ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふ・・・また昔の話か・・・
歳をとった証拠よのー・・・

てなわけで、ワシと同世代でないと、分からん作品があるかもしれんが、ワシが過去にはまった作品を語るとしよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ま、はまった作品はたくさんあるが・・・
やっぱ、ワシのマンガに影響を与えたであろう・・・あるいは知らず知らずマンガの世界へ導いてくれた最初の作品といえば・・・

アニメの「宇宙戦艦ヤマト」(マンガ原作のほうは、絵があまり好みじゃなかったので読んでない、手に取ろうとも思わなかった・・・>ごめんなさい、松本先生)

とにかくヤマト関係の絵を描きまくった。
それまでノートに落書きで、よく女の子を描いていたが、いや、女の子しか描けなかったワシであったが、「ヤマト」で男キャラを描くようになった。

ちなみに、そのころは、マンガいわゆるコミックは、少女漫画の「キャンディ」くらいしか読んでなかった・・・>ああ、「キャンディ」はアニメもよく見ていたっけ。アニメも好きであった。

少年漫画はほとんど読んでなかったし、どんな作品があるのかも知らなかった。
ジャンプ、サンデー、マガジンもよく知らなかった。



で、その「ヤマト」にはまった後は、「はまる作品」に出会うまで、何年か間がある。
もち「999」とか「ガンダム」とか好きだったけど、「はまる」とこまではいかなかった。

で、そのうち「ピアノ」のほうにエネルギーがいってしまったので、アニメは「普通程度に好き」で、熱中するとこまではいかなかった。

それに高校のときは寮生活していたので、好き勝手ににテレビを見ることもできなかったので、多感な高校時代は、アニメは、じつはあんまり見てない。

寮の食堂に一台あるテレビで、「ガンダム」再放送をやっていたよなー・・・

うむ、当時は「オタク差別」もなく、お食事中、「ガンダム」を、音大生音高生の寮生が見ていて、「シャアが好き。ララア(シャアの恋人)がうらやましい」と堂々と口に出来ていた時代であった。

ちなみに、ワシはあんまりシャアは好きではない。「・・・・ふん、カッコつけやがってーーー」と覚めた目で見ていた。
うん、なぜかガンダムに出てくる男キャラで好きな奴はおらず、女キャラのセイラさんが好きであった。が、はまるとこまではいってない。

そんなワシであったが、ようやく少年漫画と出会いの日がやってきた。
どう出会ったのか、ちょっと覚えてないが・・・なぜか「ザ・かぼちゃワイン」にはまった。
>少年マガジンに連載されていた。自分はコミックで知った。アニメにもなった。アニメになったころは覚めてしまったが。


主人公シュンスケ(漢字忘れた)はチビで、顔もカッコいいとはいえないキャラであったが、ワシには「シャアよりずっとカッコいいぜ」と思えたのだ。

そうそう、シャアのように「いかにもカッコいい」というキャラは鼻につき、好きになれなかったのだな。

「かぼちゃワイン」では、柔道をやるシーンが一部の話にあり、そこでワシは「柔道かっこいいぜ」というわけで、その技の絵を真似して、描いていたりしていた。

それまで、ほとんど「バストアップ」(上半身)しか描いてなかったハヤシであるが、ここで下手ながらも「全身・しかも動きのある絵」を初めて描いてみたりしたのだった。

それからは
「プラレス三四郎」にもはまり(こちらはアニメで。原作は少年チャンピオンのマンガ)
そーいやあー、これも主人公は、チビな男の子の三四郎君であった。顔はかわいかったが。
ヒロインの女の子(名前忘れた)が、柔道・・・というか柔術をやっていたっけ。うむ、ここでも「柔道」である。

んで、「1,2の三四郎」に、かなりはまった。
こちらも、最初、柔道やっていたな。
主人公は・・・最初はチビっぽかったが、だんだん、でかくなり、最終的にプロレスラーになるんである。ゴツイ男であった。

そうそう、この作品こそ「小林まこと氏」のマンガ。
「音吉君のピアノ物語」を描き始めたとき、一番影響を受けた漫画家さんである。「1,2の三四郎」のほか、この漫画家さんの作品には「柔道部物語」もあり、「柔道素敵♪」と思っていたワシは、小林まこと氏のマンガにはまっていたのだ。

そう・・・「柔道、素敵♪」とは思っていたが、柔道のことはあんまり知らず・・・なので、ワシが描いていたのは「ピアノ漫画」であった。
が、主人公は「柔道がお似合いな体育会系」のごつい男・音吉君である。

サンデー編集部では、「ゴツイ男がピアノをやる」というのを買ってくれたみたいだけど、ワシはただ「柔道やりそうなゴツイキャラが好き」なだけであり、たまたま「ピアノならよく知っているので、ピアノ漫画を描こう」ということで、「音吉君のピアノ物語」が生まれたのである。

もしも「小林まこと氏のマンガ」に出会ってなければ、「音吉キャラ」は生まれなかったかもしれん。
「シャア素敵」と他の女子と同じ感覚だったら、「美形キャラにピアノをやらせる」というマンガになったかもしれん。(まあ、ワシの当時の画力では、自分は美形のつもりで描いていても、美形になっていなかったであろうが)

が、美形キャラは、ちょっと鼻につき、好きになれず、おもしろいゴツイキャラが好きだったので、「音吉」が生まれたのだな。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そのあと、はまった作品は・・・いろいろあったと思うが、
「ゆうゆう白書」にも、かなりはまったな。こちらはアニメから。
飛影が好きであった。うむ、影のある孤高のキャラも好きである。(魔王系ですな。ま、飛影はチビであるが)

ほか、アニメでは「ドラゴンクエスト・アベル伝説」も好きであった。アベルの普通っぽさが良かった。>特別にカッコいいわけではないということで。


「スラムダンク」も作品は好きであったが、自分にとってはまるキャラはいなかった。
普通は「流川君、素敵♪」と思うのであろうが、こいつもワシにとっては「鼻につく美形キャラ」であり、他のスラムダンクキャラも、それぞれ背が高くてやはりカッコよすぎたので、はまるとこまでいかなかった。
ゴリは、たしかにゴツかったが、なぜか、いまいち惹かれなかったのだ。(唇と髪型が、ワシの好みでなかったのだろう)

しかし、カッコいいキャラも、「DB」のトランクスあたりだと、素直に「カッコいい」と思うし、好きである。美形過ぎないところがいいのである。背だって普通だし、足も長いわけではない、普通である。
そのトランクスと同じようなカッコよさをもっているのは、やっぱ「クロノ」であろうか。普通にカッコいい、けど「カッコよすぎる」わけではないので、鼻につかないのだ。

うむ、どうやら、ワシは「足が長い、背が高い、顔も美形、隙のないカッコよすぎるキャラ」はあんまり好きになれないようである。>なので「少女漫画」にもあんまりはまれないのだな・・・

ま、あとは・・・
「ほどほどにカッコいい」もよいが、「かわいい」も好きであるので、ドラクエⅧのエイトたんのかわいさにはまったり・・・

そして、クロノのラヴォスのかわいさにはまっている現在である。>ラヴォスにはまる奴は、なかなかいないであろう・・・というか、そもそもラヴォスをかわいいと思う奴は少ないであろう・・・

ああ、そーいやクロノについて語るのは、こちらでは久しぶりであるが・・・
この前に書いた内容は「ラヴォスにパフパフされたい」(・・・とはいっても、あくまでも「ふっくらラヴォス」であり、殻つきの本物のラヴォスではない)であった・・・ので、ワシの感覚はやはりちょっと変わっているかもしれん。



ところで・・・

クロノトリガーを12年前に一度SFCでプレイしているにも関わらず、そのときには、はまらなかった。
一度クリアしたあと、早々に売ってしまった。
あんまり心に残らなかった。

が、それから約10年後に、ちょっと思い出して、PS版を買い、プレイしてみて、はまったのだから・・・不思議である。
なぜはまったのか、説明できない。
好き嫌いのほかに、タイミングというのがあるのかもしれない。

で、今は「ゴツイキャラ」は別に好きでも嫌いでもない。つうか、暑苦しいと思うようになってしまった・・・
カッコよすぎるキャラは、相変わらず好きではないが。
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。