ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと気になるニュースがあったので、語ってみることにした。
「車椅子の生徒に教師が暴言し、教師が停職処分を受けた」ということについて。
ーーーーーーーーーーーーーー
まずは、その気になったニュース記事を
以下ミクシーよりコピペ↓



車いす生徒に暴言、教師停職

福岡県教委は19日、体に障害のある生徒の電動車いすのスイッチを切って動けなくし、胸ぐらをつかんで暴言を吐き精神的苦痛を与えたとして、北九州市内の県立高校の男性教諭(49)を停職1カ月の懲戒処分にした。停職後は県教育センターでの1年間の指導改善研修を命じる方針。

 県教委教職員課によると、教諭は昨年6月14日午後2時半ごろ、担任する2年の男子生徒(17)と個人面談中、生徒から「先生は信用できない」と言われ激高。電動車いすのスイッチを切って身動きが取れない状態にしたうえで、生徒の胸ぐらをつかんで「うるさい」「黙れ」などと怒鳴った。

 教諭は生徒のトイレの介助をする約束をしていたが、十分な介助をしていないと生徒から指摘されて怒ったという。生徒は恐怖心から教諭の授業に出席できなくなったため、高校側は7月から教諭をクラス担任と生徒が出席する授業から外している。

 この他にも、授業が騒がしくても注意をしないなど指導力が不十分で改善が見られなかったため、懲戒処分に踏み切ったという。

 県教委は「教諭の言動で生徒が授業を受けづらい状況になったことは申し訳ない。二度とこのようなことがないよう、再度、綱紀の徹底を図っていきたい」と話している。【木下武】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、ではここから思ったことを書きます。
このニュース記事を読んで・・・

・・・もちろん、切れた教師が悪いのだろうが・・・

この記事について書かれた様々な日記からの情報では、この車椅子の生徒は、先生に向かって「使えねえな」という失礼なことを言っていたらしい・・・

>もちろん、それが本当かどうかは確かではないが。 もし、本当ならば、という仮定の話として語ろう。


障害者=弱者?だからって、何を言ってもいい、失礼なことをしてもいい、というのは、ちょっと違うだろう・・・

・・・もちろん、高校生でまだ子供だから、大人である教師のほうが大目に見なくては、ということもあるかもしれない・・・
障害者に限らず健常者の高校生も、先生に対してかなり態度の悪い生徒はいるだろう。障害者だから礼儀正しくしないといけないわけでもないだろうが・・・


まあ、他の人もおっしゃっているように、このニュースの記事だけでは、詳細は分からないが・・・

はっきりと「弱者の横暴」と書いておられる人もいたし、教師のほうを批判している人もいらっしゃる。


ただ、この障害者の生徒は、教師がこのように処分されて「後味悪さ」を感じたか。それとも「当然だ」と思ったのか・・・

周りの生徒はどう思ったのか・・・教室はどういう空気だったのか・・・


もしも、この生徒の「使えねえな」発言が本当ならば・・・

教師がこのような処分を受け、当然、障害者の生徒のほうは慰められこそずれ、反省を促すような指導はなかったのだろうか・・・ 触らぬ神にたたりなしって感じで・・・
だとしたら・・・教育っていったい何だ???とも思う。

あるいは、教師がこのような処分を受けて、まわりの空気が変わり、障害者のこの生徒は学校にづらくなったかもしれない。
>「障害者の生徒のほうも悪い」というような日記もけっこう見かけたからだ。


このニュース記事に対して
「介助も教師の仕事だ」という人も、
「そこまでやらないといけないのか」という意見の人もいた。

私は、ひとりの教師が普通学級の生徒をみながら、一障害者のトイレの介助もしないといけないのは、かなり大変なのでは、と思った。
だから、「使えねえ」という失礼な言葉に切れてしまったのか・・・

「使えねえ」という言葉は、目下に向かって言っている・・・つまり、教師を目下だと思っているのだろう。
「対等」ですらなかったのだ。


それは「障害者の自分は助けられ、尽くされ、気を使われるのが当然」と思っているからなのか、それとも「障害」のためにイライラして、「介助がろくにできない教師」につい当たってしまったのか・・・「つい甘えてしまった」のか・・・

つい甘えがでてしまった、とすれば、それは障害者だし仕方ない、ということになるのか、障害者云々関係なく、この年頃の子供なら仕方ないこと、なのか・・・


そして、もしかしたら
友達に対しては、「使えない」などと失礼なことは言わない、というか、言えないのでは、とも思う。

友達にそんな態度をとったなら、いくら障害者でもみんなから引かれ、いじめられはしなくとも、誰も助けようとは思わないし、距離をとるようになるだろう。
友達に対しては気遣いはあったのかもしれない。


先生だから甘えたのか、それとも先生には何を言っても許される、先生は怒らない、もし先生が怒って問題発言などをしたら、社会から厳しく制裁受けるのは先生のほうだから、と高をくくっているのか・・・
>これは、ま、障害者関係なく、そう考える生徒は多いかもしれない。今の時代は先生は下に見られがち?なのかも・・・対等である友達よりも・・・


難しい問題である。


ーーーーーーーーーーーーーーー

追記

こういった社会ネタは、現場に居合わせたわけでもなく、出回っている記事や、いろいろな関連情報から、推測、憶測するしかなく、 またそういった記事も、どのくらい正確に書かれたのか、表現されたものなのか、分からない・・・

だからといって「憶測で語るな」となると、こういった社会ネタに対する考えや意見、感想が書けなくなるので、「憶測」で語るのはある程度仕方ない、ということで書いている。

さてさて
この「車イス生徒への先生の暴言暴力事件」で、さらに思ったことがある。

それは、もしも、車イスの生徒が、先生に対し、ちょっと失礼な態度をとっていて
それにより先生が切れてしまい、暴言暴力を行ってしまい、処分を食らったことに対し・・・
「だから、障害者に関わると大変だ」「触らぬ神にたたりなし」「障害者ととても付き合えない。怖い、自信がない」と思う人がけっこうでてくるのでは、と・・・

この事件について書かれたブログを見てまわっていると、わりと先生に同情的な感想も多かったからだ。

もしも、「自分が先生の立場だったら・・・」と思うのだろう。
「自分が障害者の立場だったら・・・」と思うよりも、圧倒的に多いような気がする。

私も、まずは「先生の立場だったら」と思ってしまう。
もしも、介助するのが当然、というような態度で、しかも「使えねえ」などというようなモンクを言われれば、いい気持ちはしないだろう。いや、「いい気持ちではない」というのは、おとなしい表現である。はっきりいって「むかつく」だろう。とくに疲れていて、余裕がないときなど、憎しみさえ抱くかもしれない・・・人間、そう強くはないのだ。


もち、ニュースにあるような教師の暴力暴言はよくないが、「相手の望むような介助はできない」と立場上いえない先生もストレスがたまるだろうし、相手の出方によってはついついカーッとなってしまうことがあるだろう。

一方、障害者も、トイレも誰かの介助が必要で、精神的にイラついてしまうこともあるだろうとも思うわけで・・・専門的に介助する人がいればいいのだろうが、学校にそんな余裕もないのだろう。

そして、先生と生徒では、お互い不満をぶちまけて、モンク言い合ってケンカ・・・というわけにもいかないし、障害者へのモンクは「暴言」に捉えられてしまい、とくに先生(健常者側)は分が悪い・・・
けど、本当はお互い、そういう「ある程度のガス抜き」も必要かもしれない?
不満が積もり積もって、爆発するよりは・・・

ところで、トイレの介助も教師の当然の仕事だ、という意見もけっこうあったりしたが・・・

教育免許などをとるにあたって、障害者に対する指導方法、介助の仕方を授業などで教わったり、面接などでその覚悟を確認するようなことは行われているのだろうか?

行われていないのなら、その覚悟などできるはずない。
>ちなみに、私は「中高の音楽教員免許」をもっているが、免許取得にあたって、大学で「障害者への指導方法や問題点、介助のこと、他もろもろのこと」について、一切、指導や授業もなかったし、話にすら出てこなかった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、先生は切れる前に、つまり爆発してしまう前に
「あなたが望むような介助は、私にはできない」ということを言って、
障害者生徒に分かってもらい、ほかの生徒たちや先生に応援を求めるかすればよかったのかもしれないが・・・


この先生ひとりが、障害者生徒のトイレ介助を任せられていたとなると、やはり無理があるように思う。

高校ならば、先生もほかの教室で授業もあるだろうし、ほかの生徒の面倒も見なくてはいけないのだから。

障害者生徒の家族や、他の先生や、同級生たちの助けが得られないのならば、最初からトイレの介助が必要な生徒を受け入れるべきではなかったのかもしれない・・・

障害者排除と言われるかもしれないが、その体制が整わないままに、ひとりの先生に押し付けるべきではなかったのかもしれない。

障害者生徒は、友達=同級生に、自分のトイレの介助は、やはり頼みづらかったのかも?

障害者生徒の家族は、学校につきそうことはできなかったのか?>家族だっていろいろ事情があり、負担かもしれないが・・・

けど、そうだとすれば普通の学校に行くべきではなかったのかもしれない。体制が整っているだろう養護学校に行くべきかもしれない。

健常者たちと同じ普通の学校に行きたいのならば、ひとりの先生だけでなく、大勢の人のサポートが得られるかどうかだろう。

このあたりが、よく分からない。
友達=同級生には頼めなかったのか?
もしも「同級生たちに頼みづらかった」というのなら、普通の学校ではなく、養護学校に行くべきだったかもしれない、と思った。


マスメディアも、先生だけを悪者にするだけでなく、こういうところも調べて取材し報道してほしい。

どこが問題だったのか・・・

じゃないと、問題の本質が見えてこないと思う。
そして、また同じような問題が起きるかもしれない。
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。