ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、この「困ったちゃんシリーズ」だが、ややもすると、ある特定の性格・性質をもった人をネタにする、あまり品がいいとはいえないネタでもあり、感じ悪い管理人にも思われる人もいるだろう・・・が、公に語りにくいテーマだからこそ、ここはフリーザのような管理人が語ってみようと思う。

何度も書くが、これは私の視点から見たことであり、前の同じテーマで書いた内容と重複部分もあるが、そこはお許しを。


いやあ、私の場合は、被害妄想者に対し、最初は「どんな人であれ話せば分かる」「最初から警戒し、無視するのはよくない」などと甘く見ていたところもあった。

んで、昔、何度か被害妄想者にやられてしまい、いい人ぶっていたことに罰が当たったのだろう・・・大いに反省し、今に至る。

ふ、フリーザがいい人ぶってどうする・・・あれは、きっと天罰だったのだ。フリーザ・ハヤシよ、目を覚ませ、と。


で、改めて・・・
他でも、攻撃型の被害妄想者にいわれのない怒りを買い、サイトや人間関係を荒らされたり、あることないこと黒いウワサを流されたらしく、知らないうちに被害に遭っている人がけっこういることが分かり・・・もう少しこれについて語ろうと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

被害妄想者に一方的な黒いウワサを流され、腹立たしい思いをしている人も多いだろう。
あるいは、そういったことに懲りて、あるいは自己防衛のために、その周辺から遠ざかった人もいるかもしれない。

黒いウワサが流され、それを受け取る方は、そういった悪いウワサを流されてしまったほうにも非があるのでは、と思うだろう。

もちろん、被害妄想者に黒いウワサを流されてしまった人やその人が仕切るサイトやコミュニティと被害妄想者との間にいざこざがあったのは確かだろう。

が、それは被害妄想者が妄想によって引き起こすトラブルであったり、被害妄想者の失礼な言動に怒ることもあるし、交流を絶つことになる。

そこで、被害妄想というものが、どういうものか・・・もう少し考えてみる。



では、まず、
前の方の記事「被害妄想についての考察」の中で、体験談その2「被害妄想者Bさん」の話をしたが、そのことについて、もう少し詳しく話そう。




「体験談その2」より引用ーーーーーーーーーーーーーー



あるとき、私は、ある集まりを個人的に主宰した。
当時、私はある団体に所属しており、その仲間の人も何人か、参加希望をしてくれた。

その中のひとり、参加予定だったBさんが、参加できないと言ってきたので、「了解しました」とメールで返事をした。

そのことで、Bさんは「ハヤシさんは、私が参加できないことを喜んでいた」というようなことを、団体内の他の人に言っていたという。

ただし、それを聞いた人は、私のこともよく知っているので、Bさんの言うことは鵜呑みにせず、「なぜ、そう思うのか」を詳細を聞いた。

Bさんは、私の「了解しました」という簡単なメールが気に入らなかったらしく、「参加できなくなったことを喜んでいるに違いない」と捉えたらしい。

私からすれば「そんな馬鹿な・・・」である。
「参加できない」に対し、「了解した」と返事したことが、なぜ「参加できないことを喜んでいる」ことになるのか・・・悪く捉えすぎる。それとも、そういうふうに私を捉えているのか、とも思う。

もちろん、Bさんの話をきいた人も「ハヤシさんは当たり前のレスをしたまでで、そんなふうに思われてないですよ。」と諭してくれたという。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用終わり。


では、Bさんを諭してくれた人をCさんとしよう。

Cさんは、Bさんを攻撃しているわけでも、非難しているわけでもない。ただ「ハヤシさんは、Bさんをそんな風に思ってないですよ」というのを言いたかっただけだろう。

なのにBさんは、そういうCさんに「・・・Cさんは、ハヤシさんの味方をするんだ・・・」と返したらしい。
そのときCさんは絶句してしまったという。

被害妄想に陥ると、誰の言うことにも耳を貸さなくなるのだろう。それどころか、被害妄想者の意見や考えに異を唱えると、「敵」になってしまうようである。

被害妄想者の言っていることに異を唱えたり、また、被害妄想者の気に入らないことをしてしまうと、被害妄想者から「あの人は、私を嫌っている」と思われてしまうのだ。

が、被害妄想者に同調し同意し、気に入るような交流をしないと、被害妄想者に「私はこの人に嫌われている」と思われてしまうなんて、付き合うほうはたまらない。

事実、Cさんも、Bさんの被害妄想の犠牲者になった。
べつにCさんは味方でも敵でもなく、「私はこう思いますけど・・・」と自分の考えを言っただけなのに。


なぜ、被害妄想者は、こうも悪く捉えるのか・・・
根底に「自分が人から好かれるはずがない」という思いがあるためなのだろうか・・・
おそらく、今までも同じようなことを繰り返し、多くの人から嫌われたり、引かれたりしてきたためだろう。

しかし、そんな被害妄想によって、ワケの分からない怒りをぶつけたり、他の人にあることないこと悪口を流したりすれば、嫌われるに決まっている。

嫌われることをしている、という自覚はないのか・・・

と、ここが、かなり不思議であるが、

被害妄想者は、「先にあちらが、『何も悪いことをしていない私』を嫌ったのだ」と思い込んでいるのかもしれない。

そして、あることないこと悪口や黒いウワサを第三者に流すことについては「ほかの人に相談しただけだ」と。
怒りをぶつけるのは、あちらが私を悪く思っているから正直に本音でぶつかっただけだ、と。

で、結果的に相手に絶交されてしまい、被害妄想者は「やっぱり、あの人は私を嫌っていた」と考え、「被害妄想だった」とは反省しないだろう。
そして、また、ちょっとしたことで被害妄想に陥るのだろう。


攻撃型被害妄想者とは、話し合いで解決するのは困難である。
こちらがとりあえず謝り、場を収めても、また同じことを繰り返す。
もちろん、被害妄想者に厳しく非を問えば、火に油を注ぐようなもので、さらに荒れるだろう。

感覚や常識がまるで違う。
被害妄想者から離れて、完全に引くしか、対処方法はないように思う。


が、そのことについて、「いくら困ったちゃんだからって、そのように排除するのはいかがなものか?」と思う人もいるだろう。

と、ここで、いつも思うのは・・・
被害妄想者と、それによる多数の被害者がでて、多数の被害者が同調し手をとり合い、被害妄想者を責めたり、被害妄想者への愚痴、悪口をこぼしたり、あるいは被害妄想者から引くことになれば、
被害妄想者は「いじめられている」ことになるのだろうか・・・?

経緯を知らない第三者がみれば、おそらく「多数がひとりをいじめている」と見えるのだろう。

「話し合いをすれば分かり合える」という人もいるかもしれないが、
しかし、話はかみあわず、被害妄想者に異を唱えたり気に入らないことをすれば、被害妄想者は「私を嫌っている」と思い込み、さらに事態を悪化させたり、あるいは、いちおう収拾したかに見えても同じことをまた繰り返すのは、今まで書いてきた通りである。

「排除するのはいかがなものか?」「いじめではないのか?」と言われても、それぞれが自衛のためにそれぞれ引くことになるのは仕方ないことかもしれない。
それが結果的に「仲間はずれにしている」ということになるのだろう。

嫌なことをする人とつきあわないといけない理由はどこにもない。
「引く=拒絶=いじめ」だとすれば、「いじめられるほうにも原因がある」というのは、こういう場合を言うのかもしれない。

私は、こういったタイプの「被害妄想者」に遭うまでは、「いじめられるほうに原因がある、というのは間違っている」と思っていたけど・・・ちょっと見方が変わってしまった。

もち、「いじめられるほうにも原因がある」というのは、基本的に言ってはいけないことだけど。

人に嫌なことをすれば、嫌われるのは仕方ないことで、これをやめてくれない限り、双方の話し合いによる解決方法はないように思う。

そもそも、これは被害妄想者自身の問題で、嫌な思いをし被害を受けた者が解決しなくてはいけないことではない。




そして、これは私の経験上、思ったことだが・・・(注・ネットやサークルなど出入りの自由な開放的な趣味の場においての話。やめたければいつでもやめることができる場での話だ)

複数の人たちが言う「一人に対する愚痴、悪口」は、本当のこと、事実である可能性は高く、
また、一人の人が言う「複数の人に対する愚痴・悪口」は、被害妄想、嘘、でっちあげである可能性が高い。

そして、もし複数の人たちと、それぞれいざこざがあったのなら、その人自身に相当の問題があるということだ。




それにしても・・・
被害妄想者の同一人物による同じ行為、そして同じ結果を招く(交流相手に嫌われて切られる)という繰り返しを、また今、ほかで見聞きして思う。懲りないのか?むなしくならないのか?と。

が、今まで私が考察してきたように、被害妄想者が、妄想とコンプレックスにより無自覚にこういうようなことをしているのではなく、
もしも、楽しんで、または鬱憤晴らしで、自覚してやっているとすれば、相当、高度な荒らしだと思う。ネットであれば、次のターゲットは簡単に見つかるし、同じ行為を仕掛けられるだろう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネットの場においての対処方法

もしも、また被害妄想者に遭ってしまったら・・・自分の場合はどう対処していくか、書いておこう。

さすがに今までの経験から、「これは、被害妄想者かも、と思ったら、トラブルにならないうちに引かないと・・・」と考える。

昔は「話せば分かる」と甘いことを考え、ついつい被害妄想者と付き合ってしまったが、「話せば分かる相手ではない」ということで、早々に警戒し、距離をとるようにするだろう。

しかし、だからといって、いきなり無視はできないので、(ある程度、交流しないと被害妄想者=トラブルメーカーかどうかは分からないので、どうしてもある程度、交流することになるだろう)
個人的なやりとりはできるだけ避け、メールなりメッセージなりを受け取っても、レスはできるだけ返さない。

こちらがレスを返さないのに、何度もメールやらメッセージやらを送りつけてくれば、積極的=粘着型・被害妄想者で、トラブルになる確率は高い。

攻撃型であれば、どうしてレスしてくれないのか、とかモンクを言ってくるだろうし、自傷型はお詫びを重ねてくるだろう。

自分が管理するサイトのBBSやコメント欄など公の場での接触を受けた場合は、内容が問題ない限り、当たり障りなく短めにレス・・・
被害妄想者による書き込みが攻撃的なモンクや、問題発言になったら、一時、閉鎖をしてもいいだろうし、アク禁、書込み禁止機能がついていれば、それを使う。

そして、攻撃型・被害妄想者の場合は突然、ワケのわからない怒りをぶつけてくるときがあるが、
そういうときは挑発にのらず・・・かといって謝る必要もないので、「おっしゃっている意味が分かりません」と答え、「あまり良い空気とは思えないので、お互いのために距離をおきましょう。今までお付き合いいただき、ありがとうございました」と告げる。

それに対する相手のレスは待たずに、個人的やり取りも、公でのやりとりもしないということで、コメント欄やBBSなどの一時閉鎖、アク禁、書込み禁止、受け取り拒否などなど、あらゆる手を使って絶つしかない。


謝る必要がないと思うのは・・・
ふつう、相手に何か不愉快な思いをさせたのは、こちらにも気づかない落ち度があったのか、と謝るが・・・
被害妄想者に対する場合は、こちらが謝ると、ますます図にのってしまう。被害妄想者は自分の怒りが相手に受け入れられた、相手に非があることを認めさせた、と思うだろう。


相手のレスを待たずに、アク禁、書込み禁止などで完全拒絶することに、「いきなり、そこまでしなくとも・・・」と思う人もいるかもしれないが、同じトラブルを繰り返すのが被害妄想者である。


話し合いは通用しない。

まず「やんわり注意」は通じない。被害妄想者とのやりとりを長引かせ、事態悪化につながる。
被害妄想者はしつこく何か言ってくる。
それどころか、ある程度時間がたつと、何事もなかったかのようにコンタクトをとってくる場合がある。あの怒りや失礼な言動は一体何だったんだ?と、こちらも面食らう。

でも、ここでうやむやにし、付き合いを続けても、また同じことが起こる。被害妄想者は懲りることなく同じことを繰り返すのだ。自重するということを知らない。

「キツク注意、警告」をすれば、攻撃型・被害妄想者はさらに怒る可能性が高く、こちらの発した警告について「言い方がキツイ」「傷ついた」と責めてくるだろう。
そして、他の人へ流すであろう愚痴、悪口のネタにされてしまうかもしれない。

ましてや、こちらもぶち切れて感情的に対応してしまったら、それはもう被害妄想者が第三者へ流すだろう悪口の格好のネタにされまくってしまうだろう。

なので、そうならないうちに個人的にも公にも一切やりとりをしないという拒絶方法をとる。

被害妄想者によって「愚痴や悪口、黒いウワサ」を聞かされた第三者は「絶交されたのは、それなりの理由があったからでは・・・」と、ちょっとは察してくれるかもしれない。

まあ、でも、被害妄想者側に都合のいいように変えられた話を聞かされているだろうから、
「ちょっとしたことで交流を絶つような狭量で気難しい人」って思われる可能性もないわけではないが・・・そう思われたら思われたで仕方ないと割り切る。

そう、被害妄想者によって、自分があまりよく知らない第三者へ、あることないこと悪く言われてしまうことについてはお手上げである。

あまりいい気持ちではないが、その第三者の方がどう受け取るかは、気にしないようにしたほうがいいだろう。
被害妄想者に関わってしまったのが、運が悪かったのだ。

その第三者の方も、その被害妄想者の妄想によってワケのわからない怒りを買えば、「聞かされていた他の人に対する悪口や愚痴や黒いウワサも、この被害妄想者のでっちあげ、妄想、嘘かも・・・」と分かってくれるかもしれない。


なお、自傷型・被害妄想者への対応は、「やんわりではなく、普通に警告」、それでも駄目だった場合、「キツク警告」する。そこで、おそらく引いてくれるだろう。引いてくれなければ「アク禁」など完全拒絶をすればいい。

自傷型被害妄想者とは、単に「こちらは疲れてしまい、自傷されても困るし、もう付き合いきれない」というだけで、攻撃型ほどの被害はない。


というわけで
攻撃型の被害妄想者との付き合いはとても難しい。

早々に距離を置き、引くというのは冷たいやり方だろうが、今まで語ってきたとおり、仕方ないと思う。長引かせれば、周囲を巻き込み、被害が大きくなる。

「ちょっとしたことで拒絶する」のではなく、「ちょっとしたことではないから拒絶する」のである。

だいたい、交流やコミュニケーションを求める者や、それを提供するコミュニティサイトなどの管理人が、ちょっとしたことで拒絶するということはありえない。


もしも、被害妄想かどうか分からない時点で、他の人への愚痴、黒いウワサを聞かされたら・・・
それが複数人に対する愚痴・悪口ならば、被害妄想の可能性が高いと思ったほうがいい。

愚痴や悪口を言っている本人こそ、その複数の人たちと問題を起こした人ということでもある。
他の人たちのいざこざ、黒いウワサも、流している本人の一方的なゆがんだ見方、でっちあげの可能性が高い。


もちろん、被害妄想にも、いろいろタイプがあるのだろうが・・・
自分が遭ったのは、積極的にコンタクトをとってくる攻撃型・自傷型という2つのタイプであった。
消極的な被害妄想者もいるだろうけど、消極的なので、交流というところまでいかず、このようにトラブルになることはあまりないのかもしれない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて、こういった考察?記事は、「上から目線だ」と思われがちですが、
考察は、対象から距離を持って、引いて観察することになるので、そういった印象になるのは仕方ないと考えてます。
その辺はご容赦いただければと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追記(2008年12月)

上記で

『自傷型被害妄想者とは、単に「こちらは疲れてしまい、自傷されても困るし、もう付き合いきれない」というだけで、攻撃型ほどの被害はない。』

と書いたが・・・2008年7月から8月にかけて、お詫び自傷型の問題人物より、いろいろと悪戯を仕掛けられ、アクセスブロックをしたが、相手はIPを次々に替え、アクセスブロックも無効にするほど粘着してきた。今度は警告もきかず、相手を完全遮断するために、ブログの全コミュニケーション機能を閉鎖せざるを得ず、結局は一番被害が大きかった。

その件に関する記事はこちらです。

関連カテゴリー記事集
「お知らせ・コメント欄閉鎖関連記事」

関連記事
「かまってちゃん(その3)」
「かまってちゃん(その4)」
「かまってちゃん(補足編)」
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。