ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.asahi.com/articles/ASH3W76FKH3WUTIL04M.html?ref=mixiより

一部転載。

4月の入園募集を始めていた東京都内の認可保育園が、開園を延期していたことがわかった。子どもの声による騒音などを心配した住民から反対運動が起きたのが原因。

転載終わり。

こういったニュースを見ると、「パラレル・プライオリティ日本編」の妊娠中の理沙ちゃんは、仕事を続けるのは無理だろうな、と思ってしまった。

※日本文化、風習をテーマにとある夫婦のほのぼのハートフル・コメディ短編集「パラレル~」はこちらにて。
「なろう」→ http://ncode.syosetu.com/n2006cl/
「ピクシブ」→http://www.pixiv.net/series.php?id=486383

いや、べつにこの「保育園の開園」を反対している近隣住民を非難しているわけではないのだ。

近隣住民にも「静かさを求める権利」がある。
この静かな環境が気に入り、ここに暮らしている人もいるだろう。

子どもの声は、うるさく感じる人にはうるさい。
しかも、保育園ができれば、ずっとずっと10年も20年も『その音』は続く。
「一日中うるさいわけではない。夜は静かなはず」と言う人もいるだろうけど、昼間の静けさを求める人もいるだろう。

が、働くお母さんにとっては保育園は必須。

働くお母さんの権利VS保育園開演に反対の近隣住民の権利

権利と権利のぶつかり合い。
どちらの権利が優先されるべきか、ということになる。

左派の意見を聞いてみたい。

ちなみに右派は、おそらく「個人の権利より公共の福祉が優先する」と考えがちな人は「保育園は必須。近隣住民はわがまま」「女性も働き、日本の経済を活性化させよう」と思う人もいれば・・・
「母親は自分の手で子どもを育てるべき」と古い考えの人もいて、「従って保育園など必要ない」と思う人もいるのだろうか・・・
両方いるような気がする。

まあ、保育園を「公共の福祉」とみるのか、それとも「働くお母さんのための個人的な権利」とみるのかでも、違ってくるのかな?

「個人の権利を大切にする左派」は、近隣住民の権利を優先するのかな?
しかし「子どもを預けて働く女性の権利」ということでは、近隣住民より女性の権利が先に立つのかな?

弱者の権利が優先されるとしたら・・・
近隣住民はお年寄りも多い。
お年寄りと女性、どちらが弱者かな。

『子どもがうるさい』といえば、漫画家の坂本未明さんの「飛行機内で、泣きわめく赤ちゃんに切れて、大騒ぎした事件」を思い出す。

ま、たしかに赤ちゃんの甲高い鳴き声、ものすごく耳に障ることがある。
私もちょっとびっくりし、心臓がバクバクしたくらいだ。すぐに離れたけど、逃げ場のない飛行機の中でやられたら、かなりのストレスであるのも確かだ。
もちろん、お母さんはいたたまれないだろう。何とか泣き止んでほしいだろうし、泣き止ませようと努力するだろう。それでも泣き止まないことがある。

あの甲高い声はキツイものがあるかもしれない。

で、坂本未明さんも切れてしまったようだが・・・
産経新聞のインタビュー記事では、坂本さんはその件について「自分は発達障害であり、パニックを起こした」と答えていた。

発達障害のことをもっと知ってほしい、という主旨のインタビュー記事だった。

が、坂本さんに切れられてしまった赤ちゃんのお母さんもいたたまれず、傷ついただろう。

発達障害には発達障害者の事情があり、権利があるだろう。

けどパニック障害者の怒り、暴言を許容しろ、とも言えない。健常者には健常者の権利がある。

このように、子どものことで怒られ、皆の視線が怖くて、外に出られなくなったお母さんもいるかもしれない。

権利と権利のぶつかり合いは、そこいらじゅうにある。

世間様は、若者の初体験年齢を気にするよりも、恋愛しているかどうか気にするよりも、未婚率を気にするよりも、こういったことを気にしたほうがいいかもしれない。

あ、そういえば芸能人の道端アンジェリカさんが「週1回は子どもを預けて、夫婦二人きりでデートしたい」みたいな発言をしたそうで、賛否両論あるみたいだね。
週1回、預けてもらえるところがあるのならいいんじゃないか、と私個人は思う。

ただベビーシッター、信頼できるかなあ?
ちなみに、私は他人の子どもを預かるのは責任重いし、何かあったら大変だから、いくら高額なバイト代を提示されても断るな。
血縁関係があったとしても、たとえば兄弟のお嫁さんの子どもも預かることはできない。何か事故があったら、やはり、そのお嫁さん(義理の姉妹)とは修復不可能となり、憎まれるだろう。

子どもの世話をする責任は重い。

だから週1回、休みたいお母さんの気持ちもよく分かる。

難しい問題だ。
それでも子育てがこれだけ大変であることが、世間で認知されるようになって、昔の女性よりは恵まれているとも言えるかもしれない。
昔は「子育てなんて誰でもやっている簡単な仕事。遊びと同じ。3食昼寝つき」と言われていたのだから。

とは言っても男性も女性もフルタイムで働きながら育児は、なかなか過酷。若い体力のあるうちでないと、とてもとてもできない気がする。

んで、パパも、ママと同じくらい育児しよう(半分半分)、手伝うんじゃなくて「やる」のが当たり前、ということで、・・・結婚はいいけど子どもを持つことに躊躇する男性」も多くなるかもしれない。
ただ躊躇する、ということは、それだけ「子どものこと=家庭生活を真剣に考えている」ということでもあるんだろうけど。
あまり考えない人は、「子どもはママにお任せ。自分は休日にたまに遊んでやるくらいで済ませよう」と思っているかもしれない。

小さい子どもがいると、自分の時間がほぼなくなる・・・これを覚悟しているパパはどれくらいいるだろうか。(ママと同じくらい育児に参加するのであれば、自由時間はかなり制限される)

離婚した徳光正行さんのことが話題になっていたが、子どものことがネックだったらしい。徳光さんは「まだ先」と考え、元奥さんは子どもが欲しかったのだろう。
けど徳光さんは43歳。一般の会社員であれば、子どもはまだ先、と言ってられる年齢ではない気もするが、そこは芸能人だし、石田純一さんのように、60歳からでも大丈夫、と思っているのかもしれないが。
奥さんの年齢を考えれば、そうはいかない。

やはり一人の自由な時間は大事らしく、離婚した今は自由な時間を楽しんでいるという。
再婚は当分したくないんだとか。「歳とった両親のために結婚する」ということなら考えるかもしれないが、「自分のために結婚は考えてない」と発言していた。

(しかし、両親のために結婚するっていう考えも何だかな・・・介護を考えて、ってことか・・・ま、子育てのほか、結婚すれば、自分の両親はもちろん、相手の両親の介護問題というのもついてくるよね)

結婚の際、子どもをどうするのか、持たないのか、いつ持つのか、など、これってかなり重要な問題だから、話し合い、了解した上で話を進めないといけないのかもしれない。

そういえば、知人の離婚した女性も、「恋愛ならいいけど結婚は考えていない、あちらの家族との問題や責任を背負わないといけないから」というようなことを言っていた。

子育てのほか、その後は介護ということで、結婚生活のほとんどは家族の世話で費やされる、という場合もありそう。夫婦でそれらを上手く分担できるのか、やっぱ、そこで不満爆発もあるかもしれない。

仕事を思いっきりやりたい、趣味を楽しみたい、勉強したいなど自分の時間が欲しい、と言う人は、夫婦二人っきりならともかく、そこに子育てや介護がつく場合、自由時間はなくなるので、それらをあきらめることにならざるをえない場合もあり、自分の時間が持ちたい人にとっては、結婚生活はつらいものになるかもしれない。

(昔は女性が背負っていたが、今は男性も分担しようということで、男性がどれくらい我慢できるのか・・・昔でさえ、男性は「結婚は人生の墓場」と言い、自由が制限されることを嘆いていたのに)

体力のある若い時の時間(20代~40代)をどう使うか、何を選んで何を捨てるか・・・だよなあ。

と、「パラレル~」 http://ncode.syosetu.com/n2006cl/ またはhttp://www.pixiv.net/series.php?id=486383を書いているので、家庭について考えることが多くなり、この「子ども関連話題」(騒音問題、週一のシッター預け賛否両論問題、子ども欲しい欲しくないで離婚)で、現実の厳しさを思ったのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎度毎度の宣伝、申し訳ないです。

これからさらに改稿し、手を加え、完成度を上げたいと思っているのに、まだちゃんと改稿していないこの時点で宣伝するのも考えてしまうが・・・

↓この言葉の通り、制作過程ということで、「プライオリティ」および「パラレル・プライオリティ」を紹介します。

(小池一夫氏の言葉より)
『クリエーターの初心者にありがちなのが、「ある程度モノになるまで人に見せたくない」というこだわりが強すぎる事。そのこだわりが強すぎるといつまでたっても人に見せられる完成品は作れないよ。人に見せて、色々な指摘を受ける事も、制作過程の一部だと考えるのだ。』

ということで、どうぞ生温かく見守ってやってください。

物語「プライオリティ」について(もち無料)
『不戦の民』と『戦犯』の子孫と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦う物語。
リサとセイヤ表紙IMG_0001.jpg

「なろう」で連載中↓
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/

pixivではこちらです。
1~9→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
10~19→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

20~(シーズン4)→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=3

 架空世界を舞台にしてますが、現代の日本と変わりない世界観になっています。

 漫画イラスト付き。
 謀略策略ありの人間ドラマ。
 基本シリアス、たまにコミカル。
 オリジナル長編小説。

 漫画のような分かりやすさとノリ、小説のような登場人物の心理描写と展開の早さ、読みやすさを心がけてます。

 シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
 シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
 シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
 シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

※次シーズンに橋渡しをしつつも、物語はシーズンごとに区切りをつけます。 各シーズン9万字~11万字程度です。
 はじめのほうは右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めば、実はそうでもありません。

「パラレル・プライオリティ日本編」について。
こちらは明るくユーモアたっぷり楽しいコメディ短編集。

本編「プライオリティ」のパラレルワールドとして、本編のキャラたちが日本人として登場する、現代の日本を舞台にした物語です。
なお、本編を知らなくても、分かる内容になってます。

夫婦愛、家族愛、ほのぼのな日常生活を描きつつ、日本の社会問題を少し織り交ぜながら、ちょっと悪乗りしつつもコメディタッチで描く短編集。
日本の文化や四季折々の習慣にも触れていければと思ってます。
http://ncode.syosetu.com/n2006cl/
なお、短編として一話一話で区切りがついており、時系列に進むとはかぎらないので、どの話から読んでも大丈夫です。

ピクシブではこちら
http://www.pixiv.net/series.php?id=486383
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。