ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋葉原で「パンティ見せパフォーマンス」が、テレビで話題になっていた。
前半はそのことについて、ラヴォスを絡ませて語っている。(なぜ、ラヴォスなのか・・・それは、無理にだ。もちろん「自分がラヴォスに萌えているから」でもある)

しかし、無理に関連付けて語っているうちに、パンティとラヴォスと・・・魔王と・・・なんだかネタが転がってしまったのだ。
やはり、自分はこういうクロノ関連プチエロネタが好きなのだろう。

後半は、ハヤシのクロノ関連プチエロ・パンティ語りが炸裂♪なので、こちらに興味あり、という人は、ずっとずっと下へスクロールしてくだされ。かなり前半が長いので。
>クロノに出てくるキャラを知っている人でないと、分からん内容かもしれん・・・
odori71.jpg


見よ、セクスイーなプリマ・ラヴォスのローアングル♪
ローアングルでは、丸々っとしたお腹がさらに美しくセクスイーに見えます。
殿方ラヴォスたちにとっては、ドッキドキです。
ローアングラー・ラヴォスにとっては、たまらないでしょう。

さて、なんでこんなことを書いているのかというと・・・

今、テレビで騒がれている、秋葉原での「パンティ見せ」パフォーマンスをネタに語ってみよう♪というわけで。
(でも、現在は規制されていて、パフォーマンスは見られないようである)


秋葉原では歩行者天国で白昼堂々とパンティを見せてくれるので、カメラ小僧?(というか、これはもう死語?)ローアングラーのオタク?な人たちが集まっているという。

ローアングラーとは、下からのアングルで、女の子の下着や太もも、尻などをカメラでとる趣味の人たち、のことを言うらしい。

いやあ、また世間から「だからオタクは・・・」と白い目で見られることだろう・・・

足を高々と上げて、短いスカートからパンティを見せてくれる女の子は「黒い下着」らしい。(けど逮捕されて、その後、釈放・・・売名行為でやっていたのかも)

うむ、そこまでやるなら「白い下着」でやれば?とも思うがw
それともテレビには映らなかっただけで、「白い下着」のツワモノもいたのか?

まあ、秋葉原には、外人さんも大勢いるらしく、目を丸くしているらしい。

いやあ、真昼の歩行者天国で堂々と女の子がパンティ見せている日本は「軽くてエロい国だ。これがオタク文化なのか」と勘違いしないでくれるといいのだけど。

うむ、どうせなら、もうパンティ見せまくり、大勢の女性がそういうことをしまくり、パンチラに価値をなくしていけば、めずらしくもなくなり、当たり前のこととして、興味もそそられなくなっていくのでは、と思ったりするが・・・そうはならないのか・・・

というか、今度は、もっと過激に走る人も出てくるのだろう。

ま、けど裸族の世界では、当たり前のように丸出しなわけだから・・・で、当たり前になれば誰も興味をそそられないわけで、 「価値をなくしていく」というのも、取り締まるよりも有効かも?


昔は「太もも見せるだけ」でもNGだったのに・・・
それが今は、そこいらの女子高校生のほとんどが、太もも見せまくっているわけで、もうめずらしくもなく、当たり前のこととなり(今ではイスラム世界などでは、まだNGだろうが)、太ももの価値は昔よりは下がっただろう・・・
けど、さすがの女子高生もパンティはまだ見せてくれないようである。

だから、こうなったら「わかめちゃん」のように、堂々とパンツもみせまくったらどうだ?いや、もうその下も見せたらどうだ?(法に触れてしまうが)と、過激に思ってしまうのである。そうなったら、裸族の世界のように、誰も関心もたなくなるんじゃないだろうか、と。

いや、今度は「見るだけじゃ満足できない、触りたい」という輩がでてくるのだろう。

パンツ見せの女の子も、さすがに触らせてはくれないだろう。
もし、触られたら、「痴漢」とでも騒ぐのか?
けど「痴漢はいけないが・・・パンティをわざわざ見せるあなたも悪いし、仕方ないのでは」と思われるだろう。

ま、パンツ見せパフォーマンスも、「援助交際(売春)に比べたら、ぜんぜんいいじゃん」と思う女の子もいるのかもしれないが。


ところで、プリマ・ラヴォスなど、レディーなラヴォスについムラムラしてしまい、お触りをしてしまったら・・・場合によっては、「ラヴォス・ニードル」を食らうことになるかもしれない。

ま、ラヴォスにチカンをしようなどというツワモノはいないかもしれないが、いちおう気をつけたほうがいいであろう。




ということで、秋葉原の「パンティ見せパフォーマンス」ネタと、ラヴォスネタを無理やりに絡ませてしまった・・・

いやあ、ラヴォスのローアングルは、かわいいー、萌えーーー、セクスイー・・・
私もラヴォスに対してはローアングラーかもしれない。

ほんとうは、ラヴォスにパンティーをはかせて、パンチラをやってみたかったのだが・・・あの体型では、はかせようがない・・・
つうか、何も身に着けないのが基本なのだから、ラヴォスでチラリズムなんて不可能である。
>「だから、なんなのだ?」と言われそうだが・・・

もちろん、ラヴォスのローアングルに萌えるのは自分だけであろう。

ふつうは、マールやルッカにミニスカートをはかせ、そのローアングルに萌えるだろう。
サラのミニスカ・ローアングルもいいだろう(魔王に殺されるかもしれないが)

ああ、マヨネーあたりだと、自分からすすんで見せてくれるかもしれない。

そんなことを考えつつ・・・やっぱりラヴォスが一番よね、と自分は思ってしまうのだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


というわけで・・・

どうしてもラヴォスにパンティをはかせることが困難で、意気消沈していたワシだけど・・・ ここにきて、ひらめいた。

ああ、よくクロノがやっている「頭にパンティ」という手があるではないか・・・と。

頭にパンティ


ワシは心の中でほくそえんだ。
さすが、ハヤシ、「くだらなーいプチエロ・クロノネタ」に関しては天才かもしれん。

って、公式のクロノはそういうことはやってない。ワシが勝手に想像しているのだ。


詳しくはここ↓「マヨネーのパンティ物語」
http://www.rock.sannet.ne.jp/kiga2hon-dayo/kurono081.html


ここからはクロノ・プチエロ・パンティ語り♪

パンティ・・・
ラヴォスならば、きっと「お口」に・・・

うむ、お口にならば、ちょっと無理してでもラヴォスにパンティをはかせられるに違いない。
なぜ「お口にパンティ」なのだ?・・・いや、なんとなくだ。


そこで、パンティといえば、まずマヨネーのパンティ・・・である。
でも、なぜ「まずマヨネー」なのか?・・・いや、なんとなくだ。


うむ、マヨネーのパンティは、ラヴォスにとっては、いかがなものだろうか・・・想像が付かない。

ちなみに、マヨネーのパンティはいつも過激な勝負パンツかもしれない。

だとすると・・・
過激な勝負のにおいを嗅ぎ取るに違いないラヴォスの本能・・・そんなラヴォスの敏感であろう「お口」に、過激な勝負のにおいのするマヨネーのパンティをはかせてしまったら・・・ひょっとしたら「戦闘モード」に入るかもしれない。これは、ちょっと迷惑である。

マヨネーの過激な勝負パンティを、ラヴォスに近づけないほうがいいかもしれない。

それに、勝負パンティを近づけても、パンティは、分子レベルに分解され、消滅してしまうかもしれない。
せっかくの勝負パンティなのに・・・これは、とても、もったいない話である。


だが、そもそも・・・もしも、マヨネーが、過激な勝負パンティを「魔王さまへのために・・・」と思っているなら、過激なパンティは、かえってNGであろう。

そう、死すコン・・・いや、シスコンとウワサされている魔王さまの、上品で清楚なサラ姉さんが、過激なパンティをはくはずがない。はくとすれば、母親ジールのほうであろう。

ジールは、魔王さまの哀しき敵なのだ。そのジールが好んではきそうな過激な勝負パンツは、魔王の逆鱗に触れる、かもしれない。

もちろん、魔王さまに「過激な勝負パンティ」を頭にはかせようものなら・・・やはり戦闘モードに入ってしまうかもしれない。これも、ちょっと迷惑である。

ちなみに、サラ姉さんのおはきになるようなものが、魔王さまの好みであろう。


いや・・・でも、もしかしたら・・・

ひょっとすると・・・布製ではなく、皮のパンティが魔王さまの好みかもしれない。

ま、皮のパンティがどのようなパンティなのか、そもそも、それがパンティといえるのだろうか・・・

しかし、皮のパンティが、もしも魔王さまの好みだとしても・・・色には気をつけたほうがいいかもしれない。

皮のパンティが、黒だったら、それは「女王様」のパンティ・・・という感じがする。

なんだか、ジールも好んで、おはきになりそうである。

なので、皮のパンティは、魔王さまの皮パンと同じ色が無難であろう。そんな気がするのだ。


たかがパンティ、されどパンティ・・・

関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。