ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて「原始時代」のお話。

じつは、16回目をアップした後に、ボッシュが恐竜人に誘拐され、それを助けに行く話でもよかったかな。そこでクロノが「天」の魔法を使えるようになる・・・そのほうが話の内容がもう少し濃くできたか。
あまりに「原始時代」の話は簡単にすませてしまったよな・・・などと思ったが、まあ、さっさと話を進めたほうが良いだろうということで、とりあえず進めることにする。

人間と恐竜人の決着がつき、恐竜人は淘汰されていった・・・というところから。けど、こうも考えてみた。

ーーーーーーーーーーーー

恐竜人は、ジール王国時代にはいなかった・・・少なくとも自分は見たことはない・・・淘汰されたのか。
いや、もしかしたら、人間とどこかで交わった恐竜人もいるかもしれない。
原始時代の人間は全員、魔法が使えず、対する恐竜人は魔法が使えた。

長い時の間に、どこかで恐竜人と交わり、その性質を受け継いだ人間が、古代ジール王国時代では「魔法を使える天の民」となるのかもしれない。
ボッシュはそんなことを考えていた。

恐竜人を倒し、勝利を手にしたエイラは、アザーラのことを思っていた。恐竜人とは争い合ったが、長としてアザーラとはどこか通じるものも感じていた。恐竜人のことは決して忘れない・・・生き残りをかけた闘いはこれからもあるだろう。でも決して負けない。それこそがアザーラへの弔いになるのだと。

そんなエイラとアザーラとの闘いを見守ったクロノたちは、原始時代を後にする。
目指したタイムゲートは・・・AD1999年だった。

そして、そこには・・・

関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。