけることが、よくあったそうだが、
私なんぞに付き合わせるなんて悪い、相手もきっと嫌だろう、と思っていた^^;

ま、担当さんから見たら、おそらく私は愛想のない、かわいげのない人に思っていただろうと、今では過去の自分の態度を反省している^^;

けど、そういう態度だったので、少なくとも私は、基本的に担当さんに迷惑をかけたことがない、と自分では思っている^^;
うっかりミスはあったが、我儘は言ったことがない。

「先生」と呼ばれたとき、先生と呼ばれるのはいやであったし、「林さんでいいです」と一度は言うものの、それでも「先生」と呼ぶので、「ああ、これは距離を置きたい、親しくしたくないからだな、敬遠したいからか」と深読みをしてしまい、そのまま「先生」と呼ばせていたこともあった^^;

「先生」と呼ばせてしまった編集者は2人いる。
が、実は、この2人の編集者が一番フレンドリーで、仕事以外のことを話したりした編集さんだったっけ。
反対に、この2人以外の担当編集者とはプライベートの話を一切したことがない。

私の深読みは全く外れていた^^;
が、この2人のフレンドリーな編集さんには、「先生」と呼ばせてしまったがため、それ以上には親しくなれなかった。
もうちょい心を開けばよかったな、と、これは後悔している^^;
同世代だし、もしかしたら友人になれたかもしれないのに。(けど、若いころは、こんな私と友達になるなんて嫌だろうな、と思っていたのだ^^・)

そんなわけで、私は人間関係を築くのは大変下手であった^^;
人間関係でうまくいかないと、劣等感刺激されるので、私も距離をとりすぎるくらいにとってしまう。

それに比べ、ピアノや漫画で全否定されても、劣等感への刺激は少なかった気がする。(そりゃ、その時は凹むには凹むが、復活も早い)
全否定されても耐えられる、だから長続きしたのかも。

そういえば、漫画で、
持ち込んだ原稿への講評に一言「いらない」って編集者たち全員から書かれたときも、
担当編集者から「(ハヤシさんに)覚めちゃったんですよね(=もう来てくれるな。連絡してくるな。ほかへ行ってくれ)」と言われた時も、思ったほどには落ち込まなかった。

ピアノでも、先生らから全否定されるのはもうあたりまえのことだったし^^;

ネットで過去作品をボロクソに否定されても、落ち込まない。
むしろ話題にしてくれて、今ではうれしいくらいだ。

と、「あおいほのお」(漫画家島本和彦の自伝的ドラマ)を見て、昔のことを思い出し、こんなことを思ってしまった。

いや、今なら、そんなに劣等感持たずに、人とお付き合いできますが^^
嫌われたら嫌われたで仕方ないと思うし、さすがにイジメとは縁がなくなっているし
面と向かっての口げんかは負けるが、文章でのやりとりは負ける気がしないし(言った言わないを避けるため、私は文章でのやりとりを望む)
人の底意地悪さに触れれば「ネタにしてやろう」「うむ、ワシの創作意欲に火をつけてくれて感謝」って思っちゃうし^^;

若いときにこそ、今ぐらいの「ずうずうしさ」があったらな~、今ぐらい鈍感であったらな~、今ぐらい覚めていればな~、もう少し何とかなったかもしれないな~、惜しいことをした、と思ったのでありました。
スポンサーサイト
イラスト描きまくっているぜ。まさか、また絵を描くことが楽しいと思えるようになるとは、クロノ以来だな。今、創作中の物語の世界観がやっと固まってきた。やっぱ絵から入るほうがわかりやすいよなあ。風景もちゃんと描こうということで、昔の海外旅行写真や旅行パンフを参考にしている。
そのほか、今創作中のヒロインのエロイラスト(パンチら)を描いて悦に入っている・・・男性の心をつかむべく、萌えイラストも練習中。あざといけど、やっぱこういうのも描けないといかんのじゃ。というか、わりと好きなのよ、女の子のちょっとエロい絵を描くのが。そう芸術だってエロの要素が必要なのじゃ(と言い訳)。
もちろん、男キャラの裸を描くのも大好き。ワシの場合、女より男のほうが難しい。筋肉の表現とか体つきとかがね。というわけで、ショパン様は実にこの点がつまらなかった。男の表現=筋肉と思っているので。つかショパンの裸など描くチャンスはなかったが。それにしても描くとき、女の子の裸よりパンチラのほうが燃えるぜ。

ということで、エロ絵ペン入れできた。あとは色塗り。やはりここは「パンティ」の見せどころじゃ。絵に占める面積は狭いが、その面積の狭さがいいのじゃな、きっと。もちろん白がよかろう。桃色もいいかもしれないが。赤や紫は殿方にとってはNGのようじゃ。男性絵師に負けないぜ。18禁ではない程度目指すぜ。

ああ、そういえば、クロノでは「黒いパンティ姿の女王様」はよく描いたけど、清純派の白を基本としたパンチラやパンティは描いたことがなかった・・・なので、そういう系を描くのは実に15年以上ぶりか~・・・いや20年近いか。20年ぶりのパンチラ&パンティ絵かあ。うむ、筆は鈍ってはおらん。
実は、ラヴォスにパンティをはかせたかったが、どうやっても無理じゃった・・・せいぜい「お口」にかぶせる程度。って、ぜんぜんエロくないよなあ・・・というか、それ「変態仮面」だよな(少年ジャンプの)

でもパンティを頭にかぶったり、顔にかぶったり・・・楽しいのかな。いや、たとえば私の場合、男性のブリーフなりトランクスなり、頭にかぶっても、ちっとも楽しくないので。殿の気持ちがわからんのじゃ。
この殿の気持ちをわからずして、エロが描けるのか・・・うむ、難しい問題じゃの。

ま、いずれスキャナーを手に入れたらアップすると思う。

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。