ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作品感想と「ファンタジーについて」語る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ライトノベル「キーリ」
・・・自分としては「バッカーノ」のほうが、だんぜん面白いと思うのだが・・・同じ第9回電撃ゲーム小説大賞の受賞作品で、キーリが大賞、バッカーノは金賞・・・で、キーリのほうが評価が高かったらしいのだが・・・(だから興味をもち「キーリ」を読んでみたのだが)

キーリは途中で飽きた。半分まで我慢して読んだが、あとは斜め読み、面白いところがあるかと思いながら最後まで読んだが、展開は読めちゃうし。自分としては面白くなかった。
バッカーノのほうが、展開が早く、いい意味での裏切りがあるし、バッカーノのほうが上だと思う。まあ、あくまでも主観的、個人的な感想である。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小説「楽園」(宮部みゆき)

あの「模倣犯」の続編ということで、新聞などの書評で評価が高かったので、期待して読んだ。

最初(上巻)は、ちょっと乗れなかったが、下巻からは、けっこう面白く読めた。

それでも前作「模倣犯」のほうが、ずっと面白かった気がする。「模倣犯」は最初から展開も早く、「どうなるのか、先が知りたい」とひきつけられた。

で、やっぱ、自分として、ちょっと引っかかったのは・・・人に触れると、その人の記憶を見てしまうという現実的でない超能力を「あり」にし、事件解決のキーポイントになってしまっていることである。

前作「模倣犯」では、そのような「非現実的」な要素はなかったように思う。
なので、この「超能力」がでてきたときも、合理的に科学的な説明があるのだろうと読んでいたら・・・違った。「超能力あり」な話に、違和感。これは「模倣犯」の続編ということで読んだので。

超能力あり、ならば、これは「ファンタジー」である・・・

そのへんが、ちょっとしらけてしまい、「模倣犯」のほうが上だなと思ってしまったのだった。
また「ファンタジーではない模倣犯」の続編ということで読んだので、当然・・・「超能力」ではなく、じつは合理的科学的説明、トリックがあるものとして、期待して読んだので・・・なおさら、そう思ったのだろう。

ところで・・・ファンタジーではないが、宮部みゆきの「名もなき毒」がおもしろかった。
登場人物のひとりに、ひと昔前なら「こんな話の通じない異常なとんでもない奴いねーよ」だろうが、今なら「ああ、いるかも」と思える。ほんと「今」を扱った人間ドラマが上手い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファンタジーについて。

架空の物語はすべてファンタジーだ、との考えもあるが、
自分はいちおう「ファンタジー」とは、現実にない(なかった)異世界を舞台にしたもの、魔獣など現実にない生物が出てくる、おまじないや催眠術の域を越えた魔法や超能力など合理的に科学的に証明できないもの・・・100パーセント現実にありえないことがでてきたりする物語のことをいうのだと思っている。

関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。