ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスのテロ・・・フランス国籍を持つ移民のイスラム系の過激派の若者が起こしたということで、やはり移民問題はこういった事件を引き起こすことがありうるのだな、と心配になった。

こういうことを起こすのはごくごく一部の少数とはいえ、疎外感や差別(どうしたって、そういう問題は付きまとう。それが現実)、価値観の違いから、憎しみが生まれ、過激な思想に染まり、殺人に至るケースはゼロにはできないだろう。

日本は移民受け入れに慎重になってほしいと思った。
労働力不足から経済低下に陥っても、治安の良さ、安全を優先したい。

左派の人はこういうところは「リスクゼロ」を叫ばないんだな。原発のリスクゼロは叫ぶけど。

ということで、中韓の国を挙げての反日ぶりも警戒したほうがいいかもしれない。
中には日本に憎しみを向ける中国人や韓国人もいるだろう。
大阪で起きた在日コリアンによる日本人無差別殺人未遂事件を思い起こす。

中韓の国を挙げての反日ぶりに、日本人も在日コリアンや中国人に対し、冷たい目を向ける者も出てくるだろう。
左派は、中韓の反日は批判しないが、在日外国人へ厳しい目を向ける人たちを批判する。もちろん、過激な悪質な者も多く、批判は当然だが、日本人だけ我慢しろ、と言っても聞かないだろう。
結果、在日コリアンや中国人の中には、日本人に差別されたという被害感情が芽生え、ますます日本人を敵視する者が少数とはいえ出てくるだろう。

日本は昔、悪いことをしたのだから仕方ない、などと左派のなかには、「だから日本人は我慢しろ」というようなことをにおわれる人もいる。

(北朝鮮拉致事件について、かつて「日本人だって数万人の朝鮮人を強制連行=拉致したのだから」などと大嘘を言う左派も大勢いた。
「だから多少、日本人が北朝鮮に拉致されても、大騒ぎするな。日本はもっと悪いことをしたのだから」という空気が、ずっと昔、あった。
ソフトバンクの孫さんも、昔、そういう発言をしていた。
左派が喧伝した「朝鮮人強制連行説」はそれくらい影響を与えていた。

そういえば、アメリカで、中国が「日本がいかに悪だったか」を喧伝するために、南京大虐殺を教科書の中に取り入れ、アメリカで教育を行っているんだとか。
40万人がむごいやり方で殺された、と大嘘を広めている。
南京市はそもそも20万人しかいなかったのに。
だがアメリカにしてみれば、日本が極悪だったということになれば、原爆投下を正当化できるので、中国のこのやり方を積極的に止めることはないだろう。

韓国も従軍慰安婦問題を世界に広めようとやっきになっている。

中韓が世界で反日、日本への憎悪をあちこちで煽っているのだから、やはり中国人や韓国人に対し、警戒してしまうのも仕方ないだろう。

韓国も、マスメディアは左派(日本を敵国とし、中国や北朝鮮と仲良くしたい)が牛耳っているため、反日がすさまじく、大統領はじめ政治家たちも反日にならざるを得ない状況だという。親日だと知られたら失脚、それだけ反日が徹底されている国だ。一般国民もどうしたって影響受けるだろう。イスラム系が欧米へ敵意を向けるように、中国系韓国系の中には日本へものすごい敵意を向けるものもゼロではない気がする。

価値観の違いからのトラブル、差別問題から、大きな事件に発展するかも。
「差別するな」というのは簡単だけど、中韓の反日ぶりからして、それは難しい気がする。お互いにね。

移民受け入れは相当な覚悟が必要かもしれない。

そして、実は中韓よりも、日本にいる左派に一番警戒しないといけないかもしれないとも思っている。
朝鮮人強制連行説も南京大虐殺説も従軍慰安婦問題も日本の左派から始まったのだから。

韓国の左派が躍起になって反日活動をしているのと同じく、日本の左派も似たようなものかもしれない。
中国は当然として、本当の敵は、韓国ではなく、韓国の左派、そして日本の左派かも。

とまあ、こんなことを考えながら、[[プライオリティ」という物語を綴っているのじゃ。

その「プライオリティ」では、まさにトウア人と移民であるシベリカ人が憎しみ合い、ついにあちこちで凄惨な事件が始まる予兆が起こる・・・ところまで話が進んだ。
(ただ今シーズン2の5章と断章が終わり、エピローグに入るところです。シーズン3では国を揺るがす大規模なテロ事件が起きます)


まずは「プライオリティ」について。
リサとセイヤ表紙

「なろう」で連載中↓
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/

pixivではこちらです。
1~9→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
10~→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

『不戦の民の子孫』と『戦犯の子孫』と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦うお話。
 漫画イラストと小説の融合エンタメ目指してます。
 イラスト挿絵多め。基本シリアス、たまにコミカル。
 異世界が舞台ですが、背景は現代の日本と変わりません。

  シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
  シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
  シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
  シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

 ※物語は基本的にシーズンごとに区切りがつきます。 右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めばそうでなくなります。


短編集「パラレル・プライオリティ日本編」について。
パラレル・プライオリティ表紙

現代日本を舞台に、本編のキャラたちが日本人として登場するコメディタッチの番外編。
内容は、本編とは違い、コメディータッチでほのぼのした話です。
セイヤとリサが、静也と理沙となり、日本の文化や風習を絡ませたり、社会問題にちょこっと触れたり、あるいは何気ない彼らの日常生活を描きます。

短編で、一話一話で区切りがついており、時系列に進むとは限らないので、どの話から読んでも分かるようにしています。

不定期連載中↓
小説になろうサイトより「パラレル・プライオリティ日本編」
ピクシブより「パラレル・プライオリティ日本編」

1話 「聖夜」――理沙と静也のクリスマス。性夜となるのはお約束。そこに至るまでの小さないざこざとは・・・
2話 「大晦日」――お節と夕食作りに励む理沙。そこに込められた願いとは――
3話 「煩悩の年越し」――清い心で迎えるはずだった年越しが――R指定するほどではないプチエッチ入り。
4話 「元日・お雑煮」――むっちりもっちりな理沙の太もも――
5話 「元日・年賀状」――人間関係って難しい――
6話 「セクハラ鏡餅」――下らない戦いに巻き込まれる静也――
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。