ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原稿料について、自分の思うところを書いてみよう。

HPにも書いてあるけど、小学館の少年サンデー「音吉」は1989年末から始まったが、原稿料は(白黒)1万円だった。カラーはいくらだったか忘れてしまった。というか、4色カラーは描いたことがないような・・・2色は、たしか13000円だったっけ・・・

アシスタントは2人ー3人。というか、それ以上は、部屋に入りきれないし・・・

アシスタント代は1人1日1万円。最低でも原稿を仕上げるのは3日-4日かかる。
あるとき、「空港」を描いてもらったとき、丸1日かかってしまい・・・つまり1日1コマしかできなかったということもあった。

で、1日1万円ということは、時給1000円ならば、10時間労働ということになるが・・・まあ、食事と睡眠以外は、仕上がるまで仕事ということになるので、労働時間は当然10時間以上になる。

となると、普通のバイトのほうがいいというわけで、アシスタントもなり手がなかなかいない、というのが当時の状況だった。

けど、1日1万円が、相場だと聞いたので、私もそうした。
(ちなみに、私はアシスタント経験がない)

今は、全体的にさらに絵のレベルも上がっているし、週刊連載ならば、アシスタントは4人いないとツライだろうな、と思う。
んで、おそらく、アシスタント代はもっと支払うことになるのだろう。
安心して任せられる腕のいいアシスタントさんであれば、専属として、かなり支払っているだろう。

なので「ガッシュ」の漫画家さんの原稿料の安さ(白黒13000円、カラー17000円)に驚いた。アニメにもなった人気作品なのに。

ちょっと、記憶が曖昧で、不確かな情報だけど、10年くらい前、「コミックバンチ」では、たしか白黒1枚20000円だと、話に聞いたことがある。

マンガを描く作業は、アシスタントなどの人件費がかかるし、それくらいの原稿料でないと、やっていけないでしょ、ということで。

で、たしか、アシスタントも、編集部が責任をもって集め、漫画家には作品を描くことだけに集中してもらう、アシスタント探しに漫画家が苦労しなくてすむようなシステムにしている、と聞いたことがある。(確かではないし、ずっと昔の話である。今はどうだか知らない)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記

原稿料1万円でも、雑誌が売れたとしても、出版社としては赤字なのだそうだ。
単行本の売り上げで、黒字にもっていくのだろう。

なので、雑誌に連載されるだけでは、原稿料1万円でも、出版社としては赤字で払ってやっている、ということなのだそうだ。

関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。