ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、映画「ショーシャンクの空に」は、今まで見たドラマ系映画の中で最高であった。超一級品だと思うので、これは自信をもってお薦め。なので、これについては詳しい感想は書かない。「とにかく最高だった」ということで。

以下、映画「カッコウの巣の上で」 作品感想文。

ネタばれありです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー


まずは、参考までに「カッコウの巣の上で」、あらすじ紹介サイト↓
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD1641/story.html


で、私が注目したのは「精神病入院患者を仕切る婦長さん」である。

患者の自由を許さず、情に動かされない冷たい感じに描かれた婦長さん。

「患者を救うため」というのは、ただ傲慢で、支配しているだけである、という感じに受け取れる物語であった。

そして、最後は、ある青年患者を追い詰め、自殺に追い込んでしまい、

青年患者と親しくしていた主人公が怒り、婦長の首を絞め、あやうく殺してしまうところを、周りの警備員に止められ・・・

主人公は「危険人物」としてロボトミー手術で植物状態のような感じにされ、

で、婦長さんは元のとおり、職場復帰、ショックを受けている様子もなく、働いている・・・


精神病患者に対する病院側の恐ろしさも描いた秀作であるが・・・




そこで、あえて、別の見方をしてみよう。

いやあ、ふつう、首を絞められ殺されかけたなら、恐ろしいし、かなりショックだろうに・・・精神的に傷つくこともなく、すぐに職場復帰できるものなのか・・・

そういう目にあっても、いつもの感じで、職場に戻ってきて、平然と働いている婦長はある意味、偉いなと・・・

というか、婦長、強すぎ。

つまり病院側の人間の描き方が、あまりに「精神病患者の敵=情を感じられない人間的ではない強い敵」に描かれすぎてないか?と思ったのだ。

婦長さん、人間離れした精神力である。

どこかに書かれていたが、精神病患者をずっと相手にしていると、やはり精神的にキツイらしい。
しかも、殺されかかったなら、なおさらだろう。

で、「救いたい」というのは、たしかに傲慢で、「患者を下に見ている、支配している」のだが、「救いたい」というその気持ちなしに、仕事が出来るものなのだろうか。ただでさえ、精神的にキツイ職場なのに。

救いたいと思ったと同時に、どうしたって「救う相手を下に見ている」ことになってしまうものかもしれない。
まあ、相手のことを本当に思いやらないと、ただ支配しているだけの傲慢な行動になってしまうのだろうけど。




と考えさせられた。
物語に、ちょっと、いちゃもんつけてしまったが、おもしろい(というと御幣があるが)良い映画であった。お薦めである。


関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。