ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここのブログ、休止したままではもったいないと思い・・・
もうひとつのハヤシのブログhttp://kayashi.blog.so-net.ne.jp/からの転載して、動かしています。
(そのうち使い道を考えます^^;)

今回のタイトル「2chで当ブログ記事が話題になっていたので説明>一連の「日之丸街宣女子」問題の件で」の
【当ブログ】とは、もうひとつのhttp://kayashi.blog.so-net.ne.jp/を指してます。

今回も、http://kayashi.blog.so-net.ne.jp/からの転載ですが、言論・表現の自由に関わる重要な問題ということで、ここにもアップします。

・・・・・・・・・・・
この「日の丸街宣女子」の件でブログを書いてきたけれど・・・

要するに主旨は
差別の定義があいまいなままで、漫画家や作家=クリエイターを社会的に干す、つぶす、制裁を加える、というのはおかしいでしょ】
ということなのだが・・・

ツイッターのほうで
【『差別の拡大解釈おそろしい』って、今起きていることには目を瞑り被害者ポジに立ちたがる】というコメントをいただき、一緒にこのサイトがリンクされていた。

http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1433028424/
アクセス数がいやに上がっているな、と思ったら、2chなどで話題にされていたようだ。
(しかし、それは一時のことで、今は落ち着いている)

ということで、この件を話題にします。

ただ、このブログは一般の人たちを対象に発言しています。

今まで述べてきた私のこの考えも、一部の人から「差別主義者」「ネトウヨ」とされていることを示すのに、ちょうど良い証拠?として、ご興味もった方は2chやほか掲示板サイトを見てみてください。

2chやその他掲示板は「匿名による無責任な発言の場」とはいえ、【私のような考えの者】も【差別主義者、差別容認派】とされてしまう可能性があるという、いい見本かもしれません。

私はこれらを差別の拡大解釈と捉えてます。自分では差別をしていると思っていないし、自覚もないので。
でもそれはあくまで私の考えであり、あとは一般の不特定多数の人が判断すればいいと思います。

それでも2chなら、さぞかし、悪口、人格攻撃されているんだろうな、と思いながら、見てみたら、多少はあるものの、思ったほどではなかった。

それでも、↓こういった意見の人もいたりするので・・・曲解しているな、という印象も受けた。

では曲解意見、紹介。(ババア、おばさんとは私ハヤシのことを指している)

【このババアの気持ち悪いところは在日差別をやめろと言うならオタク差別もやめましょうという論調じゃなく
オタク差別してんだから在日の差別をダブスタで弾圧するな
「差別させる権利を奪うな」って心情なところだな、人として終わってるよコイツ 】

【このおばさん漫画家は何で在日をバカにしているの? 】

ということで・・・曲解している人の多くは・・・
「オタク差別しているんなら、在日差別もしていい」「ほかにも差別があるんだから、在日差別していい」「差別する権利がある」「差別発言をしていい」と私が言っていると思っているようだ。
在日をバカにした言葉も吐いたおぼえはない。どこにそんな箇所があるんだろう?

というわけで、いちおう、2chで話題にされたこの記事の主旨をここにも書いておきます。

主旨

【差別の定義が難しいから、「言論には言論で批判すべし」「相手を黙らせるために、社会的に干す、つぶすのはおかしい」ということ。

いかなる人も、いかなる犯罪者も、いかなる思想の持ち主も、いかなる問題人物も、反日も嫌韓も、言論(表現)の自由があり、発言権がある、というのが一番公平な気がする。

そして、どちらの言っていることに「説得力を感じるか」「公正さ、公平さを感じるか」「理があるか」、皆それぞれが判断すればいい。

もちろん、そこには批判意見も出てくるだろう。
言論には言論でが鉄則。
もし、そこに暴力・脅迫行為があったら、それは警察が介入すればいい】

・・・・

端的に言えば、そういうこと。
記事が長いのは、「差別の定義が難しいこと」を説明しているからだ。
だから、ダブルスタンダードが出てくるのだろう。

記事では、この「ダブルスタンダードの例」を取り上げているだけであって、「だから差別していい」とは一言も言ってない。

「一部の人たちって、こういうふうに曲解して、こいつは『差別主義者だ』とするのか」と思った。まさにドワンゴ川上さんが言っていたことだな、と。

そして、マスメディアはよく「ネトウヨのネットでの暴言、蔑視発言」を取り上げるが、なかなかどうして、その反対側の勢力も、負けず劣らず・・・である。

ま、あとは一般の人たちがどう感じるか、である、ネトウヨだけが「暴言」を吐いてますか? ということだ。

ただ、批判はお互いにする権利がある。
私もこうして主旨を説明できるのだから、あとは読んだ人が判断すればいい。
たぶん、一部をのぞき、不特定多数の多くの人には「私の言いたかったこと」は通じていると思う。

要するに、誰が決めつけるのかは知らないけど「こいつは差別主義者」だとして、社会制裁を加えるのはおかしいでしょ、黙らせるのはおかしいでしょ、という話だ。

「あらゆる人に発言権がある」というのを「差別発言する権利がある」と捉えている人もいるが、そもそも「差別発言の定義があいまい」なのだから、『何を差別発言とするか・誰が決めるのか』難しい問題だ。

だから、発言させて、皆がそれぞれ判断すればいい、と思っている。

その結果、『その発言は差別発言だ』と批判してもいいし、個人的に「こいつは差別主義者だ。もう、つきあいたくない」「縁を切る」と思ってもいい。(だから、某漫画家からはブロックされたのだろう。これは仕方ないことだと思う)

多くの人が「こいつは差別発言をした。差別主義者だ」と判断すれば、差別をした者は軽蔑され、人は引いていき、自然に社会的制裁を受けることになる。
私が差別主義者であれば、私とつながっている多くの人は、この某漫画家のようにブロックするだろう。友人知人は引いていくだろう。それで十分な社会制裁となるはずだ。

ただし、発言する権利は奪えないのだ。法に触れない限り。

発言する(発表する)権利を奪う=社会的制裁を加え、つぶし、干すこと、それをやると臭わすこと・・・これは「発言・発表するな」と言う脅迫にも等しい。
富田氏の「日之丸街宣女子」の件では、このことを問題にしたのだ。

富田氏の作品内容に対する批判や、富田氏のツイッター発言への批判は自由だ。
が、富田氏を社会的に干す、制裁を加えるのはおかしい、ということだ。

それに、もし発言内容が、脅迫や名誉棄損に当たれば、法的=正当に制裁を加えることができるのである。

さてさて、そんな2chの意見のなかにも、「なるほど」と思ったことがあった。

・・・・・・・

差別」→本人の意思とは関係ない先天的要素に対する蔑視あるいは侮辱行為

「批判」→本人の意思によって後天的に獲得された要素に対し正当な論理を伴って問題点などを指摘すること
※正当な論理を伴わない場合は「勘違い」あるいは「誤謬」

「中傷」→
1.本人の意思によって後天的に獲得された要素に対する正当な論理を伴わない蔑視あるいは侮辱行為
2.本人の意思によらず後天的に獲得された要素に対する正当な論理を伴わない蔑視あるいは侮辱行為
※2は場合によって「差別」に昇格する

・・・・・・・

よって、オタクへの蔑視は「差別」というのはなく、「中傷」に当たるということなのだろう。たしかに。

差別発言と悪口の定義もあやふやで、これもよく分からない。
そして、在日への悪口・侮蔑・蔑視はすべて差別になるのかな?

すると女性への悪口・侮蔑・蔑視も差別かな?
ならば、男性への悪口・侮蔑・蔑視も差別になるかな?

しかし、女性も男性も少数派ではなく、マジョリティに入るから、これらの「蔑視、悪口・侮蔑行為」は差別にはならない?
けど「女性差別」と言う言葉はよく聞く。

ハゲ・チビなど身体的特徴への悪口・侮蔑・蔑視も差別にあたる?
ハゲ・チビも努力ではどうにもならない生まれつきのもの。
デブは努力でなおせる? でも太りやすい体質というのもある。
よってデブも差別発言になるのかもしれない。
ブスもお化粧という努力でどうにかなるところと、生まれつきのところもある。

身体的特徴を哂う・・・でも、この手の発言はあちこちでたくさん見かける。

こういったあらゆる蔑視、差別、侮蔑行為を『なくしましょう』とするには、どうすればいいのか、っていう話になるが・・・とりあえず、教育しかないだろう。
道徳教育に力を入れる・・・これを言うと、なぜか左派側は反対するけれど。

が、差別をなくす=悪口をなくすのに、法的に取り締まる、法規制するのはなかなか難しい。誰への悪口が差別になるか、どういった言葉が差別に該当するのか、フィクションの世界でもそれを適用するのか・・・

法的に取り締まる、となると「言葉狩り」「言論統制」「言論弾圧」への危険性が増大する。
在日のみへの悪口・蔑視・侮蔑表現を取り締まる、ということにはならないだろう。(それは不公平というものだ)

と、こういうと「だから差別発言を認めるのか」とお門違いの批判をする者もいるんだろうけど、あくまでも「法的規制への危険性」を説いているのである。

それに、どこからが許されない悪口=侮蔑=差別となるんだろう?
これが定義づけできない限り、法的取り締まりは難しい。というか、定義づけできなきゃ、拡大解釈されたり、「これは差別発言だ」と決める人により違ってしまい、公平性が保たれなくなるだろう。

いわば、私の言っているのは『問題提起』であって、「差別発言(表現)する権利がある」とも「差別していい」とも言っていない。

ごくごく少数の人が、そう曲解して(おそらく、わざと)、主旨には目をつぶり、攻撃する材料を見つけて、批判しているに過ぎないのだろう。そして、こいつ(ハヤシ)も差別主義者=悪だとして、私の言いたかった主旨も否定したいのかもしれない。


では、法的規制について。

法的規制をかけ、法で取り締まるのは、「ダブルスタンダード」もつぶしていかないと不公平だ。
当然、在日だけの問題ではなくなり、女性蔑視の問題にも発展する。

私は女性だから、法的に女性蔑視を取り締まってくれるのは嬉しいが、けど、表現の世界にも取り締まりが入れば、多くの漫画家や作家、クリエイターは困ることになるだろう。

けど女性だけの蔑視を問題にするのは不公平だ。
在日コリアン・女性に限らず、道徳・倫理的には、男性も含め、あらゆる人に対して侮蔑発言、蔑視をしてはいけない。

が、そこに法的な取り締まり、罰則が入ると、どうなるんだろうか?

「今ある差別問題=在日コリアンへの侮蔑発言問題に目をつぶるのか」という批判もあるが、解決方法は「道徳教育」、これくらいしか思い浮かばない。

どうしても法的な規制をしろというのであれば、公平でなくてはならない。

そしてマイノリティへの差別だけではなく、マジョリティへの侮蔑、中傷、「悪に仕立てて攻撃」もダメとしなければ不公平である。

もしも、法的規制に不公平なことがあれば、それは「規制で守られている者」への反感を生み、かえって憎悪が煽り立てられるだろう。

・・・・・・・・・・
余談。

2chではこういう意見もあった。

【全部読まずに批判するのも失礼かと思って本文呼んでみたけど
右派だとか左派だとかずーっと書いてて気持ち悪いことこの上ないから読むの無理だったわ
この手の人って糖質なんだろうなだから敵か見方かの二分論しかできなくて
ただの社会的に正しいことでも敵がやってることは攻撃に決まってるってことでファビョルんだろ
可哀想に頭の病気だよ 】

・・・・・・・
たしかに、わかりやすくしようと思って、「二分論」で書いているっけ。
言い訳すると、二分論でないと長くなって「わかりにくくなるから」だ。(頭が悪いので、整理できないのだ。ここは申し訳ないです)
右派にも左派にもいろんな意見の人がいるだろうし、中立の人もいるだろう。

ちなみに法的に違反していない作家を、社会的に制裁する、干す=作家を黙らせる、というのは、「社会的に正しい」こととは思わない。だから批判しているのだ。言論弾圧につながる怖い動きだと思ったので、話題にしたのである。

2ch見て分かる通り、現実問題、議論による解決は難しいのだろうな、と思った。
悪口、誹謗中傷を取り締まるのは難しいし、これを取り締まるならば、中国や北朝鮮並みの統制が必要になるのだろう、と。

デモの取り締まりについても・・・
在特会やほか反韓系右派のデモに規制がかかるなら、沖縄の過激な米軍基地反対デモも規制がかかることになる。
法的な規制をかけるというのは、そういうことだ。

普段、国家権力・国家による法規制を警戒する左派(一部)が、なぜか在日コリアンが絡むと法規制に走りたがる・・・何でなんだろう?
ただ在日問題だけが対象になるとは限らず、女性差別・蔑視問題も入ってくるかもしれない。

女性蔑視表現の規制が絡めば、多くの漫画家、作家は困ることになるだろうと思う。

ただ、在日問題と同様、女性側から見れば、女性を性的玩具にしているようなエロ漫画などは不快な表現が多いだろうし、これは女性蔑視につながるとして取り締まってほしいと言う人は多いだろう。

在日への蔑視差別発言や表現を取り締まるならば、漫画などの女性への蔑視表現も取り締まられる動きも出てくることになるだろう。どの程度からアウトになるのか、誰が決めるのか・・・問題は多そうだ。

と書くと、「ハヤシは女性蔑視をしてもいいと言っている」と曲解されるかもしれないが。
つまり、在日への蔑視・差別表現の法規制に賛成するなら、女性などへの蔑視・差別表現の法規制にも賛成しないと不公平だ、と言っているのだ。

もち、個人レベルならば、在日コリアン在日コリアンの権利を守るために運動する、女性は女性の権利を守るために運動する、その他の者たちの権利は二の次となるのは当然。
(しかし、差別を訴える者にダブルスタンダードがあると説得力に欠ける)

だが政治家には公平性が求められる。ダブルスタンダードはなくすべきだろう。法規制するのであれば、在日、女性だけではなく、マイノリティである在日米兵も含め、日本人含めあらゆる人への差別・侮蔑・蔑視表現(発言)を規制しないと不公平となる。

不公平な規制は不満を生む。
規制をかけるなら、公平に。これが鉄則だと思う。
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。