ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイディアが盗まれることについて。

http://www2.atchs.jp/test/read.cgi/takekumamemo/119/

↑の、どこかしらにも書いてあったけど・・・
やはり、よくあることなのかもしれない・・・漫画家の卵や、新人さんのアイディアや内容を、編集者が盗み、ほかの作家にそれを描かせてしまうというケース。

私はやられたことはないけれど、そういう話は聞いたことがある。

このことを以前、HPで話題にしたことがあったが、
「盗まれる、ということは、結局、その人を採用するに値しないから、編集者が認めるほかの作家にアイディアを売ってしまったということである。盗まれたというその人に実力さえあれば、そのまま採用されたはずだ。要は盗まれた側に、実力がなかっただけの話だ」と厳しい意見もあった。

ちなみに、採用されたほうの作家は「べつの作家から盗んだアイディア」とは知らずに、編集者から「こんな話はどう?」という感じで、あくまでも編集者のアイディアだと思っていたのかもしれない。

が、まあ、やっぱ盗まれた方は悔しいし、傷つくだろう。

あるいは「お前の考えている話やアイディアなんて、他の人にも考えられる程度の話なんだよ」
ということなのか・・・
「だから、もっと絵の上手い者に描かせるのだ。絵の下手なお前が悪いのだ」とか?

ま、そういうことをする編集者はごくわずかだと思うのだが・・・

ワシはそういうことされなくてよかった。
いや、盗まれるほどのものじゃなかったから、かもしれないがw
(つうか、ワシにしか描けないようなネタだったと思う。このことは、また次回の記事にて。)


「お前の実力がないから悪い」というのは簡単だけど

それを言うと、マンガの世界に限らず、強者の思いのまま、弱い立場の者は利用され搾取され、弱いから悪いのだ、と、それがまかり通る社会になってしまう気がする。

もちろん、それが世間というもので、仕方ないことかもしれないが(苦笑)

漫画家志望者はこういったこともあるかもしれないと覚悟しておいたほうがいい、ということなのだろう。
まあ、アイディアを盗まれる不運な人は少ないとは思うけど。

おそらく、漫画界だけでなく、いろんな世界でもこういったことがあるのだろう。

だから、「よくあることだ。そんなことでいちいち落ち込むな。甘い」という強者もいるのだろうけど、
落ち込むのは当たり前だ、と私は思う。せめて、どこかに気持ちをぶつけたい、ということで、愚痴をこぼすくらいは仕方ないのではと。

ま、そういうことも覚悟の上で、それでも漫画家になりたい、という人が残っていくのかもしれないが。

関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。