ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年、自分にとって大きかったことといえば、やっぱ「音吉君のピアノ物語」のオンデマンドの話か。
(と、こうやって宣伝ネタにもっていこうとする・・・じつにあざといのー)
ま、「なぜ今頃?」と思うに、やはり「のだめ」などクラシック音楽マンガの人気があっての便乗なのかもしれない。

というわけで、他のいろいろな「ピアノ・音楽マンガ」について語ろう。

うむ、音楽マンガ情報を知りたい方はご覧あれ。
「ええー、あの漫画家のそんな作品があったのかー」というネタも書いておいた。




まずは・・・「のだめカンタービレ」
海外編がけっこう続いている。
「のだめ」のすごいところは、やっぱオケを扱っていることだよなー。

ピアノ漫画はけっこうあるけれど、オケを描いたマンガって、そうはないような気がする。>さそうあきら氏の「マエストロ」は聞いたことある・・・けど未読。

自分は「オケはできるだけ描きたくない」と思いながら、「けど協奏曲の演奏シーンはあったほうがいいよなー」ということで、自分のマンガ「ピアニスト」では、がんばって描いたけど、オケシーンはやっぱ避けたいと正直思ってしまう。

>ちなみに「ピアニスト」は背景もすべて自分で描いた。まあ、詳しくはHPのほうに書いているけれど。
http://www.rock.sannet.ne.jp/kiga2hon-dayo/sennden1.html



話はずれるが、背景もすべて自分で描いている漫画家さんで、すごーいと思ったのは、「エマ」という本格的なメイド漫画を描いている森薫氏。自分は「エマ」そのもののコミックではなく、図書館にあった解説本でその存在を知った。
メイドというと「萌えー」を想像する人はたくさんいるだろうけど、本格的なメイドさん漫画みたい。当時の英国文化、社会の勉強になる。

で、たしかこの作家さん、同人誌出身だとか・・・>うん、同人誌からプロの作家になる人って、けっこういるんだろうな。

まあ、とにかく背景も含めた描写がすごい。


おっと、話を元に戻そう。
ピアノ漫画について語っていたのだっけ。



で、ピアノ漫画といえば
くらもちふさこ氏の「いつもポケットにショパン」や
アニメ映画になった「ピアノの森」
実写映画になった「神童」があるけれど、

ほか、少女漫画などはけっこう「ピアノを扱ったもの」はあったような気がするけれど、「恋愛」の比重が高く、ピアノ漫画というよりも恋愛マンガだったり・・・>「あるとのあ」とか・・・

池田理代子氏の「オルフェウスの窓」もピアノものというより、人間ドラマという感じ。



そうそう、昔、「ドクターコトー」の山田貴敏氏がピアニストのマンガを描いていたような・・・タイトルは忘れた。画家や彫刻家マンガも描いていたと思うけど、そのずっと前。シリアスでちょっと暗いが情熱的な漫画だった記憶がある。


作曲家漫画では
「マドモアゼル・モーツアルト」福山康治氏
「ルードウィヒ・B」手塚治虫氏

あと「ミスター味っ子」の寺沢大介氏も、クラシック音楽人物伝シリーズの中の「ピアノの詩人ショパン物語」(わ・・・自分のと同じタイトル)の作画担当をしていたらしい。

もちろん、ピティナのサイトにある「ショパン物語」もよろしく。こっちは、なんていったって無料で見れるのだからお得じゃ。

しかもサンドと別れた後の話も、けっこう長い。

「ショパンを扱った漫画」は、大方はサンドとのことがメインだよなー。
けど、ワシの「ショパン物語」はサンドと別れたその後の話も長い。
じつはショパンが死んだ後も、話が続く。ショパンコンクールの話まで盛り込んでいるから。

自分がつかんだネタをすべてをぶち込んでいるので、情報量だけはすごいと思う。


ところで「音吉君のピアノ物語」などマンガ話はこちらのHPにて↓
http://www.rock.sannet.ne.jp/kiga2hon-dayo/mannga.html


というわけで、わりと「ピアノマンガ」や「音楽漫画」ってあるよなー。
けど「オケ」をちゃんと描いた漫画は希少なような気がする。


関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。