ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「14歳の母」について。

昔、きんぱち先生でも、このようなテーマの話があったよなーという感じで、タイトルやテーマに興味はなかったが、脚本が井上由美子さんだということで、見始めたら、案外面白い。高視聴率のようである。

さてさて、自分は「ファンタジー」として、こう言う話もいいよなーということで見ているのだが、やはり「ちょっと問題ではないか」という意見もあるようである。
たしかにドラマの内容は「奇麗事」で、反対していた家族も応援にまわり(14歳の姉が妊娠したこのことが原因でいじめられている弟も、すんなりと解決?したようで・・・いや、まだドラマは途中なのでわからないが)おそらく、この調子では、最初は否定していた学校側(担任の先生や友達)も応援、和解になる気配が・・・

んで、無事、出産したとして、まあ、育てるのが本当に大変だろうが・・・そこまで描かれるのか?
んで、おそらく、好奇の目で見られたり、生まれた子供も、仲間はずれにされたりするかもしれない。


ただでさえ
「自分は体力には自信があった。どんな仕事にも耐えられた。そんな自分でも、子育てがこんなに大変なものだとは思わなかった」というような話をよく聞く。
母親一人で育てるのは、成人した女性でもかなり大変でキツイことだろう。

母系社会のタヒチでは、母親方の家族が、みんなで子供を育てるという。

つうわけで、ドラマでも、当然14歳がひとりで育てられるわけないし、結局、家族がかぶることになるのであろうが、それはそれでありだとは思ったりもする。

が、それでも、まあ、14歳とか15歳では早いだろう、と思うし、苦労に耐えられず、子供を施設に、ということになったりするのだろう。14歳では出産のリスクも高いらしいし・・・
育児放棄、虐待など・・・これらは、まあ、成人女性の母親にも多く起こりえることだけど。

そーいや、ちょい前に「赤ちゃんポスト」の話題があったっけ。

なので、ファンタジーとしてのドラマだと思うが、実際、これをみて、『私も産みたい』だなんて思う中学生や高校生がいるんだろうか?まあ、ほんの少数は、影響を受けるかもしれないし、実際、子供ができたら、迷うのかもしれないが。
それが問題だとして苦情を寄せる視聴者もいるようである。

自分は分からん。
たとえば、暴力的な描写のマンガやゲームやアニメの影響を受け、自分も人を殺してみたい、痛めつけてみたい、と思う人がいたとしても、もともと、そういう暴力的資質があるように思うし、その作品を見なくても、そういう人って結局は暴力行為に走るのでは、とも思ったり。>けど、規制したい側の気持ちもよく分かるのだが・・・

まあ、この「14歳の母」も、こういう暖かい話いいよね、というファンタジーとして捉える人が大多数だとは思うが・・・


それにしても・・・主人公の女子中学生・・・
好きな彼氏?とは「もう会わない、別れる」「迷惑かけない」「私にかまわず、好きな道を行ってくれ」ということで、
14歳の中学生にしては、めちゃくちゃ物分りが良いというか・・・まあ、この年頃で、肉体関係持つほど好きになっちゃったのに、相手に対し、そんなに物分りいいものなのか?と思ってしまった。

重いと言われるテーマを扱っているにしては、あんまり修羅場がないドラマというか・・・
こういうところが「奇麗事」だと、まあ、自分は思ってしまうのだ^^;


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記1
その後の「14歳の母」、他「Dr.コトー」「チャングム」感想



「14歳の母」
ベタな展開というか・・・うーん、あまりに家族の皆、強いって、いうか、よくできた人たちだ・・・ あんまりにも「よくできた人たち」で、つまらん・・・反対に、女社長のほうは、これまた実に感情的な人で、いやあ、社長って、普通、もうちょい冷静なんじゃないですかー、と思った。

あまりに現実離れしていて、もちファンタジーとは思っていたけれど、ちょっとしらけてきちゃったかな、自分的に。


「ドクターコトー」
あの設備と、あのスタッフで大きな手術を・・・とは思うが、今回の胃がんの件に関しては、あの年齢の女性ならばスキルスの可能性が高いことは、コトー先生なら分かるだろうに

>いや、自分、専門じゃないからこんなこと言えないけれど、あの年代の若い、女性にスキルス(悪性度が一番高い、見つけにくい)が多い、と本で読んだことがある。

つまり、手術して、お腹を開けて、はじめて「手がつけられない」と、コトー先生ほどの人が驚くのは、おかしいかなと・・・ある程度、手術前に予測できたんじゃないかなと思ったりして。

>もちドラマの中では「スキルス」とは言ってないが、あの状態・・・事前の検査で分からず、お腹を開けてから「手遅れだ」と分かるのは「スキルス」だと思う。

と、まあ、これはケチをつけていることにしかならないけれど。

自分の場合、真面目なドラマなだけに、ウソっぽさが見えてくると、しらけてしまう。いや、まだコトー先生のほうは、大丈夫>自分的に。

ファンタジーとうそっぽさ、この境界線はどこにあるのだろう・・・これは説明できないが、14歳の母は、ファンタジーではなく、うそっぽいお話に、自分の中ではなりつつある。



「チャングム」最終回
・・・あの終わり方でいいのかい?と、ちょっち、終わり方にいちゃもんつけたい・・・いや、洞窟で笑いあって終わるなんて・・・せめて壮大な海や草原背景で・・・と思ったのは自分だけか???

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで・・・
「14歳の母」が、なぜつまらなく思えてきちゃったのか・・・

重いテーマを扱っているはずなのに、なんだか全部、安易に解決していっているのも、自分的にシラける原因かもしれない。

私立である学校も、すんなり退学ではなく休学扱いにしてくれたようだし・・・
もっとひと悶着あってもいいのでは?と思った。

それでいて「生まれてくる子供のためにお金のことを考えなくちゃ」という話にもなり・・・じゃあ、まずは授業料の高い私立は退学したら?とも思う。(学校は受け入れてくれるということになった後で、主人公は結局は退学を選んだのであるが・・・)
お父さんは、左遷された模様だし・・・

それでいて、相手側の慰謝料のお話を断る・・・

よくできた主人公の家族たち。

その反対に、女社長の「礼儀知らずでヒステリックな態度」は、ヘンに感じる。 そんな社長が、社員を導き、トップに立ち、仕事をこなせるはずないと思うのだが・・・
>成功した女社長というキャラであった。これから会社は落ち目になる話らしいが。

なんだか、「14歳の母」に関しては、登場人物もお話の内容も「おいおいおい・・・」と思ってしまったのであった。
重いテーマを扱ったからこそ、逆に「軽いなあー」と、自分にとっては、軽さが目立ち、シラけてしまったのかもしれない。


ま、でも、家族の大いなる援助があれば、学校通いながらでも、子育ては可能かもしれない。
専業主婦がひとりで、子供の面倒見るよりも、かえって余裕があるかもしれない。

って、このドラマのように、中学生で産むのはどうかと思うが。


※「14歳の母」最終回の感想記事はこちら→http://hakkusyunn.blog76.fc2.com/blog-entry-26.html
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。