ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前記事でも話題にした、ミス・ユニバースの宮本エリアナさんの「人種革命」宣言。

そして、日本で差別やいじめを受けたということで、世界にそれを訴え、差別をなくしたいと。
アメリカの高校を褒め、一方で、日本で自殺した混血の人の話をする――

ま、どう見ても「日本は差別社会であり、日本の悪を世界に訴えたい」と受け取られてしまう。
で、100年後は、混血が大多数となり、純日本人は本当に少なくなると言って、革命を開始するという物騒な言葉を吐いた。

やはり普通の日本人はあまりいい気持ちがしないし、ひょっとして、エリアナさんは日本人が嫌いなのでは、とすら思う。

そして実際、いじめ問題は、日本人どうしでも起こっている問題で、人種差別はないのでは、と思う。

あるいは混血や在日に悪口を言ったら、蔑視したら、差別?

日本人同士でも、いろいろある。
ま、いつも話題にして悪いが・・・【オタクとか外見が冴えない人への悪口、蔑視は差別ではない。よって、こちらは問題ではない】というのこそ「差別」だとも言える。

エリアナさんはこういった人を蔑視したり、馬鹿にしたり、悪口言ったりしたことない?

(今、出回っている写真「ファックユー」「喫煙」の雰囲気から、なんだか、ありそう・・・いえ、大変、うがった見方ですが、私はこういった雰囲気の人にいじめられたことあるから)

日本社会の差別=悪を世界に訴えたい、人種革命をしたい、純日本人は少なくなるはず、と言ってしまったら・・・

革命という言葉を使ったからには、純日本人を少なくしてやりたい=純日本人が嫌い、少なくするべきと受け取られても仕方ない。

ケンカを売られたと、私も解釈する。

宮本さんに対するバッシングは当然、ひどいものになる。
http://hosyusokuhou.jp/archives/44460060.html

対する宮本さんの父親、そんな日本社会を非難しているそうだ。
http://a-flying.com/wp/post-1683/

さあ、そこで・・・
「ほら、日本人はこんなにひどいことを言うんです。差別がすごいんです」と、「さらにネトウヨが増えてきている日本人は悪だ、危険だ、差別社会だ、ヘイト社会だ」と訴えることになるのかどうかだ。

ヘイトスピーチ規制法のこともある。
左派系の人たちは、宮本さんを利用し、日本の悪を世界に喧伝するかもしれない。

ただ日本国内で訴えても、賛同するのは左派だけなので、海外で広く訴える作戦に切り替えているのかも?

いかに日本が悪であるか、差別をし、酷い人たちであるか、右傾化して危ない国になっているか、ナチス化しているか・・・
すでに中韓がやっているが、日本の左派も、朝日新聞はじめ、世界(とくに欧米)で喧伝し、あらゆる手段を使って日本叩きをしていくのだろう。


邪推をすれば、宮本さんの件もその一環かも。

日本の左派は、あの加藤登紀子さんと同じ感覚をもっているのかもしれない。
日本への嫌悪感をどうしてもぬぐいきれず、全否定したい、日本が許せない、宮本さんが言うように、100年後200年後は姿を消してほしい、日本人と言う汚らわしい民族は浄化すべきだ、と。なので、宮本さんが選ばれたのかもしれない。
これから世界に、日本がいかに悪であるか、差別国家であるか、ヘイトスピーチが蔓延しているか、ミス・ユニバース日本代表が語るのである。

で、左派は、それを放置している安倍政権を批判して、政権打倒を目指すのだろう。
日本人は一生、世代が変わっても、反省とお詫びをするべきだと、世界から圧力をかけてもらうのだ。犯罪者の子孫は永遠に犯罪者。恐ろしい考えにも思えるが、それが左派の正義だ。

それは「日本人差別なのでは?」 というと、「悪は叩くべし」と答えるのだろう。
そうそう、在特会は叩くべし、叩くためなら何をしてもいい、というまるでテロリストの論理を用いて、それが正義だと言い張るのかもしれない。それこそが左派の生きる道。左派の目指す道なのだ。

日本を叩くために、悪に仕立てるために、ねつ造記事を書き、それは歴史問題だけに限らず・・・・つい最近は「吉田調書」の件で、原発の職員は逃げたとウソを書き、世界に喧伝した朝日新聞のように。

アンネの日記が図書館で破られた件でも大騒ぎし、世界に喧伝し、日本はナチス化している、恐ろしいことになっている、右傾化していると言わんばかりだったが、犯人が捕まってみれば、どうやら精神障碍者っぽく、犯人の名前さえ報道されず、尻すぼみ。

とにかく日本は悪で危険な国だと、世界に印象付けることが左派の仕事だ。

と、左派に対して、そんな妄想を抱いてしまったのだ。ま、「頭がおかしいネトウヨのハヤシさん」のことだから、許してね。

しかし、宮本さんのような手法・・・喧嘩を売るようなことをし、バッシングされて、「ほら、こんなに酷いことをするんです」と被害者ぶり、左派がそれを利用し、日本がいかに悪であるかを喧伝していくとすれば、ますます宮本さんはバッシングされ、やがて、その矛先は、一般の混血の方にも向けられるかもしれない。

そうやって、民族憎悪を煽っている・・・
でも煽っているのはどっち?

いや、それが実は左派の本当の目的・・・

という妄想が、ハヤシに「プライオリティ」みたいな物語を作らせるのだ。
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/
※シーズン2からは、トウア国民と移民のシベリカ人の憎悪が煽り立てられ・・・というような話になっていく。移民を悪者にはしていない。絶対悪は存在しない。どちらにも「言い分」があり、でも話し合いで解決せず、暴力、テロへと発展していく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎度毎度の物語紹介。
※今もちょくちょく加筆訂正加えてます。
どうぞ生温かく見守ってやってください。

物語「プライオリティ」について(もち無料)
『不戦の民』と『戦犯』の子孫と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦う物語。
リサとセイヤ表紙IMG_0001.jpg

「なろう」で連載中↓
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/

pixivではこちらです。
1~9→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
10~19→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

20~24(最終回)→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=3

 架空世界を舞台にしてますが、現代の日本と変わりない世界観になっています。

 漫画イラスト付き。
 謀略策略ありの人間ドラマ。
 基本シリアス、たまにコミカル。
 オリジナル長編小説。

 漫画のような分かりやすさとノリ、小説のような登場人物の心理描写と展開の早さ、読みやすさを心がけてます。

 シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
 シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
 シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
 シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

※次シーズンに橋渡しをしつつも、物語はシーズンごとに区切りをつけます。 各シーズン9万字~11万字程度です。
 はじめのほうは右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めば、実はそうでもありません。

「パラレル・プライオリティ日本編」について。
こちらは明るくユーモアたっぷり楽しいコメディ短編集。

本編「プライオリティ」のパラレルワールドとして、本編のキャラたちが日本人として登場する、現代の日本を舞台にした物語です。
なお、本編を知らなくても、分かる内容になってます。

夫婦愛、家族愛、ほのぼのな日常生活を描きつつ、日本の社会問題を少し織り交ぜながら、ちょっと悪乗りしつつもコメディタッチで描く短編集。
日本の文化や四季折々の習慣にも触れていければと思ってます。
http://ncode.syosetu.com/n2006cl/
なお、短編として一話一話で区切りがついており、時系列に進むとはかぎらないので、どの話から読んでも大丈夫です。

ピクシブではこちら
http://www.pixiv.net/series.php?id=486383
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。