ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夫婦愛?もテーマな「パラレル・プライオリティ日本編」書いているので、こういった記事は気になる。

山口智子、唐沢寿明との生活についての記事
http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e6%99%ba%e5%ad%90%e3%80%81%e5%a4%ab%ef%bd%a5%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%af%bf%e6%98%8e%e3%81%a8%e3%81%ae%e5%86%86%e6%ba%80%e3%81%ae%e7%a7%98%e8%a8%a3%e3%81%af%e3%80%8c%e6%af%8e%e6%99%a9%e6%89%8b%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e5%af%9d%e3%82%8b%e3%80%8d/ar-AAajk1W?ocid=LENDHP#page=2

一部転載。

日常的な夫婦喧嘩は「しない」。「唐沢さんは人の話とか聞いてない」ことから、喧嘩に発展することがないのだそう。

国分太一からの「夫婦円満の秘訣は?」という質問には、「それはやっぱり、手をつないで寝るとか」「毎晩」と即答。

「うちに帰って唐沢さんと遊んでいる時とかは、自分にとってのオフかも」と告白。「なかなか一緒にいる時間はないから、会う時はできるだけくっついていようと私は思うんです。だから、本当にくっついていたくて」「抱っこ~! 抱っこ~! みたいな」というアツアツぶりだが、唐沢はそんなスキンシップに無反応。それを聞いた松岡昌宏が、かつて唐沢と酒を飲んだ時に「あー! 山口に会いてぇ!」と言っていたことを打ち明けると、山口は「どうだろう」「うちでは絶対に言わない」と怪しみながらも、「うれしいっす」と素直に喜んでいた。

転載終わり。

ほお、唐沢さん、名前ではなく「山口」って呼んでいるのか・・・・^^;
いや、なんかいいよね。

うちの静也と理沙夫婦とは違う「夫婦ぶり」だけど、共通点は「夫婦、一緒にいる時間を楽しんでいる、大切にしている」ってところかな。

でも、子どもがいると、そうもいかなくなるのかも?
やっぱ子どもができれば「パパとママ」になってしまうし。(山口、唐沢夫妻は子どもがいない)

夫婦円満の秘訣について・・・というか、夫婦に限らず、友人など人間関係すべてに言えるのかもしれないけど・・・

相手に対し・・・

対等意識が持てる(相手を見下さない、尊重できる)
価値観にさほど違いがない(相手の価値観を受け入れられる、理解できる、許容できる)
コミュニケーションができているか(相手に関心がある、共通の話題、趣味がある)・・・になるのかな。

話が合うかどうかも重要かも?

反対に、家庭の問題以外、話が合わないのはさびしい気もする。
いや、昔の夫婦はそれが当たり前のところあったけど。

そんなことをいろいろ考えながら
日本文化、風習をテーマに「パラレル・プライオリティhttp://ncode.syosetu.com/n2006cl/ を綴っているのだった。
※ピクシブはこちらhttp://www.pixiv.net/series.php?id=486383

9編目は「お花見 づくしの休日」
http://ncode.syosetu.com/n2006cl/9/

ピクシブはこちら
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5100379

の由来、湯、茶、御飯、餅などなど桜に因んだ雑学も満載。ほっこり幸せ物語。
短編コメディ。

静也と理沙の夫婦の桜づくしの休日を描いたのだけど・・・こいつらは似た趣味、感性を持っているので、夫婦でお花見して、桜づくしの風流な生活楽しめるんだよなあ。

もし、感性、趣味が違うと、

『花見なんて面倒だ。家でゲームしてたほうが楽しい』
『夫婦で出かけて何が楽しいの』
『桜茶、まずい。ふつうのお茶がいい』
『桜湯に、桜の花びら浮かべるの? あとの掃除が大変、やめてよ』
『桜御飯、そんなにおいしくないよね。普通の炊き込みご飯にしてよ』
『桜エビに桜鯛。贅沢。そんなのにお金かけられない』
『桜の由来? そんなの興味ない』

ということで、一緒に楽しく過ごせなくなる。
けど、実はこういったケースの方が多いかも・・・

そりゃ、楽しいだけじゃないだろうけど、楽しい部分がまるでない、となると一緒に生活していて辛い気がする。

ただ、だからといって不幸ともかぎらない・・・かもしれないが。

興味を持つところに接点がないと、休日(自分が自由に使える時間)を一緒に過ごすのがつらくなる。
会話もなくなる。会話も面倒になる。
一緒に過ごす時間は食事の時だけ。その食事もさっさと済ませたい。

で、相手がいつも不機嫌だったり、すぐに切れる性格だと、当たらず障らず、距離を置いて、できるだけ接触を避ける、という事態になり、コミュニケーションをほとんどとらない、相手に無関心となっていき・・・

離婚して生活が変わるのも面倒だから夫婦を続ける、という感じになる場合もけっこうありそうだ・・・

山口さん唐沢さん夫婦かのような「仲良しぶり」はレアなケースだろう。(いや、子どもがいない夫婦はそうでもないのかな)

対等意識というのも大切だな。夫婦に限らず。

いや、つまり「見下さない」ということ。

見下すと(相手を軽く見ると)、相手に対し、平気で人格否定したり、馬鹿にしたり、つまり人間扱いしなくなる。
つまり「礼儀」が全くなくなってしまう。

通常の人間関係なら破たんしかねないことをやらかしてしまう。

それを許すのが家族だ、という人もいるけれど。

言葉の暴力、言葉の刃って、けっこう威力あるんだよ。相手の心を破壊し、修復できないくらいに。

・・・・・・・・・・・
さて、ここからは全く別なお話だけど、前回話題にしたことについての補足。
(ちょっと疑問に感じたことがあるので)

漫画家の坂本未明さんが、自ら発達障害だと産経新聞インタビュー記事で告白していたのだけど・・・(だから飛行機内で泣いた赤ちゃんの声に我慢ができず、パニックを起こしたという話)

発達障害の定義って何だろう? と思ってしまった。
作家の市川拓司氏もそうだと自ら告白しているのだけど・・・

私は発達障害を、「コミュニケーション障害、相手の気持ちが全く分からない、読み取れない、よって人間関係がうまくいかず、職に就けない、長続きしない、生活に難儀している」と捉えている。

しかし、坂本未明氏も市川拓司氏も「成功者」だ。
坂本未明氏はテレビのコメンテーターとして見たことがある。漫画も売れて、バンドもやって、2度目の結婚をされて・・・
う~ん、これのどこが発達障害者?

コミュニケーションがうまくとれない人が、テレビでコメンテーターをし、アシスタントを使って、漫画を描き、編集者と打ち合わせをし、恋愛してお付き合いをし結婚までこぎつけることができる?

結婚すれば、相手方の親族とのおつきあいもあるだろう。
バンド活動では仲間たちとのアンサンブルになるのだから、当然、仲間たちと交流し、音楽について打ち合わせ、話し合いもするだろうし・・・

人間関係をうまく築けない人に、パニックを起こし、すぐに切れる人に、雇われている者=アシスタントがついていく? 

人の気持ちが分からない人が、物語を描き、それが人々の共感を得て、人気作品を作れる?

(私は坂本さんの漫画を読んだことがないので分からないが、漫画家としてずっとやってこれたということは、読者の人気を得て、本が売れていた、ということだ。漫画家でずっとあり続ける、ということはそれができたということだ)

ちなみに市川拓司氏も同様。結婚し、お子さんもいる。

コミュニケーションをとるのが苦手、性分である、というのと、障害である、というのと違いはどこにある?
障害そのものの定義も分からなくなる。

発達障害というのは、人とコミュニケーションをとって付き合うことに困難が伴うので、仕事につくことはもちろん、結婚も難しい、人とつきあうことが怖い・・・公の支援が欲しい、障害だと理解してほしいと本当に苦しんでいる人から見たら、噴飯ものでは、と思った。

坂本未明氏や市川拓司氏が発達障害であるならば、私もそうだ。おそらく3分の一の人は「発達障害」ではないだろうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎度毎度の宣伝、申し訳ないです。

これからさらに改稿し、手を加え、完成度を上げたいと思っているのに、まだちゃんと改稿していないこの時点で宣伝するのも考えてしまうが・・・

↓この言葉の通り、制作過程ということで、「プライオリティ」および「パラレル・プライオリティ」を紹介します。

(小池一夫氏の言葉より)
『クリエーターの初心者にありがちなのが、「ある程度モノになるまで人に見せたくない」というこだわりが強すぎる事。そのこだわりが強すぎるといつまでたっても人に見せられる完成品は作れないよ。人に見せて、色々な指摘を受ける事も、制作過程の一部だと考えるのだ。』

ということで、どうぞ生温かく見守ってやってください。

物語「プライオリティ」について(もち無料)
『不戦の民』と『戦犯』の子孫と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦う物語。
リサとセイヤ表紙IMG_0001.jpg

「なろう」で連載中↓
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/

pixivではこちらです。
1~9→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
10~19→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

20~(シーズン4)→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=3

 架空世界を舞台にしてますが、現代の日本と変わりない世界観になっています。

 漫画イラスト付き。
 謀略策略ありの人間ドラマ。
 基本シリアス、たまにコミカル。
 オリジナル長編小説。

 漫画のような分かりやすさとノリ、小説のような登場人物の心理描写と展開の早さ、読みやすさを心がけてます。

 シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
 シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
 シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
 シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

※次シーズンに橋渡しをしつつも、物語はシーズンごとに区切りをつけます。 各シーズン9万字~11万字程度です。
 はじめのほうは右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めば、実はそうでもありません。

「パラレル・プライオリティ日本編」について。
こちらは明るくユーモアたっぷり楽しいコメディ短編集。

本編「プライオリティ」のパラレルワールドとして、本編のキャラたちが日本人として登場する、現代の日本を舞台にした物語です。
なお、本編を知らなくても、分かる内容になってます。

夫婦愛、家族愛、ほのぼのな日常生活を描きつつ、日本の社会問題を少し織り交ぜながら、ちょっと悪乗りしつつもコメディタッチで描く短編集。
日本の文化や四季折々の習慣にも触れていければと思ってます。
http://ncode.syosetu.com/n2006cl/
なお、短編として一話一話で区切りがついており、時系列に進むとはかぎらないので、どの話から読んでも大丈夫です。

ピクシブではこちら
http://www.pixiv.net/series.php?id=486383
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。