ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       リサとセイヤ表紙
今、連載中の 『プライオリティ』http://ncode.syosetu.com/n1557cj/ で、1章の5話目「卒業」で、登場人物の女の子が、友人と同じ男の子を好きになってしまうが、友人とその男の子がどうやら両想いのようだとして、恋をあきらめる=身を引くシーンがある。
 恋愛小説じゃないので、ここはあっさりと話を進めた。

 ただ、現実世界でも、「身を引く女の子」ってわりと多いんじゃないかな、と思った。
 というわけで、闘わずして?恋をあきらめる人を「草食系」と呼ぶのだとすれば・・・「草食系」というものについて、考えてみたので語ってみよう。

「そんなに簡単にあきらめられるってことは、本当にその男性を好きじゃなかったんだよ」と言う人もいるかもしれないが……いやいや、好きだからこそ、身を引く場合もあるのではないかと。
 自分の気持ちを封じて見守ってあげる、応援してあげるケースもわりとあるのでは、と。

 これを男女逆転させてみれば、「ああ、そういうケースあるかもね」と納得する人、多いのではないだろうか。
「寅さん」が、その典型だよね。
 自分の気持ちを押し殺し、身を引く男性は、それはそれでかっこいい。
「本当に好きじゃなかったから、あきらめられるんだよ」などと言われない。

 もちろん……
「結婚しているわけじゃないんだし、あきらめないっ、振り向かせてやる」っていう女性もいるだろうけど、そこまで自信のある恋愛至上主義肉食系女子って意外と少ないのでは、と。

 世間では「草食系男子」が話題になり、「草食系」は男子が多いっていうイメージがあるけど、女子も「草食系」が多いと思う。恋愛至上主義ではなく、友達も大切だし、いざこざを起こしたくない、友達を傷つけたくない、好きになった男性を困らせたくない(嫌われたくない)……などなど。
 なので、もちろん自分の気持ちも伝えないだろう。

 そこで、ふと思った。
 気持ちを言葉で伝えないといえば、日本の、上の世代の男性だが、意外と若い世代も多いのでは、と。そして、おそらく女子も案外多い……気がする。

 何かで読んだのだが、男性は言葉ではなく行動で示すという。
 言葉で伝えても、何だか「軽く」思ってしまうんだそうだ。そんな男性に対し「言葉で言わなきゃ分からない」「言葉が欲しい」という女性も多いけどね……

 ま、素直に言葉にできる人って、男性も女性も世代関係なく少ない気がしたのだ。
 
 というか、寅さんって草食系男子? いや、ちがうよね。でも欲望に突き進む肉食というわけでもないし。
 草食でも肉食でもなく、好きになった人に幸せを願う男、これが寅さんなのだな。

 要するに「草食系」「肉食系」と簡単に分類できないよな、と思いつつ・・・
 寅さんについては表では肉食系(とりあえず気になる異性に臆せず近づく)だが、芯の部分では草食系(相手を思いやり欲望を貫かない、アタックはしない、身を引く)ということなのか?

 で、おそらく、肉食系よりも草食系キャラのほうに親近感がわく人のほうが多いのではないだろうか。肉食系=自信家、草食系=あまり自信がない、という性格付けになってしまうだろうから。
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。