ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短編集「パラレル・プライオリティ日本編」久しぶりに投稿。
8編目の「悩ましき桃の節句
http://ncode.syosetu.com/n2006cl/8/

ピクシブではこちら
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4975563

本編「プライオリティ」が優先されるので、番外編(ほとんど別物)まで手が回らず、更新頻度はかなり落ちてます^^;
それでも本編とは別に、静也=セイヤと理沙=リサの幸せな様子を描きたいということで、なんとか続けているのですが。
あと予定としては4月の桜、5月の端午の節句、7月の七夕、8月のお盆、9月の重陽の節句、11月の紅葉&いろいろまとめ(最終回)の6回になるかな・・・短編なので、いつでも終われるし、始めようと思えばいつでも始められるので気が楽です。

今、イラスト挿絵がない状態なので、あとから付け足していきます。

さて、今回の「桃の節句」では、ひな祭りのうんちくもあるけれど、理沙が妊娠して・・・というお話。
基本「こんな夫婦がいたらいいよね」な話だけど、どちらか一方にとって都合の良い妻または夫にはしていない・・・なので、現実にいるかもしれないカップル像にしているつもりです。

おそらく『心から無理なく家庭優先できる人』『仕事が激務ではない人』同士が結婚すれば、こういった家庭になるのかも、と。

反対に『本当はほか(仕事、趣味)を優先したい人』また『仕事を優先せざるを得ない立場の人』は難しいのかも。

時間的にも余裕がなく、お互い不機嫌で疲れている、ギスギスしてしまうというのも大いにあるだろうな。それでも夫婦二人だけならけっこう上手くいっていたのに(余裕があるから)、子どもができた場合、母親の負担は相当なものなので、ここで余裕がなくなり、父親にも負担を求めたいが、父親も仕事で大変なわけで・・・現実はいろいろありそう。

周りを見ると、未婚者、バツイチ、子供なし夫婦もわりと多い。
人生において何を優先するのか、だよなあ。で、それは不変ではなく、変わっていく。

「パラレル・プライオリティ」では理沙は仕事を続けるのか、やめるのか、作者も悩む^^;
現実問題、理沙と静也には助けてくれる両親がいない。この場合、働きながら子育てはかなりハードルが高い。会社で働いている母親は、おばあちゃんおじいちゃんに助けてもらっているケースがほとんどだ。

世は「ママも働くべき」な雰囲気だけど。

でも、どこかの幸福度調査では、専業主婦のほうが、会社勤めの既婚女性よりも、幸福度が高いという結果が出ていた。ちなみに独身者は一番低い^^;
幸福度が一番高かったのは、自営業自由業の既婚女性だ。

会社勤めの既婚女性、やはりハードで時間的に余裕がなさそうだ。いつもいつも追い立てられ、疲れてしまうのかもしれない。保育園の送り迎えをいつもいつも気にしないといけない。「早く早く」と子どもを急き立てざるを得ない。子どもが病気になった時、会社を気兼ねなく休めない、肩身が狭く、ストレスも多そうだ。

理沙はたぶん仕事をやめるかもしれないなあ・・・

いや、どう生きようが、どっちが上とか下とかはないし、この幸福度調査だって、何を基準にしているのかも分からない。幸福度などその人の気分しだいだ。つうか、まだ平和で飢えることがない日本で生活できるだけで幸せかもしれない。何と較べるかでも幸福度は違ってくるよな。

とまあ、そんなことを考えながら、今回8編目を綴ったのであった。

・・・・・・・・・
物語「プライオリティ」について
『不戦の民』と『戦犯』の子孫と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦う物語。
リサとセイヤ表紙IMG_0001.jpg

現在、シーズン3の第5章「国会襲撃」に入ってます。
主人公らと因縁のある女工作員サギーと最終決戦になります。

「なろう」で連載中↓
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/

pixivではこちらです。
1~9→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
10~→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

 架空世界を舞台にしてますが、現代の日本と変わりない世界観になっています。

 漫画イラスト付き。
 謀略策略ありの人間ドラマ。
 基本シリアス、たまにコミカル。
 オリジナル長編小説。

 漫画のような分かりやすさとノリ、小説のような登場人物の心理描写と展開の早さ、読みやすさを心がけてます。

 シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
 シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
 シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
 シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

※次シーズンに橋渡しをしつつも、物語はシーズンごとに区切りをつけます。 各シーズン9万字~11万字程度です。
 はじめのほうは右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めば、実はそうでもありません。

「パラレル・プライオリティ日本編」について。
こちらは明るくユーモアたっぷり楽しいコメディ短編集。

本編「プライオリティ」のパラレルワールドとして、本編のキャラたちが日本人として登場する、現代の日本を舞台にした物語です。
なお、本編を知らなくても、分かる内容になってます。

夫婦愛、家族愛、ほのぼのな日常生活を描きつつ、日本の社会問題を少し織り交ぜながら、ちょっと悪乗りしつつもコメディタッチで描く短編集。
日本の文化や四季折々の習慣にも触れていければと思ってます。
http://ncode.syosetu.com/n2006cl/
なお、短編として一話一話で区切りがついており、時系列に進むとはかぎらないので、どの話から読んでも大丈夫です。

パラレル・プライオリティ表紙

関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。