ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツイッターやっているんだけど、某漫画家さんからブロックされた事を知った。
当初向こうからフォローしてきたんで、フォロー返しした。その後は別に絡みなしだったんで、なんでブロックされたのか分からなかったが、やっと理由が分かった。

「日の丸街宣女子」の件で私が「富田氏を干すってダメでしょ」と富田氏を擁護したことで私も「問題あり」と捉えたらしい。(ちなみに某漫画家とは高遠さんではない)

その某漫画家さんが、過去、富田さん側の人間とやりあっていた(喧嘩)ことを、ひょんなことから知って、そこから私もブロックされたことを知った。
(ツイッターでは私はたまに気になったことを発言するだけでほとんど絡まないので、ブロックもいつされたのか分からなかったのだが)

ちなみに、私と富田氏の接点はない。絡んだこともないし。
日ノ丸街宣女子」が話題になり、高遠氏との件で、興味を持ち、今現在、私が一方的に富田氏をフォローしているだけ。

表現の自由、言論の自由が絡むだけに、興味をひいた。それだけのことだ。

そう、「こいつは差別主義者だ」と言って、作家の人間性を問題にして仕事をさせるなって、かなり「おかしい」でしょ。

表現の自由を守るほうの漫画家が、定義が不明確な差別を盾に言論統制を仕掛ける側へ立つなんて、びっくりした。そういった漫画家や作家がわりといるかもしれない。高遠氏だけじゃないんだ、と。

左派は自分たちの意見だけが通ると思っているかもしれないけど、やがて「差別の拡大解釈」がされていくだろう。

言論統制のあった戦中の「非国民」というレッテルが、「差別主義者」というレッテルに変わるだけ。

というわけで、私もで「差別主義者の問題人物」というレッテルを貼られたようだ。
なんか、ちょっと怖い。

でも自分の考えを発言するということはそういうリスクもあるということなのかもしれない。

考えが違う人間とはブロックして一切関わらないか、罵詈雑言でやりあうか。これが現実。つまり話し合いで歩み寄るというのは難しいということ。

いや、私は論戦してもいいけど。

そういやあ、ツイッターでは民主党の有田氏や蓮舫氏にもブロックされている^^;

有田氏からは「低劣な差別主義者」とされてブロック。
蓮舫氏については、民主党への疑問を、細野氏のところで質問しただけでブロックされた。
(ブロックのタイミングで、そうとしか考えられなかった。蓮舫氏には直に絡んでいない。なのにブロックとは・・・かなり驚いたというか、呆れた)
ちなみに細野氏にはブロックされてない。質問には無視され、答えてもらえなかったが。

私のブログ記事やツイッター発言を見て分かる通り、私の文章はこんな感じだ。
相手を罵倒したり、失礼な言葉は使わない。

が、左派は罵倒するか、ブロックするか、無視する。
なので、ますます不信感だけ持ってしまうのだ。

答えられないんだよね? 都合が悪いんだよね? と思ってしまうのだ。よって左派の主張には正当性がない、と私は判断してしまう。

そして、暴力的で人権軽視で戦争好きというような「悪」に印象操作されてきた右派と言われる人の主張が、わりとまともで現実的な考えであることを知り、右派の意見に耳を傾けるようになっただけのことだ。(もちろんその主張に反対するところもある)

どう見ても、左派(と言っても、左派にもいろいろあるんだろうけど)の言うことは説得力に欠ける、理解できない。

「日の丸街宣女子」の件では、どう考えても、作家の人間性を問題視し、作家の仕事先について「いちゃもん」つけて、社会的に干せ、というようなことを臭わせるのは、おかしいだろう。
それは左派が一番嫌っていたはずの言論統制への考え方だ。

差別表現については・・・作品の中に差別表現があった時に、はじめて問題にすべきである。それでも、その作品を描いた作家を社会的に干せ、というのはNGだ。あくまで作品を問題視し、作品を回収するなりの処置をとるべきだ。

左派に聞いてみたい。この考え、間違ってますか? と。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎度毎度の物語紹介。
※今もちょくちょく加筆訂正加えてます。
どうぞ生温かく見守ってやってください。

物語「プライオリティ」について(もち無料)
『不戦の民』と『戦犯』の子孫と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦う物語。
リサとセイヤ表紙IMG_0001.jpg

「なろう」で連載中↓
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/

pixivではこちらです。
1~9→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
10~19→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

20~24(最終回)→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=3

 架空世界を舞台にしてますが、現代の日本と変わりない世界観になっています。

 漫画イラスト付き。
 謀略策略ありの人間ドラマ。
 基本シリアス、たまにコミカル。
 オリジナル長編小説。

 漫画のような分かりやすさとノリ、小説のような登場人物の心理描写と展開の早さ、読みやすさを心がけてます。

 シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
 シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
 シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
 シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

※次シーズンに橋渡しをしつつも、物語はシーズンごとに区切りをつけます。 各シーズン9万字~11万字程度です。
 はじめのほうは右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めば、実はそうでもありません。

「パラレル・プライオリティ日本編」について。
こちらは明るくユーモアたっぷり楽しいコメディ短編集。

本編「プライオリティ」のパラレルワールドとして、本編のキャラたちが日本人として登場する、現代の日本を舞台にした物語です。
なお、本編を知らなくても、分かる内容になってます。

夫婦愛、家族愛、ほのぼのな日常生活を描きつつ、日本の社会問題を少し織り交ぜながら、ちょっと悪乗りしつつもコメディタッチで描く短編集。
日本の文化や四季折々の習慣にも触れていければと思ってます。
http://ncode.syosetu.com/n2006cl/
なお、短編として一話一話で区切りがついており、時系列に進むとはかぎらないので、どの話から読んでも大丈夫です。

ピクシブではこちら
http://www.pixiv.net/series.php?id=486383
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。