ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「最初は面白いと思えたものが、つまらなくなっていく・・・な、なぜだ?」というのを考えてみたくて、こういうことを綴ってみる。

>この記事のカテゴリーは「テレビドラマ感想」にしたほうがいいかもしれないが・・・
「なぜ、つまらなくなったのか?」について考えたので、カテゴリーは「物語創作について」にした。で、ドラマ「14歳の母」を例に語る。
今は、なぜ、こうもつまらなくなってしまったのか、ということで見続けている、という感じである。

※「つまらなくなった理由」については、こちらにも感想として、いろいろ書いている。
http://hakkusyunn.blog76.fc2.com/blog-entry-15.html

最初に観て、つまらなかったものは、続けてみないが・・・
最初は「続きが気になる、わりに面白い」というものは、あまりに酷いものでなければ、最後まで見てしまう。
途中で「・・・つ、つまらん」となっても、「じゃあーどうしてつまらなくなったのか」ということで見てしまうんである・・・


で「14歳の母」について

主人公がそれほど大変な目にあってないから、共感もしないし、がんばれと応援する気にもなれない・・・キャラとして、失敗だったのかも、と思ってしまった。

大変なのは、まわりの家族・・・ってな感じだ。
やっぱすべて親に頼ることになるわけで、「いいよなー、それなら子育てもラクだろう」と、一般の人は思うのではないだろうか。

ラクしている主人公という姿になってしまっていると思う。

肉体的には痛い目にあうのだろうが(しかし、これはすべての妊婦に当てはまる)、精神的に痛い目にあっていない。
もちろん、精神的に痛い目にあっている場面はとりあえず出るのだけど、それほど痛さは感じない。せいぜい近所の人が陰口をたたくくらい・・・

お友達ともすんなり仲直り、学校は休学ですみ(うーん、金のかかる私立の中学にこだわる理由がわからない・・・お友達とは結局、1年ずれて別々になるのだから)、で、そのお金の面倒は親が見てくれるのである。まあ、その後、本人の意思で学校は結局は「公立」へ転校ということになるが。

主人公は、おしゃれな姿で、高価そうなおしゃれなベビー用品を買い物する場面があり、とても「大変そう」には見えない。

これでは応援する気はなくなる。

世間の目は冷たい・・・はずなのに、ちっとも大変そうではない・・・
ほとんど苦労ななく、親にすべて頼って出産する恵まれた娘・・・にしか思えない。

セリフでは立派なことを言えても、行動がついていってない・・・

なので、セリフも浮いてしまうし、すべて奇麗事になってしまい、重みがない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「脇役」については・・・世間にもまれ、一人で子供を育てたはずの、人生経験豊富な女社長の「感情をすぐにあらわにする子供っぽさ」も理解しがたいし、とっても頭の悪そうなキャラになっている・・・

で、スキャンダルで会社が傾き、倒産の危機・・・だなんて、仕事ってそんなもんじゃないと思うけど。
利用価値があるか、利潤につながるかつながらないか、得か得でないか、などで取引先は動くと思うし・・・人気商売ではないのでスキャンダルでは引かないだろう。

対する「14歳の主人公」のほうが、セリフ上では大人っぽいことを吐いたりするが、まあ、それは親の大いなる援助あってこそ、なので、「言葉だけならなんとでもいえるよね」という感じである。

ファンタジーを通り越し、非常にウソっぽい・・・

登場人物が多すぎで、散漫な感じ。学校関係の人たちとの、ひと悶着もそれほどなく、あんまり登場もしない。

重いテーマでシリアスなお話のはずなのに、とっても軽いドラマになってしまった。

視聴率も下がってきているようである。
逆に「のだめ」が、「コトー」も抜いて、視聴率を伸ばしているようである。

最近、「Dr.コトー」も、ウソっぽい感じがしてきて・・・
その「Drコトー」まで、つまらなくなりつつあるのは・・・どうしてだろうと考えるに・・・

最初は景色・風景などで「ああ、いいなー」と思っていても、続けば、その感激度は下がるわけで、人間ドラマとしてどうか、ということになっていくのだろう。

で、皆、いい人たちで、これといった悪役が、まだでてきていない。
出てきたとしても、けっこう簡単に解決してしまう。 こういうのが続くので、だれる。

これは「14歳の母」も同じかもしれない。
主人公にとっての大いなる敵・悪役がいない。女社長も雑誌編集長も敵としてはかなり役不足、中途半端。敵だともいえない。従って、主人公を応援するところまでいかない。

その点「チャングム」は実に、悪役がきまっていて、主人公は窮地に立たされ、応援したくなってくる。
ドラマチックである。
敵、悪役が素晴らしいので、主人公は大変な目にあう。それをなんとか打開していき、それがドラマとなるのであろう。
たとえ、つっこみどころ満載でも、多少のウソは「ファンタジー」として、ドラマとして魅せているかどうかなのだろう。

主人公の敵、または悪役って大事だよなー、とつくづく思う。

「14歳の母」も「コトー」も、シリアスドラマなのに、大いなる敵・悪役がいない上に、主人公や周りのキャラの葛藤もそれほどなく(すぐに解決してしまう)、ウソっぽいので、だんだん、おもしろくなくなってきたのかもしれない。

そして、「素敵なウソの世界=ファンタジー」と「ウソっぽくてシラケる」の境界線は何なのだろうか・・・と思ってしまった。

ーーーーーーーーーーーー

さてさて
「主人公に共感できないわけ」について考えていたら、「タイタニック」を思い出した。

そうそう映画「タイタニック」のヒロインもそうであった。悩んでいるのだけど、その悩みは「ぜいたくだろう」という程度にしか思えず、共感できなかった。

いや、現代の女性の悩みとして、共感できるはずなのに・・・

それは、ヒロインが、周りの人たちと較べて、とても恵まれていたからである。
周りの、貧乏な、生活が苦しそうな、服装もボロで、不衛生なところで、油と土に汚れた重労働している人たちの場面が出てくるので、どうしてもそれと比較してしまうのだ。

ヒロインは、きれいなお洋服を着て、一番いい部屋(おそらく特等室)で、生活苦とはかけはなれた様子・・・
なので、「自由がない」みたいな悩みはぜいたくに思えてしまったのである。
だって、最下層の人たちのほうが、よっぽど大変そうだから。
そういう人たちのほうが、自由がある、みたいな描き方をしても、やっぱり大変そう・・・ つうか、生活が大変だから、生活のためにやらなきゃいけないことがあり、自由はないだろう。

ヒロインは、お嬢さんのぜいたくな悩み、にしか思えないのである。いくら現代に通じる悩みでも共感しにくい。
出てくる周りの人たちとの比較によって、ヒロインの悩みは全く伝わらないのである。

まあ、けど「タイタニック」はアクションが見ものだから、ヒロインに共感できなくても、面白かった。

ーーーーーーーーーーーーーー

「悩みを持っているけれど、かなり恵まれたお嬢さん・・・」

そうそう、タイタニックのヒロインと、14歳の母の主人公と、なんとなく通じるものがある気がする。
悩みや大変さが、全く伝わらず、かえって「恵まれすぎ」なところが強調されてしまっているような・・・

まあ、タイタニックのヒロインは、沈没し、助かり、その後がいろいろ大変だっただろうけれど。

14歳の母は、もしも子供がちゃんと健康で生まれた場合、そのあとも、家族がみんなで守ってくれて、それほど不自由なく生活していくんだろう、という感じである。

それとも、子供は死産とか?未熟児で生まれてすぐに死んでしまうとか?
んで、哀しいけど、産んでよかった、少しの間だけでも生きてくれてありがとう的なお話になるのか?

あるいは、思いもせぬ、バッドエンドがまっているのか?
それとも、安易なハッピーエンドになるんだろうか・・・

それだけが気になり、「14歳の母」を見ている感じである。
って、結局、何やかんや言って見続けているわけで、
それって案外、テレビドラマとしては『成功している』ということなのか???



※「14歳の母」最終回・・・無事に出産をし、彼氏は中卒で働くことになり、いずれは独立してがんばります・・・というような感じであった。その感想についての記事はこちら→http://hakkusyunn.blog76.fc2.com/blog-entry-26.html
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。