ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノや音楽に関する記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月15日
合唱にはまってしまい・・・
音楽仲間より、こんな合唱曲もあるよ、ということで紹介いただいた曲「COSMOS」http://www.youtube.com/watch?v=0ALpzRLZE0M
私は初めて聞く曲だけど、なんだかすごく懐かしい感じがする。

というわけで、NHK全国学校音楽合唱コンクール、先日の連休にやっていたのを、ちらっと見た。おもに「中学校」
いやあ、松戸市立第一中学校、35人で11パート・・・1パート3~4人ということじゃないか~、すごいな~と思った。普通の中学生が、よくやった・・・男子もがんばっていた。(2位に輝いた)

そうそう、合唱部って、男子がなかなかいないんだよな。
とある中学校は、バスケ部から助っ人として男子が参加していた。それでも全国大会まで進めたのだから、すごい。
もち、女子だけで参加している学校もわりとあった。

あるいは、男子が一人だけとか、2人だけとか・・・ けど、そういう男子って、勇気あるよな~
中学生で男子が一人だけ、大勢の女子がいる合唱部に入るって・・・ややもすると、からかわれたりするだろう。
それでも自分が好きなことをしたいと堂々と活動するって、あの年頃ではなかなかできないことである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月28日
中学時代、校内クラス対抗の合唱コンクールで歌ったことがある「ともしびを高くかかげて」に、はまってしまった・・・ずっと口ずさんでいる・・・
中学時代が一番懐かしいなあ。懐かしく思えるということは、いい学生生活だったってことかな。

昔の記事で「いじめ問題」について語った時、同じ面々が長時間一緒にいる閉鎖的なクラスはなしにして、大学のようなシステムにすればいいのでは、などと言ったことがあるが・・・もしも大学のようなシステムだったら、友だちができにくいかもしれない・・・クラスが目標に向って、ひとつになって、ということもなく、思い出も薄いものになっていたかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月27日
「合唱曲」

ここんとこ、なぜか中学時代の校内の合唱コンクールかなんかで歌った曲を思い出し、楽譜を探して、伴奏しながら口ずさんでみたりしている・・・

「ともしびを高くかかげて」知っている人、いるかな~

♪ともしび手に高くかかげて、みんなで歩いていこうよ、そこにはいる~心通う友だち~
っていう歌詞。すごく好きだった合唱曲である。

合唱は、中学時代にやった曲のほうが心に残っているな、音高時代よりも。
いや、音高時代もいい合唱曲をやったけれど・・・その頃は、もう義務として授業を受けていた・・・心から楽しんでなかった。
中学時代は、合唱、楽しかったよな~。

♪空へ灯をかかげて~私たちはここだよと叫ぼう♪・・・ってところが、とくに好きである。

そう、こんな曲である↓
http://www.youtube.com/watch?v=BwvbcsrN8To&feature=related
昭和49年、高校のNHK全国合唱コンクールの課題曲だったようだ。

ちなみにプロが歌うとこんな感じになるのか・・・
http://www.youtube.com/watch?v=qkFrzZ-Xa34&feature=related
プロは上手いけど・・・ちょっと印象が違うな。
やっぱり、ピアノ伴奏で学生に歌って欲しい・・・

もち、私の場合、中学のクラスで歌ったので、下手だし、男子は音程がとれず・・・
けっこう難しい曲だった。そう、全体的に音程がとりづらい・・・私も今でさえ音程がとれず、しかも高い声が出ず・・・普通の中学生には難しかったと思う。
ほかにユーチューブで、普通の中学生が歌ったのもあったが・・・そうそう、うちもこんな感じだった・・・音程が~って感じ・・・だけど、これでいいのである。プロが歌ったのは、なんだか心に響かない。

校内の合唱コンクールで普通の学生が歌ったもの・・・は、こんな感じ↓
http://www.youtube.com/watch?v=HRkDS-gwe0s&feature=related(これは上手い、なかなかのレベル)

あとは・・・
http://www.youtube.com/watch?v=hSz9T2bOLkc&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=bATyCT47lq4&feature=related
男子、がんばっているな。こういうのが、なんだか心に響く。
たぶん、自分の中学時代を思い出すからだろう。

というわけで、なんか「合唱曲」がマイブーム。さらにユーチューブでこんなのを見つけた。
合唱?「エヴァンゲリオン」http://www.youtube.com/watch?v=R55BjR94P4Q&feature=related

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月4日
「弱点をみつける」

現在の私は、機械的な練習曲(ハノンなど)はやっていない。
ピアノの前に座れば、まずは、人前で演奏するに値する曲=普通の曲を弾く。指慣らしのための練習はしない。(ピアノの練習の順番として、普通はハノン=指慣らしをまずやるだろう)

指慣らしをしないで、いきなり弾くわけだけど・・・もちろん、うまくいかない場合が多い。けど、それが自分の実力なのである。
つまり、一番ダメな状態を知っておいたほうがいいということで・・・どこでミスしやすいか、どこが弾きにくいと感じるか、不安に感じたか、弱点が分かりやすい。

そうそう、病気などで練習を休み、練習を再開したとき、弾けなくなっているところや弾きづらいと感じたところ、思わぬミスしたところも弱点なのだ。
以前は弾けていたけど、ちょっと休むと弾けなくなるところ・・・こういったところは、おそらく本番、緊張した中で弾けば、失敗する可能性が高いだろう。

ある程度、指慣らしをしてしまえば、ある程度、調子よく弾けるのは当たり前である。で、ある程度、調子よく弾けると、【弾けたぞ♪】と思うわけだけど・・・また次の日、指慣らしをしない状態で弾いてみるといいかもしれない。弾けてなかったら(または弾きづらいと感じた)、それは本当はまだモノになっていないということなのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「指の基礎訓練、ハノンについて」

ということで、いつものごとく、メニューはショパンソナタ3番、エチュード10-4、エチュード10-12、ポロネーズOP22をやっている。

昔は、スケルツオ2番3番、バラード3番、エチュード10-8、エチュード25-1、英雄ポロネーズなども維持しようとがんばっていたのだけど、もうそこまで手がまわらない・・・これらの曲はもう今は弾けない。バラード4番も譜読みしていたっけ・・・(遠い目)
練習すれば、これらの曲もある程度まで取り戻せると思うが、根性が続かない・・・いや、根性の前に、手をやられてしまう・・・現在のメニューだけで疲れる。

が、このソナタ3番終楽章は「究極の指の訓練」として「練習曲代わり」にもちょうど良い。
ショパンエチュード10-4も練習しているが・・・10-4の練習をみっちりしても、ソナタ3番終楽章は弾きづらいままだが、反対に、ソナタ3番終楽章をみっちり弾くと、10-4がかなり弾きやすくなる。

私にとって、ソナタ3番終楽章は「ハノン」なのである。
このハノンについて過去にも何度か触れたが、私は高校以降、ハノンはやっていない。ハノンやる暇があれば、まだエチュードの譜読みをしたほうが、譜読みの勉強になる。
ただし、ハノンは、機械的な指の体操、基礎なので、ある程度の年齢までは絶対にやったほうがいいとは思う。ハノンとは「曲とはいえない機械的なもの」なので、音楽性はまったくない。その分、アラが見つけやすい。ごまかしもきかない。なので基礎訓練としてはいい教材である。

けど、ある程度の上のクラスになれば、ハノンの必要性を感じない。
指の訓練になる難曲はたくさんある。ハノンをやる暇があったら、そういう曲を譜読みし、弾けるようになったほうがいいと考えている。(ハノンを演奏プログラムに入れて、人前で演奏することは絶対にないからだ)
そして、上に書いたとおり、「弱点を見つける」には、指慣らしをしない状態で、弾いたほうがいいと思うからだ。

ハノンをやらない理由は、以上の通りである。ただし、初級者、中級者はやったほうがいい。指の訓練になることは確かだからである。上級者は、自分で考えて、自分に合った練習方法を行えばいいと思う。
ま、これは私個人の考え方ということで・・・
ちなみに、辻井伸行さんの先生・川上昌裕さんの考えはこちらです→http://www.masahiro-kawakami.com/blog/index.php?e=537

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月3日
バラエティってほとんど見ないのだけど、夕飯食べていたら、たまたまついていたテレビで「芸能人特技王座決定戦てっぺん」という番組やっていて、芸能人たちが「ピアノ」を演奏するというので、そのまま見てみた。
上手い下手はともかく、緊張感が伝わってきて、思わず真剣に聞いてしまった。

すごく緊張してしまい、ついつい力んで手がこわばってしまい・・・練習通りには弾けず・・・分かる、分かるぞーと思いながら、自分はああいった緊張の場からはすっかり遠ざかっているよな・・・だから、練習もいまひとつ緊張感が足りず、タラタラしているよな、と反省してしまった。
普段はふざけているお笑い芸能人が真剣なまなざしで、緊張しながらピアノを弾いている姿に「やる気」をもらった。

芸能人たちのピアノ演奏が終わり、「さあ、私も練習しよう。やっぱ緊張感って大事だよなー・・・ああ、その前に皿洗わねば・・・」と席を立とうとしたら、
なんという奇遇?でしょう、別の芸能人たちが出てきて、次は「剣道」をやるというではありませんかーっ

なので、そのまま「剣道」を見ることとなった。
挑戦する芸能人たちはそれなりに剣道の腕があり、1級がひとり、2段がふたり、3段がひとり・・・で、それぞれ勝負することになっていた。2段の人は中学高校でかなりの成績をあげ、相当な腕前だというし、3段の人は剣道歴24年だという。(ちなみに、芸能人ってあんまりよく知らないので、名前が思い出せず、申し訳ない^^;)

いやあ、これもすごい緊張感があるなー・・・
動きがあまりに速くて、私にはよく分からなかったが、見入ってしまった。2段VS3段の勝負がすごくて、なかなか勝負がつかず、延長戦を繰り返し、最後には3段が勝った。やぱり3段だからなー、と思っていたら、別の2段VS3段では、2段が勝ってしまった。ほんのちょっとの隙をつかれたみたいである。
ものすごい集中力と反射神経だよなー、と感心してしまった。緊張した場で、あれだけ速い竹刀の動きについていくなんて、すごいよなー、これも鍛錬のたまものなんだろう。

もっと緊張感をもって練習しないといけないよなー、ということで【やる気】をもらい、その後のピアノのお稽古は実に身が入ったのでありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7月18日
ショパンの楽譜が「満身創痍」です・・・とくにショパンソナタ3番のところ。
6年以上練習しているので(もちろん倦怠期もあり、1日に1回しか弾かない日や全く弾かない日もたくさんあった)、1万回以上は弾いている。そのたびに楽譜をめくるのだから、傷むのも当然かもしれない。
しかも、【この夏は練習するぞ】【必ずモノにする】と誓ったので、1日に何回も弾くことになり、何回も譜面をめくることになる・・・ゆ、ゆるせ、楽譜よ・・・

7月14日
ただいまピアノの朝練終えて・・・吐き気がしそうです。
うむ、吐き気がしそうなくらいがんばったのは、学生時代の実技試験前の練習以来か・・・
考えてみれば、今まで練習量が足りていなかったかもしれぬ。
それでも最近はまだ良くて3時間くらいしか弾いてない。学生時代に較べたら、まだまだ物理的な練習量が足りてないかもしれぬ・・・練習せずに「弾けない、無理だ」と思うのは傲慢なことかもしれん、とちょっち最近は反省していたりする。
練習できる環境にいるだけで恵まれているのだから、練習しないほうが損だよな。もうこれ以上は伸びない、と思う前に、もうちょいやってみようと思う今日この頃なのでした。

7月12日
この夏の目標、ショパンのソナタ3番終楽章をとにかく弾けるようにする。人前で弾いても恥ずかしくない程度にまでもっていきたい・・・けど、何度も楽譜をめくるので、おかげで、楽譜がまた傷みそうだ・・・そして、また左の小指の爪が割れて、はがれそうだ・・・
楽譜にはセロテープ、小指の爪にはバンドエード・・・
小指には2重にバンドエード巻いて練習しています。弾きにくいけど、ちょっち燃えているのだ♪

7月9日
この頃、ちょいとピアノの練習をがんばっている。
この前、左手の中指の爪が割れ、今度は小指が割れた。いや、もちろん爪はちゃんと切っている・・・けど、深爪はできないから、仕方ないのだ・・・

7月6日
先日、ヤマハ銀座店へ久しぶりに行ったら、なんと楽譜売り場にクロノトリガーの楽譜があるではありませんかー、しかもバイエル版とDS版の2種類も、それも2,3冊ずつ置いてあった。
さっそく、DS版の楽譜を取り出し、バイエル版にない曲をチェック。
さすがクロノトリガー、今もなお、楽譜が2種、しかも2,3冊ずつ置いてあるのである。狭いスペースに、15年前のゲーム曲の楽譜が、である。

私は自分でアレンジしてしまうが、いちおう「バイエル併用版」だけは持っている。


関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。