ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酒井順子の「黒いマナー」を読んでいる。酒井さんはあの「負け犬の遠吠え」を書いた人である。「負け犬」に較べると、あんまりおもしろくないが、「なるほど」と思わせられるところもあり・・・

というわけで、「常識」(=普通であること)について語ってみようという気になった。
「マナー」は「常識」と置き換えられるだろうということで。




それで、その本に書かれている「マナー」について、
「自分より、うんと礼儀正しい人は窮屈。かといって礼儀なんて無意味、関係ない、わが道を行く、という人もつきあいにくい、つらい」というようなことが書いてあり、

結局、自分の感性に近いかどうか、自分が思う常識に近いかどうか、だよなー、と思ったのであった。

「世間という大海原を渡るには、マナーという浮き輪が必要」とも書かれていた。

これも、「マナー」を「常識」におきかえても、いいだろう。

まあ世間というのを何処をさすのかというと、自分が生きる社会・生活圏内のことをいうのだろう。

たとえば、学校。

自分は、わりと学校の規則など守ってきたほうである。中学校の規則は大変厳しかった。けど、ほんとうに守った。なので、先生との軋轢はないし、中学までは平和に暮らしてきた。規則はその学校内の常識であった。

で、べつにその規則は自分にとっては辛くはなかったけど、ほかの人にとっては辛く、息苦しいものだったかもしれない。

今、考えてみれば、その規則は「なぜ、そこまで?」というような不合理な、常識的にもちょっとおかしいのだが・・・
(靴下や靴は白のみ。ちょっとした絵が入ってもダメ。どんなに暑くても決められたその日からは冬服、どんなに寒くとも夏服が定められ、また寒くてもマフラーはダメ、外出時はかならず制服着用、などなど)

反対に、規則のゆるい学校では(自分の場合、高校がそうだった)、わりに生徒の自主性に任せ、自由でいいように思えるけど、
生徒内やそのグループ内での「規則、常識、趣味、雰囲気、話題」というものがあり、結局、それに縛られ、合わせ、「その中では皆同じ雰囲気」にしなくてはいけないのだ。
じゃないと、いづらくなり、最悪、無視、いじめられるといった道をたどるからである。

自分はどっちかというと、そっちのほうが難しく、厳しいように思った。空気を読むというか・・・こっちのほうが大変。

で、あまり自分に合わなかった。自分は多くの一般の若者が興味を持つ趣味や流行というものに、あまり興味がなかったからである。

学校の規則で、かっちりと分かりやすく文面で現されていて、決まっていたほうがラクであった。

なので、尾崎豊の「自由を求める歌」「大人への反発」には、あの時代も自分にはピンと来なかった。

子供だって充分、脅威だし、大人よりも厄介な存在でもある。容赦ないし。
自分は先生よりも、先輩のほうが恐ろしかったw
クラスの中で、いじめられないよう、孤立しないよう、それはそれで気を使わないとならない。自由などとんでもない。

子供社会の中が「自由」というわけでもないし、大人が管理しない自由なように見える子供の世界は、それはそれでかなり厳しいものがあるかもしれない・・・


で、いくら居づらいからといって、学校から、そう簡単に逃げられるわけではないので、とりあえず合わせていくか、わが道を行くか、である。

会社などの仕事関係、あるいはPTAとか地域とか・・・自分が生活する上でとりまく社会、グループ、団体、組織・・・すべてにいえるのだろう。

常識・・・まあ、その中では通じることも、外に出ると通じないこともあるだろうし、時代と共に変わっていくし、馬鹿馬鹿しいと思うこともあるけれど、無視するわけにはいかないものなのかもしれない。

で、前日記にも書いたが、そんな自分にも個人的に感覚的に「常識」というものがあり、常識から大いにはずれることをされると、困惑するし、トラブルのもとである。さらに「常識から離れた普通ではない=異常なこと、尋常でないこと」となると怖い。そういうのからはできるだけ遠ざけたいし、関わりたくないと自衛してしまう。

もち、それはお互い様なのだろう。

で、個人的に違うであろう感覚を、分かってくれというのはいいが、押し付けてはいけないのかもしれん。

と、常識について、そんなことを、つらつら思ってしまったのであった。


ーーーーーーーーーーーーーーー

まあ、前日記では「こういったネタは難しいので書かない方がいい」「慎重に」といっておきながら、長文で語っている。

昨日語ったことと、今日言っていることが違う>苦笑。


去年、ネットは長時間つなぎっぱなしで、BBSなどで、ほとんど毎日語っていたときにも、自分が語っている内容に対し「矛盾している」と指摘されたことがあったけれど、その通りで、その前に発言したことと、今言っていることが違うw

毎日、そのときの気分で語っていると、そういうことが、多々あるみたい。考えや思ったことも、ころころ変わる。

なので、日をおいて、考えが変わらず、それでも、どうしても語りたいときに語る、というほうがいいのかもしれない。
ただ日をおくと、どうでもよくなることがほとんど。面倒にもなる。

で、「どうでもよくなる」と、面倒になり、語らなくなり、それが続けば、サイトは放置に近くなってしまう^^;


まあ、ともかく、「世間の常識なんて」と反発しつつ
「そのくらいのこと、いちいち説明しなくても、常識的に考えれば当然だろう」と「自分の感覚で勝手に決めている常識」があり、そんな常識に頼っているところもあり・・・
「自分の感性に近い人が、やはりつきあいやすい」という酒井順子の本を読みながら、つくづく「そうだよなー」と思ったのであった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記

そーいや、ネットを始めた頃、交流していた人から、常識では考えられない失礼で攻撃的なことを言われたり(書かれたり)して、驚いたことがある。(もち、この場合の常識も自分の感覚での常識ということだが・・・)

いや、リアル社会でも、そういう人に出会ったことはあるが、それは若い学生時代。大人になってからはなかったので、びっくらこいたw

けど、それがネットというものなのだと、今は分かる。相手の顔が見えないし、書けてしまうのかもしれない。
常識とまではいわないけれど、よくあることなのかもしれない。

もち、そんなことをする人はごくわずかだけど、いい大人が(ある程度交流しているとある程度の歳、年代は分かる)、まだ知人程度の間柄で、感情をぶつけ、常識では考えられない攻撃的な言葉を、ネットでなら書いてきたりする。

はじめの頃はショックだったけど、そういうものだと、免疫は出来た。

なので、いちおう自分の中で、そういうことも「常識とはいえないが・・・普通?の範囲」に入れているw
ま、「異常」とは思わない。

>とすると前日記で「常識=普通」と書いたけど、ちょっと違うのかも・・・「普通であること」と「常識的であること」の、その辺の定義は難しい・・・汗


ある程度同じ経験をすると「ああ、そういうこともあるのか、そういうものなのか」と、「普通」にとらえることができるようになる。

が、やっぱ、そういう攻撃な難しい相手とのそれからの交流はちょっと考えてしまう。怖いとは思わないが、不愉快な思いをするのはごめんであるし、トラブルのもとなので、関わらないようにしていくほうが、いいだろうと思ってしまうのだ。

ネット上でちょっと交流しただけのほんの知人、まだ「親しい友人という関係でない」のだから、修復は難しいだろう。

自分の感覚では非常識だとも思うが、昔、3、4件、そういう経験をしたので、これもネットというものなのだろうと思っている。

おっと、ちょっと書きすぎてしまった。これこそがトラブルのもとだが、まあ昔のことであるから時効だ。

今はそういうようなことはない。

酒井順子さんも、メールについて、「夜書くと感情的になりやすい」といっている。そして夜に、腹立たしい内容のメールをうけると、すぐに反論や抗議をしたくなるらしい。
そして夜のメールは相手を傷つける鋭い言葉で書けてしまうという。
ので、勢いに乗ったメールは、かならず時間をあけて、冷静になってから読み直し、送信するという。

あーあ、勢いに乗って、これを書いている自分・・・かもw
ほんと気をつけないと・・・
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。