ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://netgeek.biz/archives/23420
http://netgeek.biz/archives/23521

『若手社会学者の古市憲寿が「中学生の合唱コンクールを見ていたら顔の造形がありありとわかって辛い。韓国みたいに整形がもっと一般的になるべきだ』と発言したらしい。

へえ、古市さんって、個人的にはまあ「左派」というイメージがしていた。
んで、左派は、やはり女性の権利とかにうるさいというイメージ。けど、違うんだなw

古市さんのツイッター発言
『テレビで中学生くらいの子たちが合唱してるんだけど、顔の造形がありありとわかって辛いから、子どもたちももっとみんなメイクしたり、髪型や髪の色をばらばらにしたほうがよいと思う』

やっぱり・・・テレビで合唱していた中学生を馬鹿にしているよなあ。
「結婚しろ発言」がセクハラならば、当然、女性の容姿を馬鹿にするというのは、セクハラにもなる気がする・・・しかも中学生にだ。一番、傷つきやすい年頃、で、容姿に劣等感を持っている人もたくさんいるだろう。
んで、合唱部って地味で真面目な子が多い。
スクールカーストでいえば、スポーツ部より下位に置かれている気がする。
こういった人間は、古市さんのような人たちから馬鹿にされる存在なのかもな。

結局、そういう人たちを馬鹿にするのは、右派も左派も関係ないのだな。
メイクするなという校則が強制であるならばも、不細工だからメイクしろ、または整形しろっていうのも社会からの強制だよな^^;

そう、社会人になったら、「公の場では、女は化粧しろ。それがエチケットだ」という社会的強制がある。
学校だろうが、社会だろうが、どの世界にもそういった強制はあるよな。

ま、このツイッター発言から「不細工は化粧するか整形しろ。不細工は表に出るな」「女は顔だ」という古市さんの本心が聞こえてくるようだぜ^^・・・そこいらの保守的なセクハラおやじと変わらないんだな。そういえば、古市さん、自民党の女性議員を『妖怪』呼ばわりしていたっけ。
もちろん、人の容姿を馬鹿にするのは、よくあることで、それが人間の本質なのだろう。子供のいじめにもよくある。古市さんもそういった類の人なのだろう^^;

多様性を認めろ、とよく左派の人たちは言うけれど、不細工は認めない・・・のだな。そして、その不細工の定義は・・・結局、美人の定義と相反するものを指すのだろう。つまり、ここ日本社会の美人の定義とは「目がパッチリ、鼻筋通り、小顔、目や鼻や口がバランスよく配置されていること」なのだろう。不細工はその反対だ。
一重、鼻ペチャ、大きな顔は不細工=認めない=整形しろ、ということで多様性とは程遠い主張だな。

結局、一つの価値観に縛られ、その価値観から外れるものを馬鹿にしたり、あるいは「直せ」と圧力をかけ、強制的な空気を作っていってしまうものなのかも。
古市さんが言っていることも、多様性を認めろと主張しているようでいて、実は一つの価値観に縛られ、それに合わせろと言っているに等しい気がする。
スポンサーサイト

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。