ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは、昭和天皇を描いた映画「太陽」について

参考サイトはこちら↓
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=7167

日本ではタブーとされている天皇を描いた・・・というわけで、興味をもって見てみた。
ロシアの監督が製作、昭和天皇を演じているのはイッセー尾形。

で、昭和天皇をテレビで見たことがある人ならば、「イッセー尾形・・・上手い。特徴をよく捉えている」とうなるだろう。

いやあ、昭和天皇の特徴・・・ややもすると、かなりユーモラスというか・・・

映画の内容は淡々としているけど、イッセー尾形演じる昭和天皇の動作に、笑ってしまう。

「ややもすると滑稽で不敬罪的な演技」という感想もあるようだが、実際、テレビで見たことがある昭和天皇は、ああいう感じであった。

昭和天皇を知らない若い人が見たら、びっくりするかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、これからの「天皇制」はどうなることやら・・・

いや、私個人としては「天皇制はないほうがいいのでは」とも思うし、今の時代にちょっと合わない、というか・・・「生まれながらに平等」ではなく、階級制度があり、男系の血筋を守り、それを「伝統」としているので・・・

以前にも同じことを語ったが
男系の血筋を守りたいのなら、側室制度でも復活させるしかないのでは、とマジに思う。


その「側室制度復活」について書かれた記事を紹介↓
http://blogs.yahoo.co.jp/k9_99/16191453.html


いやあ、ま、私は「側室制度」があると、ゴシップとして、いろいろ賑わせてくれそうだし面白そうだなと思うだけで・・・あんまり、真面目には考えてないのであるが・・・


今のところ、いずれは秋篠宮のところの男の子が継ぐことになるのだろうが、その場合の未来の皇后となるお嫁さん探しは、かなり厳しいのでは、と思ってしまう。

お嫁さんは、まず男の子を産める人・・・つまり、男が生まれるまで、何人でも産める人、それができなければツライ不妊治療に耐えられる人、
で、その上で心身健康できちんと公務が出来る人、その自信がある人、
何かあればメディアがネタにするだろうから、そういったゴシップに耐えられる人、国民の批判の目に耐えられる人、
で、家柄や学歴、ある程度の容姿も問われるだろう・・・「未来の皇太子」自身の好みもあるだろうし・・・
で、何人でも子供が産める体か、いろいろ調べられるだろうし(生理不順かどうか、など)、やはり産むのに何人でもチャレンジできる若い人を、ということになるだろうし・・・

そんなところへ嫁ごうという「皇室の求めるような皇太子妃になるにふさわしい品のある育ちの良いお嬢さん」がいるだろうか・・・


で、この記事にも書かれているように、一度、外に出てしまった、つまり民間人となり生活してきた旧宮家の男子が継ぐのも、いかがなものか・・・
だって「帝王教育」とやらを、まるで受けてないわけだし。ま、国民の敬意を得られないだろう。


ていうか、そこまで男系にこだわると、ちょっと滑稽でもあるし、海外の人(とくに欧米諸国)からは奇異の目で見られるだろうが・・・どうせならば男系のまま、突っ走ってほしいものである。天皇制には「男女平等」などありえないのである。特別な世界なのだろう。


とにかく・・・
男系維持のために、皇太子に息子が生まれなかった場合、ほかの宮家にも男の子がいない場合、旧宮家の民間人に下った男子に継がせるのか、側室制度復活でとにかく男の子が生まれるまで産ませるか・・・私は「側室制度」に一票。理由は面白そうだから。>非国民よのー

が、側室制度が復活しても、お嫁さん探しは難しいかもしれない。
誰でもいいのなら、いるかもしれないけど。

けど、ひとりの「未来の皇后」にすべてを背負わすよりも、皇后は公務に励み、子産みは側室何人かで分担したほうがいいかもしれん。

いやあ、側室が絶対にいけないとは別に思わない。一夫一婦制は、もとは欧米のものだし、欧米の価値観で作られたシステムなので、絶対的なものではないと思う。

けど、ま、一夫一婦制な現在の日本社会では、実際、側室制度には馴染めない人のほうが多いだろう。

>しかし・・・ここまで読んで、違和感もつ人いるだろう。けど、これが天皇制というものかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて・・・

雅子妃は「適応障害」と言われているが、「うつ病では?」とおそらく多くの人が思っているだろう。
後に皇后となり、それなりの公務ができるのか?と疑問に思う。

別にこれは「精神的な病気の人」を差別しているわけではなく、
「精神的な病気」の場合、先がまったく見えないわけで、いつごろ治るって分からないだろうし、そんな人が重要な立場にいるべきじゃない、ということなのだ。

それに、公人として・・・つまり国民の税金で「あれだけの生活」をしているのだから、それなりの公務をしてほしいと思う人はけっこう多いのではと思う。

ちなみに「あれだけの生活」とは・・・
たとえば、皇族の方々の食事にしたって、健康を害するような農薬や、家畜の成長を促す薬品などなど、いっさい使われてない専門の農場や牧場をお持ちで、とっても安全な食材が使われているらしい・・・
かたや国民は農薬やその他危険な薬(たとえば、ヨーロッパでは禁止されている成長ホルモン剤みたいなのをアメリカや日本は家畜に使っているらしい・・・中国産は、ま、論外ですね)にまみれた安全とはいえない危険な食品を口にしているわけである。安全な食品は高価で、一般の国民には手が出ない・・・

とまあ、「食」だけでも、皇族の方はこれだけ優遇されているわけである。「住」「衣」「教育」なども、それなりのものが与えられている。病気になっても安心。選びに選ばれた最高の医師が細心の注意を払い、診てくれるのだろう。

もちろん、ディズニーランドに行っても、並ばなくで済むのであるw


その代わりに、それほど生活は自由ではなく、公務という仕事があるのである。

精神的な病気はそう簡単に治らないのだろうから、雅子妃を本当に支えたいのなら皇太子は皇室離脱をし、皇位を秋篠宮に譲ればいいのに、という意見も多いみたいだ。

雅子妃は心の病気のため休養ばかり、雅子妃を支えたいという皇太子自身も公務がそれほどできてないようなら(秋篠宮と紀子妃に比べたら、かなり少ないようである)、皇太子は雅子妃のためにも皇位から降りればいいのに、と思う・・・そのほうが雅子妃の荷も軽くなるだろうに。そうすれば何も気にすることなく気長に療養できるだろう。

雅子妃の「精神的な病気」を、あの環境の中で完治させるのはなかなか難しいのでは、と思うし、皇室離脱しても、それなりの生活は保障されるだろう。

それにしても・・・現在の皇太子妃が、あのような状態になってしまい・・・
将来、天皇になるだろう秋篠宮の息子のお嫁さんはどうなることやら・・・

いや、その前に、もし愛子様が天皇になる(男系の女性天皇だから、それほど問題ではないだろう)としたら、婿探しもなかなか難しいかも。(誰でもいい、というのならば、いるかもしれないが・・・誰でもいいわけにはいかないだろう・・・)

天皇制、やっぱり難しいと思う。
現在の社会システムに合わない=民間から皇室に入った人は馴染みにくい。


皇室制度・・・生まれながらに「身分」が決まり、その身分によって待遇が違う古い制度。

で、上に書いたように、男系維持なら、旧宮家復活か、側室制度復活か、

あるいは男子が生まれない皇族に限り、代理母出産を認めるか・・・
代理母の問題も難しい。日本では禁止されているけど。


旧宮家の男子皇位継承も、「皇室に限り、側室制度復活、または代理母で、男が生まれるまで産ませる」、にしても・・・けど、国民感情はついていけないだろう。
ま、アイコさま、マコさま、カコさまが、それぞれ旧宮家男子と結婚し、お子をおつくりになり、男子を産めば、男系は維持されるということになるのだろうが・・・

伝統を守るって難しい。閉鎖的だし・・・だから、歪みが生じやすいのかも。
だから、ときに、人権すら侵しかねない・・・皇太子が公表した「雅子妃の人格否定発言」につながっているのかもしれない。それが雅子妃の病を引き起こした要因のひとつ、かもしれない。


そーいや、相撲部屋で力士が殺された事件も・・・親方の言うことは絶対であり、親方が「黒」といったら、白いものも黒であり、親方には絶対に逆らえない、という伝統がそうさせたのかもしれない。
まあ、元時津方親方は、兄弟子が勝手にリンチして殺したと、逃げているみたいだけど。「親方は絶対」という伝統が、若い力士の命を奪い、兄弟子たちの未来を奪った・・・のかもしれない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記1

エッセイストの米原万里さんも天皇制について書いていた。国益を考えれば、天皇制もありか、と。

つまり大統領制などは、ほんとうにお金がかかるらしく、それに比べたら日本のシステム=天皇制=皇室費など安いものだと。

私も、国益を考え
天皇制があったほうが皇室費を差し引いても国益になるのなら、ありかも?とも考え直している。

しかし、雅子妃があのようなことになってしまっており、後に皇后としての任務を果たせるのか?また、皇室制度に馴染める妃のなり手がいるのか?男系維持できるのか?と、問題がいろいろあるようだ。
でも女系を認めれば、宮家が増えて、皇室費が増えて困るし、もちろん「今まで男系できた伝統」というのも、あるだろう。

皇室の世界は、一般の日本社会と違うのに(つまり「平等」などというものはない。生まれながらにして階級が決まっている)、そこへ「男女平等」だけをもってくるのは、どうかと思う。

また、あの承子様の自由奔放な留学生活が以前、話題になったが、
もちろん普通の人であれば、ああいう生活や言葉遣いも「いまどきの女子大生」だが、皇族としては、いただけない。
そもそも留学生活などさせるべきではなかったのでは、とも思う。警護も大変だし、経費もそれなりにかかるだろう。

皇室の方も、「自由」を求める権利があるのか?それとも、ないのか・・・

が、承子様関連のああいった記事をみていると、天皇制はくずれていくように思う。
>ちなみに、承子様関連騒動を知らない方へ・・・詳細は、この記事の下のほうにコピペしておいた。




ところで、その国益と憲法9条について考えてみた。
ちょっと上とは話題がずれるが、国益について、ということで。


国益・・・というのを、考えれば、「憲法9条」は改定せずに、今のまま、うやむやのままにしておいたほうがいいかも、と思う。

これは「平和のために」などという考えではなく、アメリカの起こす戦争に巻き込まれないために。
「日本は9条があるので、軍隊を派遣できません」と言い訳できるように、9条を今のまま残したほうがいいのでは、という考え。

まあ、今でも「いちおうアメリカに守ってもらってます」という感じの日本が、アメリカにどこまで楯突くことができるか・・・
で、9条改定を一番求めているのは実はアメリカかも?・・・改定したら、アメリカの思うつぼ・・・アメリカの起こす戦争に日本が巻き込まれてしまうかも。

「中国や韓国、北朝鮮の脅威」よりも、アメリカの起こす戦争に巻き込まれるほうが損失が大きいのでは、と・・・
近隣国などに戦争しかけられる可能性よりも、アメリカに利用される可能性が大きいのでは、と。


なので、今のまま、うやむやにしながら9条を保つのも手かも、と思ったり。

9条や天皇制のことも、まずは「国益になるか」を考えて、改定したほうがいいのなら改定し、そのまま保つほうがよければ保つ、と、私は「国益重視」で、「こっちのほうが国益になる」というほうを支持するだろう・・・



ところで、昭和天皇について、戦争責任はあるのか、ないのか。

責任がないのならば、軍部に利用された人形であったということであり、
そうでなく国家元首であったならば、やはり多くの国民が犠牲になった戦争責任は昭和天皇にあるのだろう、と思う。

天皇制は、果たして国益となるか、それとも、あまり意味がなく皇室費は無駄なのか・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では、「承子様」の事件を知らない方へ。

承子様の、自由奔放ぶりを現した日記の内容がとりあげられ、ニュースになりました。
プライバシーとして守られるべき個人の日記がニュース、スクープになり、公にさらされたわけですが、もちろん承子様が皇族という公の立場の人だから、でしょう。

赤ちゃんのときから、皆から「○○様」と呼ばれ、敬語を使われる、つまり、国民よりも上位と位置づけられる尊敬されるべき?皇族として、いかがなものか的な発言日記です。

もちろん、皇族ではないただの女子大生なら、何の問題もない内容ですし、そもそもニュースとして公にさらされることはなかったでしょう。

以下のそのニュース記事引用、承子様の日記内容コピペ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

承子様の「赤裸々な内容」をざっと挙げると、こんな感じだ。

「昨日はねー、アジアン(ってか日本人と中国人)でめっちゃ騒いだ。王様ゲームやったけどエロ系一切なし(カップルがいた為。)でつまんなかった」(05年10月24日の日記)

「好きな人がゲイ…。終わってる」(06年1月20日の日記)

「私も親さえ良いなら胸にヤモリの刺青入れたいんだけどなぁ~…間違いなく縁切られますからね(笑)」(06年8月1日の日記)

「タイプ→カッコ可愛い年下」(ケータイ版プロフィール)

「彼氏→三角関係(むしろ四角関係)のすえ泥沼化して終わった。ビバ波乱万丈(嘘)」(ケータイ版プロフィール)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

週刊文春が紹介しているウェブサイトには、週刊文春も書いていない、さまざまな承子さまの姿があった。

例えば、プロフィールに書いてあるごく一部を紹介してみよう。

「【ここだけの話】 年下(男ね。)に飽きてきました・・・」(PC版)
「【休日の過ごし方】 毎日が休日です(勘違い。)」(PC版)
「彼氏→タバコ嫌いな彼氏ができた!禁煙してるよ、マジで☆」(ケータイ版)

一方で、このように心優しい面も見せてはいる。

「【尊敬する人】両親。それからAちゃん(編注: ウェブサイトにはニックネームで記載)(地元の友達。バレエ時代の先輩)いなきゃ生きてけない親友&相方。忘れちゃいけないダンスの師匠方・・・。ってか、みんな尊敬してます。だから付き合ってるんです」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用終わり


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記2
以前、別のところで書いていた記事です。


映画「男たちのヤマト」を見た。
ヤマトが最後に出撃する時、援護の戦闘機は一機もない、つまり実質「死にに行け」という感じ、ちゃんとした作戦があったわけでなく、ただ体裁のために死にに行く、セリフにも「一億総玉砕のさきがけとして」と・・・そして「天皇のタメに」というセリフもあった。

せめて「東京大空襲のときに、降参すれば・・・」というか、普通、首都があれだけ爆撃されれば、降伏するだろう・・・と思うが・・・

「一億総玉砕」を掲げていたので、降伏せず・・・
続いて、地方都市が次々に空襲にあい、多くの一般市民が死に・・・
沖縄も悲惨なことになり・・・そして、ヤマトが沖縄に向かうのであるが、「負ける」のが分かっていて行くのである。


それでも日本は降伏せず、ついに、原爆が落とされるのだ。

原爆が落とされる前に、アメリカから無条件降伏の打診があったが・・・
日本は「天皇制を残して欲しい、無条件降伏は受け入れられない」と天皇制にこだわった。

そのために、広島と長崎に原爆を落とす口実を、アメリカに与えてしまった。

そして、世界に類をみない多くの犠牲者を出して、ついに降伏するのである。

「天皇は利用されただけ、本当の情報は知らなかった、軍部が指揮していた」というが、やはりトップとしての戦争責任ってあるんじゃないのか、とも思う。

今、男系だの女系だのと騒がれているけれど・・・ まずは、戦争責任と天皇について、議論して欲しいところである。

そして、本当に天皇制が日本に必要なのか?という議論を。

それにしても、男性しか継げない宮家は女児が多い・・・偏っている・・・ようやく秋篠宮に男の子が誕生したが・・・

これって、天皇制や宮家はそう長く続かない・・・という「天からのご意志」では、などと思ってしまう・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記3
「A級戦犯について」

テレビでも言っていたが、特攻という犬死のような自爆戦法を承認し、それを推し進め、一億総玉砕をかかげ、捕虜にならずに自殺しろと指導してきたトップの人たちには、やはり責任あるだろう。
一般市民も自決(自殺)したのだ。

なのに、トップの人たちの大半は自決できず、または、し損なったわけだ。

まあ、昭和天皇が責任とってないので、というか天皇の代わりに責任をとった、とも言われているので、責任がうやむやになっているのだろう。

早いとこ降伏すればよかったのに、天皇制にこだわり、無条件降伏を拒否したため、原爆を落とす口実をアメリカに与えてしまった責任は大きいだろう。

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。