ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「後藤さんの命を救え」と 官邸前で200人がアピールしているようだ。

朝日新聞デジタルより転載
【 東京・永田町の首相官邸前では25日夜、約200人が「後藤さんを見殺しにするな」「後藤さんの命を救え」とシュプレヒコールをあげた。「許すな! 憲法改悪・市民連絡会」事務局の高田健さん(70)らが25日正午前、ツイッターで呼び掛けた。高田さんによると、大阪府から駆けつけた女性もいた。

 「I AM KENJI」のプラカードを掲げた横浜市のアルバイト、佐藤真左美さん(55)は「後藤さんを守って、と安倍政権に言いに来た」。東京都目黒区の会社員女性(35)は「自己責任と他人事のように言う人がいる。政府はそんな考えを持たずに交渉してほしい」と話した。

 パレスチナ難民の子どもの支援活動をしている東京都板橋区の主婦岡本彰子さん(54)は、安倍政権に対し「テロに屈しないという主張は一度抑え、人命第一で交渉しないといけない」と求めた】

転載終わり。

・・・こういった人たちが足を引っ張るんだな、と思った。
この様子をイスラム国が知ったら、ほくそ笑むだろう。
もっと安倍政権にプレッシャーをかければ、何かしらの譲歩を引き出すことができるかもしれない。

後藤さんを助けるために、もしもテロに屈したとあらば、その後、さらに日本人は狙われるようになるかも。それこそ危険地域に足を踏み入れていなくても、海外にいる日本人はターゲットにされてしまうかも。

こういった心優しい善人ぶったテロリストの代弁者こそ、社会を危うくしていくのかもしれない。
将来の被害者を生んでいく。

ああ、そうそう昨日、NHKで「日本のほうが(イスラム国に)宣戦布告したと受け取られても仕方ない」と発言した小沢一郎氏にぞっとした。

国会議員の中にもテロリストの代弁者がけっこういるようだ。

一番喜んでいるのはイスラム国側だろう。
テロ行為によって、日本政府が何らかの譲歩をしたり、外交に変更がなされれば、そのテロは成功だ。

そんなことアピールしなくても、今、日本政府は必死で後藤さんを何とか救おうと動いている。
なのに、あえて「そういった善人ぶった活動」をするのはなぜか?

もしかして、安倍政権をゆるがしたいがため、集団的自衛権や憲法改正反対のために、この事件を利用しているのでは、とさえ思う。

だとしたら、彼らこそ「善人という仮面をかぶったおぞましい人たち」かもしれない。

日本政府の外交が左右されるような事件に巻き込まれる可能性が高い危険地域(=今までも外国人を拉致し、その国の政府を脅迫しているテロリスト集団イスラム国が支配する地域)に、個人が行くべきではない。行くなら自己責任。冷たいのではなく、それが『筋』であり、ルールだと思う。

「危険な地域で取材するジャーナリストは必要な存在だ」と言うが、命をかけてまで行くことはない。
紛争地域に自衛隊が行くことには反対するのに、なぜ、ジャーナリストが行くことについて賛同の意を唱えるのだろう?
拉致されれば国が脅迫される可能性があるのに、だ。

北朝鮮だって、ジャーナリストが自由に足を踏み入れ、自由に取材することはできない。これは仕方ないことだと思う。

・・・・・・・・・・
というわけで、善人ぶった理想主義者(あるいは善人の仮面をかぶりながら、別の目的を持っている人たち)が国を壊していく様子を感じつつ、テロ戦テーマにこういった物語を作っているのだった。


物語「プライオリティ」について。
『不戦の民』と『戦犯』の子孫と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦う物語。
リサとセイヤ表紙

※シーズン3に入りました。
工作員によって、その国の国民と移民との憎悪が煽られ、ついに凄惨なテロ事件へ・・・
プロローグでは、工作員の個々の事情が描かれてます。


「なろう」で連載中↓
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/

pixivではこちらです。
1~9→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
10~→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

 架空世界を舞台にしてますが、現代の日本と変わりない世界観になっています。

 漫画イラスト付き。
 謀略策略ありの人間ドラマ。
 基本シリアス、たまにコミカル。
 オリジナル長編小説。

 漫画のような分かりやすさとノリ、小説のような登場人物の心理描写と展開の早さ、読みやすさを心がけてます。

 シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
 シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
 シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
 シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

※次シーズンに橋渡しをしつつも、物語はシーズンごとに区切りをつけます。 各シーズン9万字~11万字程度です。
 はじめのほうは右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めば、実はそうでもありません。

「パラレル・プライオリティ日本編」について。
こちらは明るくユーモアたっぷり楽しいコメディ短編集。

本編「プライオリティ」のパラレルワールドとして、本編のキャラたちが日本人として登場する、現代の日本を舞台にした物語です。
なお、本編を知らなくても、分かる内容になってます。

夫婦愛、家族愛、ほのぼのな日常生活を描きつつ、日本の社会問題を少し織り交ぜながら、ちょっと悪乗りしつつもコメディタッチで描く短編集。
日本の文化や四季折々の習慣にも触れていければと思ってます。

なお、短編として一話一話で区切りがついており、時系列に進むとはかぎらないので、どの話から読んでも大丈夫です。

パラレル・プライオリティ表紙

不定期連載中↓
小説になろうサイトより「パラレル・プライオリティ日本編」
ピクシブより「パラレル・プライオリティ日本編」

1話 「聖夜」――理沙と静也のクリスマス。性夜となるのはお約束。そこに至るまでの小さないざこざとは・・・
2話 「大晦日」――お節と夕食作りに励む理沙。そこに込められた願いとは――
3話 「煩悩の年越し」――清い心で迎えるはずだった年越しが――R指定するほどではないプチエッチ入り。
4話 「元日・お雑煮」――むっちりもっちりな理沙の太もも――
5話 「元日・年賀状」――人間関係って難しい――
6話 「セクハラ鏡餅」――下らない戦いに巻き込まれる静也――
7話 「セクハラ恵方巻き」――恵方巻きにそんな由来があったなんて・・・いや~ん・・・
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。