ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月3日桃の節句。春と呼ぶには寒い日になってしましましたね。
お赤飯は炊いたのだけど、夕飯はビーフシチューの予定^^;って、すごい組み合わせだけど、ま、これだけ寒いとシチューがいいなということで。

「パラレル・プライオリティ日本編」http://ncode.syosetu.com/n2006cl/ では、日本の風習文化をネタに物語を綴っているけど、実際、この歳になってしまうと、そういったイベントを祝おう、というのも面倒くさく、そういったものから遠ざかってしまう。^^;
パラレル・プライオリティ表紙


けど「パラレル~」で「桃の節句」をテーマに物語を綴っていた時――
小さい子どもの頃、2部屋しかない狭いアパートだったのに、7段の雛飾りをしていたんだよなあ、と遠い昔を思い出してしまった。今考えればすごい。寝る場所に困るほどなのに、7段のお雛様を飾っていたんだよな、と。
やっぱ子どもの時は、そういった行事にワクワクしていたよなあ。お雛様を飾るのも楽しかった。7段なので、なかなか豪勢だったし、物語性があり、空想をかきたてられる遊びだった。


そのうちワクワクする心がなくなっていき、親も面倒になってきたのだろう、小学4年くらいからは飾らなかった。
年をとるにつれ・・・正直、お雛様を飾るなど面倒だし、心も踊らない^^;

なので物語の中だけでも、そういった気分を味わおうということで、ネタにしたのだった。(まあ、物語の中でもお雛様は出てこないけど・・・)

んが、7段雛飾りひな祭りは今思えば、正月の飾り、七夕、クリスマスツリーよりも、すごい物語性に富んだ贅沢な飾りだよなあ。

それなのに、うちのどこかの押し入れに「お雛様」は日の目を見ることなく、ずっと仕舞われっぱなしである^^;

何はともあれ、日本の風習文化をテーマにした物語短編集「パラレル・プライオリティ日本編」の8編目「悩ましき桃の節句」はこちらです。 http://ncode.syosetu.com/n2006cl/8/

・・・・・・・・・・・・

物語「プライオリティ」について
『不戦の民』と『戦犯』の子孫と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦う物語。
リサとセイヤ表紙IMG_0001.jpg

現在、シーズン3の第5章「国会襲撃」に入ってます。
主人公らと因縁のある女工作員サギーと最終決戦になります。

「なろう」で連載中↓
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/

pixivではこちらです。
1~9→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
10~→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

 架空世界を舞台にしてますが、現代の日本と変わりない世界観になっています。

 漫画イラスト付き。
 謀略策略ありの人間ドラマ。
 基本シリアス、たまにコミカル。
 オリジナル長編小説。

 漫画のような分かりやすさとノリ、小説のような登場人物の心理描写と展開の早さ、読みやすさを心がけてます。

 シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
 シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
 シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
 シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

※次シーズンに橋渡しをしつつも、物語はシーズンごとに区切りをつけます。 各シーズン9万字~11万字程度です。
 はじめのほうは右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めば、実はそうでもありません。

「パラレル・プライオリティ日本編」について。
こちらは明るくユーモアたっぷり楽しいコメディ短編集。

本編「プライオリティ」のパラレルワールドとして、本編のキャラたちが日本人として登場する、現代の日本を舞台にした物語です。
なお、本編を知らなくても、分かる内容になってます。

夫婦愛、家族愛、ほのぼのな日常生活を描きつつ、日本の社会問題を少し織り交ぜながら、ちょっと悪乗りしつつもコメディタッチで描く短編集。
日本の文化や四季折々の習慣にも触れていければと思ってます。
http://ncode.syosetu.com/n2006cl/
なお、短編として一話一話で区切りがついており、時系列に進むとはかぎらないので、どの話から読んでも大丈夫です。
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。