ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/08/post_7650.html
このアニメ・・・原作者の方もかなり「失望した」ようである。
↑「きっこの日記」に原作者の方の翻訳されたコメントが紹介されている。


では私の感想を書こう。(「ゲド戦記」感想だけど、最後はしっかりクロノネタに絡ませよう)


ゲド戦記・・・まあ、巷では「酷評」だったし、
なのでDVDレンタルもせずに、テレビに落ちてくるのを待って、見てみた。

正直な感想は、もちろん巷で言われるように
「意味がわからん・・・ヒロインはなぜ龍になる?なぜ生き返る?主人公はなぜ立派な父親を刺した?そして、不思議な術(魔法)があって、なんでもありな世界。・・・おまけに影とは何?本当の名前って?」と、「?」がいっぱい。

というわけでキャラに共感もできないし、魅力も感じないし、物語は説明不足、なんでもありの世界。

DVDに録画し、食事しながら、あるいは繕い物しながら、「ながら」で見た。
それでも一気に見るには退屈で辛かったので、じゃあ後半分は明日・・・てな感じ・・・

ただ、「ハウルの動く城」も同じレベルだった、と個人的に思う。
「ハウル」も、魔法あり=何でもありの世界で、説明不足、キャラに共感できない、魅力がない・・・
「もののけ」も、キャラに共感できず、説教臭い話だったし・・・

なので、これら「宮崎父作品」に較べて、息子の作品がそんなに下だ、とも思わない。

ただ、宮崎父のほうは、過去「ナウシカ、ラピュタ、魔女の宅急便、トトロ、千と千尋」と面白い魅力的なジブリ作品を作っているが・・・
>ナウシカはともかく・・・ジブリは、子供が主人公の作品は、はずれがなく面白い。

ま、宮崎父も、ゲド戦記と同じような「ハウル」のような作品を作っていたのだし
息子のほうも、一作品だけで評価するのも、かわいそうな気もする。

とはいっても・・・ゲド戦記、思ったほど酷くはなかった。

「ハウル」や「もののけ」よりつまらない、退屈なのだろう、よっぽど意味不明な話なのだろう、と思っていたから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて
「クロノネタではないではないか、クロノネタは終わりか?」と思ったそこのあなた、これからクロノネタに絡むのじゃ。

そう・・・意味不明、説明不足、説教臭い、キャラ(多すぎて)共感しづらい、セリフが哲学的といえば、クロノクロスである。

ああ、クロノクロスに「ゲド戦記」を絡ませるとはーーーーーっ
>だって似てるんだもの。

いやいや、この2作品、期待が大きすぎたから、酷評につながったのだろう。

ゲド戦記だって、ほかのアニメ作品などに較べて、そんなに酷いか?となると、それほどでもない。
いいところもあるし、絵はそこそこきれいだし(龍の描写はよかったと思う)、音楽もまあいいし・・・説教臭いとはいえ、それぞれのキャラは、いいこと言ってる。本当なら、感動的で印象に残るセリフとなるだろうに。

うむ、まさに、クロノクロスと一緒である。

キャラの描写がうすく、意味不明、説明不足で、共感しづらいので、哲学的なセリフが生きてこない。なので説教臭く感じてしまうのだと思う。>少なくとも、自分はそう感じた。

ゲド戦記は、ジブリ作品という期待が、酷評につながったのだろう。
クロノトリガー続編またはクロノシリーズという期待が、クロノクロス酷評になってしまったように。

けど、ゲド戦記もクロノクロスも、「いいと思う、面白かった、けっこう好き」という感想の人もいるし、賛否両論といったところか。

哲学的=小難しい、意味不明、説明不足な作品は、たいてい酷評されてしまうものなのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記1
「ポニョ」の評判

ポニョの批評を、あちこちで聞いたが、なんだか「微妙・・・」らしい。
「ハウル」と同レベルという感想もあった。
うーん、となると、私的には期待できないかも。

画像はすごいらしいけど、お話が・・・説明不足、意味不明なところも多いらしい。
自分はこういうタイプの話は苦手。

脚本は「ハウル」「ゲド」と同レベルということで、テレビに落ちてくるのを待つことにした。

いやあ、子供向けなのだろうと思っていたから、ラピュタ、トトロ、魔女の宅急便みたいな分かりやすいワクワクするような作品を期待していたけど・・・

ところで・・・
http://blog-imgs-21.fc2.com/s/l/p/slpy/viploader715607.jpg >ぽにょ・・・お魚ソーセージに・・・

いやあ、これも笑えたけど↓
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/0/6/06d556c1.jpg ・・・すごいぬいぐるみだ。

ああ、それよりも、ワシはプチラヴォスのぬいぐるみが欲しい・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記2
「ハウル」感想

テレビにおりてきた「ハウル」を見たのだが・・・
うーん、かなり「・・・」であった。

解せないのが、戦争の描き方。
主人公の街が焼かれ、戦争中だというのに、主人公は自分の妹や母親の心配をこれっぽっちもしていない・・・ (疎開していた?それでも・・・ねえ・・・)

主人公の頭はハウルのことで一杯のようだ・・・

そして、最後、ハウルの師匠のサリバンがなぜか、唐突に「このばかげた戦争を終わりにしましょう」などと言い出すのだ。
戦争を軽く描くな・・・と思った。

なんで戦争を始めたのかも、物語中で語られていないので、「終わりにしましょう」という理由もわからない・・・軽く初めて、軽く終わりになった戦争。

画面上では人が死ぬ場面は全く描かれていないし、よって、戦争の悲惨さも描かれてない。

というか、主人公が一番分からない・・・
妹と母親のこと・・・心配じゃないのか? 出てこなかった。

魔法使いも混在して、その掟や世界観もよく分からない・・・「なんでもあり」の世界に見えた。

主人公に共感できない、物語で何が言いたかったのかも、よく分からない、何が描きたかったのかも分からないお話であった。

「もののけ姫」も、なにも解決しない話で、当然主人公たちにも共感できず「・・・」であったが、それでも「訴えたいこと、言いたいこと」は分かった。が、ハウルは、それもよく分からない・・・

気の持ちようで呪いが解け、若々しくなるってことか?気の持ちようが大切ってこと???

まあ、少なくとも・・・戦争は描かないほうが良かったのでは、と思う。 軽く扱うべきじゃないだろう。
>最後、お城を仕切っているのか魔法使いが唐突に「この馬鹿げた戦争は終わりにしましょう」って言って、めでたしめでたし?

戦争が馬鹿げていることが身にしみて分かった、というシーンもないので、 「じゃあ、なぜ、馬鹿げていると分かっている戦争を始めたんだ?」と思う。
あまりに唐突でめちゃくちゃ違和感であった。

そして、「ハウル」があんまり面白くなかったのは、キャラの目的がいまいちわからなかったことが一番の原因かもしれない。

主人公は、それほど強く、「老婆にされた呪い」を解きたいと思っていないようだったし(セリフでは元に戻しなさいよ、と言うが、あんまり真剣じゃないような描写に思えた。老婆も悪くない、と受け入れるようなセリフもあった)

ハウルも目的が分からなかった。
何と戦っているのかも、よく分からなかった。
何を目的に戦争をしているかが分からなかったからだろう。

主要キャラの目的がよく分からない。あるいは真剣みがない。
敵が分からない。だから何で戦っているかが分からない。

いや、最終的に、「お互い守りたい」という目的があっただろうが、戦っている敵のことがわからないのと、なんでもありの世界だったのでシラケテしまい・・・

これほどキャラに共感が全くできない話もめずらしい・・・
だから、物語がつまらないと思ってしまったのだな・・・

・・・なんだかなー「ハウル」はちょっと、いただけなかった。
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。