ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
従軍慰安婦誤報?記事を書いた元朝日の植村隆氏、ロサンゼルスやニューヨークなど海外で活躍中?

ネットの産経新聞http://www.sankei.com/より転載。

【元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった北星学園大(札幌市)非常勤講師、植村隆氏が8日、米ロサンゼルスのカリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)で講演し、「『捏造(ねつぞう)記者』とバッシングを受けている」と訴えた。

 植村氏は「最初に署名入りで、慰安婦のおばあさんが証言を始めたという記事を書いたことで標的にされた」と持論を展開。自分に向けられる攻撃を「言論の自由、報道の自由、学問の自由、民主主義に対する攻撃だ」とも述べた。

 講演には、安倍晋三首相の訪米に合わせて韓国から訪れた元慰安婦も出席。会場には約200人がいたが、植村氏に批判的な参加者もいた】


【元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった北星学園大(札幌市)の非常勤講師、植村隆氏は4日、米ニューヨーク市で講演し、集まった約80人を前に「私は激しいバッシングを受けている。この闘いに負けない」と強調した。

 植村氏は「捏造」と指摘される元慰安婦の証言を取り上げた記事(1991年8月)について「捏造だと攻撃することは、慰安婦問題をなきものにしようということにもつながる」と主張。日本が戦後70年間守り続けてきた「言論の自由」や民主主義への攻撃でもあるとし、「勇気を持って辛い体験を話した慰安婦のおばあさんたちの尊厳をも傷つける」と訴えた。

 一方、日本で1990年代半ばから「歴史修正主義者の動き」が出てきたとして「教科書から慰安婦問題を除くべきだという運動が始まり、そのリーダーの1人が安倍(晋三)首相だ」と批判した。

 また、植村氏非難を繰り広げる言論人として、ジャーナリストの櫻井よしこさんと東京基督教大学の西岡力教授の名を挙げ、櫻井さんについて「暴力的な言辞を繰り返す側に立ち、あおっている」と述べた】

転載終わり。


「言論、報道の自由に対する攻撃」とのことだが、「嘘を報道する自由」もあるのかな? とひっかかりを覚えた^^;
アメリカの地で、なんとか日本を悪にしようと必死のようだ。

この元朝日記者の植村氏・・・どう日本を悪に仕立てるか、海外で喧伝するやり方は中韓と同じ。
朝日新聞もニューヨークタイムズと手を組み、日本を悪に仕立ててきたのだから、朝日新聞と中韓のやりかたもとてもよく似ている。

左派の攻撃方法・・・正義を掲げ、いかに敵を悪に仕立てるか・・・
プライオリティhttp://www.pixiv.net/series.php?id=471062でも参考にしている^^

もちろん、朝日新聞や植村さんを「絶対悪」だと言っているのではない。
プライオリティhttp://ncode.syosetu.com/n1557cj/111/ でも【敵=絶対悪ではない。自分から見て『自分たちに危害を及ぼすもの、及ぼしそうなもの』が『悪』『敵』となるのだ。】と主人公に言わせている。

朝日新聞と植村さんにとっての敵(=安倍首相、および「かつての日本」「反朝日新聞、朝日新聞が信用できない人」「日本国家による慰安婦強制連行はないとする人」「日本のみが悪ではなく、あの時代、戦争に加担したすべての国が悪だったと考える人」「あの時代は人権という概念もなく、侵略の定義もなく、植民地支配が当たり前だった。だから仕方なかったという人」「今の価値観で昔を裁くことはできないという人」「国家賠償の必要はない。謝罪はすんだという人」「愛国者たち」「右派系」「今まで喧伝されてきた歴史観に疑問を持つ者」)は、朝日新聞と植村さんにとっては「悪」であるように・・・
それらの人たちから見て、朝日新聞と植村さんは、こちらを悪に仕立て攻撃する「敵」なのだ。

実際、植村さんは日本で生活しにくいだろう。
今までは、植村さんおよび朝日新聞によって、日本は実害を被ってきたが、
今度は、植村さんおよび朝日新聞が実害を被るようになり、ますます日本が憎く、悪に映っていることだろう。

敵同士なのだから、お互いを「悪」としているだけのことだ。

今まで喧伝されてきた歴史観に疑問を持ち、「その歴史観は違う」というと、歴史修正主義者と揶揄され、右翼、ネトウヨと攻撃する。

正義は戦勝国にあり、敗戦国は悪とされている歴史観。
ヨーロッパでは、いつもドイツのみが悪とされているが、イギリスやフランスがやったことはスルーだ。

これこそ、左派の嫌う「不公平」というやつではないのか?
というと、これもきっと歴史修正主義者,、過去を反省しない悪者と言われるのだろうな。

朝日新聞もニューヨークタイムズを使って、今までもなんとか日本を悪にしようとがんばっていたっけ。

植村さんの妻も韓国人だというので、植村さんは韓国や中国と手を組み、これからも「アメリカでの日本叩き活動」に勤しむのだろうな。もちろん、アメリカに限らず、世界中で。

悪いことだとは思わない。敵への攻撃は当然だ。中韓、ロシア、アメリカ、イスラエル、ヨーロッパ、みながやっていることだ。(攻撃とは武力行使だけではない。中韓や朝日新聞が仕掛けている情報操作、情報攻撃もそのひとつだろう)

日本を敵とする植村さんや朝日新聞は当然のことをしているのだろう。
ただ日本に住んでいる日本人の私は、日本が損をするのは困るので、植村さんと朝日新聞を「敵」と見なす。そういうことだ。

ところで、日本人の慰安婦について、朝日新聞および植村さん、ほか左派はどう思っているんだろうか? それについての声がほとんど聞かれない。
女性の人権問題であれば、日本人慰安婦についても論評があっていいはず。

あ、そうか、彼らにとって「日本は敵」なので、日本人慰安婦のことなど知ったこっちゃないのだろうな。
結局、「正義」とはそんなもんである。

と、そんなことを思ってしまった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
改めて毎度毎度の、物語紹介編。

※今もちょくちょく加筆訂正加えてます。
どうぞ生温かく見守ってやってください。

物語「プライオリティ」について(もち無料)
『不戦の民』と『戦犯』の子孫と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦う物語。
リサとセイヤ表紙IMG_0001.jpg

「なろう」で連載中↓
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/

pixivではこちらです。
1~9→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
10~19→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

20~24(最終回)→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=3

 架空世界を舞台にしてますが、現代の日本と変わりない世界観になっています。

 漫画イラスト付き。
 謀略策略ありの人間ドラマ。
 基本シリアス、たまにコミカル。
 オリジナル長編小説。

 漫画のような分かりやすさとノリ、小説のような登場人物の心理描写と展開の早さ、読みやすさを心がけてます。

 シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
 シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
 シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
 シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

※次シーズンに橋渡しをしつつも、物語はシーズンごとに区切りをつけます。 各シーズン9万字~11万字程度です。
 はじめのほうは右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めば、実はそうでもありません。

「パラレル・プライオリティ日本編」について。
こちらは明るくユーモアたっぷり楽しいコメディ短編集。

本編「プライオリティ」のパラレルワールドとして、本編のキャラたちが日本人として登場する、現代の日本を舞台にした物語です。
なお、本編を知らなくても、分かる内容になってます。

夫婦愛、家族愛、ほのぼのな日常生活を描きつつ、日本の社会問題を少し織り交ぜながら、ちょっと悪乗りしつつもコメディタッチで描く短編集。
日本の文化や四季折々の習慣にも触れていければと思ってます。
http://ncode.syosetu.com/n2006cl/
なお、短編として一話一話で区切りがついており、時系列に進むとはかぎらないので、どの話から読んでも大丈夫です。

ピクシブではこちら
http://www.pixiv.net/series.php?id=486383
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。