ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はネットでみつけた記事を拾いながら、改めて「日本ヘイト」について語ってみる。

北朝鮮拉致問題について。

https://twitter.com/Sunplasyuu14/status/613315722039525376

井筒和幸「北朝鮮はワルないよ」
辻元清美「拉致被害者が返ってこないのは当然。北朝鮮に補償もしてないのに」

・・・・・・・
え? 本当にこんな発言したの? だとしたら、恐ろしい日本差別だ。
何でもかんでも日本のせい? 拉致されたのも日本が悪い? 
きっと、この人たち、日本が攻撃されたり、日本人が在日に無差別に殺されても、日本が悪いから、と言うんだろうな。(ひゃあ、ほんと? まだ信じられない。デマじゃないよね?)

※日本は韓国に北朝鮮の分も補償している。後は韓国が北朝鮮と交渉するべきで、日本は補償については、解決済み。

そういえば、昔、左派が仕掛けた嘘「数万人の朝鮮人強制連行説」が信じられていた頃、この北朝鮮拉致問題について、デビ夫人孫正義氏も「昔は日本だって、朝鮮人を数万も拉致したんだから」と、いかにも「日本が悪いことしたんだからお互い様」と言いたげな発言をしていた。

そうそう、広島の原爆記念碑だって、まるで「日本が悪だったから、原爆を落とされた=二度と過ちを繰り返しません」と刻まれているという。
アメリカが日本の民間人を狙って、大量殺戮、ホロコーストをしたのに、「日本が悪だったから仕方ない」とでも言いたげだ。

【日本も悪かったんだから仕方ない。日本は何をされても仕方ない】と、そんな空気はまだまだ日本に生きている気がする・

こういった空気が残っている限り、こういった日本差別をする人たちがいる限り、私は移民政策に反対。

おそらく移民がきたら、トラブルが起きた時、日本人が悪いとされ、批判をすれば差別だと責められ、下手をすれば「人権擁護法案やヘイトスピーチ規制法」で日本人の言論の自由が奪われ、外国人に批判もできなくなり、やがて一部日本人の中で不満がたまり、外国人に対する憎悪が生まれ、お互いにいがみ合うことになるかもしれない。

日本人だけに「善人であること」「がまん」を押し付けるのは、差別である。

移民で何かとトラブルをかかえ、テロや暴動、ヘイトクライムまでいってしまっている欧米。日本人は、そんな欧米人と同じ普通の人間である。

ミス・ユニバースの宮本エリアナ氏の件、ブラジル人が日本人医師を悪の仕立てたことなど、ごくごく一部の人の行為が、やがて外国人への警戒感が増し、
しかし「日本は差別社会=悪」とされ、日本人の一部の中に憎悪が生まれる。

在日コリアンや、宮本さんへのバッシングがそれを示している。

なによりも、日本人の中に、北朝鮮のテロ行為=拉致をも正当化し、日本が悪いから、という思考をする辻本議員がいる。

中国で反日デモが起き、企業が焼き討ちにあったときも、自民党元議員の野中広務氏も中国のテレビ番組で「日本が悪かった」という発言をしていた。(と言う動画を見た。今も動画があるはずだ)

在特会に対するカウンターの暴力行為も正当化する有田議員もいる。

日本人へのテロ行為、暴力行為を正当化する国会議員がいる日本。
外国人バッシングをする日本人を悪とするだろう。
そうされた日本人はますます過激化し、攻撃的になる。在特会レベルじゃすまなくなるかもしれない。
憎悪は止められないだろう。

・・・・・・・・
余談その1 リョーコさんのひとこと。

転載
【解決済みのことへの「真の謝罪がない」などの計測不能な要求は、相手が自発的に対応した形にすることで不当な要求を正当化し、さらにいつまでも足りないと要求し続けるヤクザの手口です】

・・・・・・・・
余談その2(拡散希望)

https://twitter.com/hinatanococo/status/609778857126703104

支那事変開始当時のアメリカ軍アジア艦隊の資料1937年~1938年には「第二次上海事変で中国軍が繰り返し租界を空爆したこと」など戦後捏造史でない真っ当な事が割と書かれてあります。
本格的支那事変へ突入となった第二次上海事変について租界への爆撃を繰り返した「中国に責任あり」との文書。

でも、左派は日本だけが悪、中国は一つも悪くない、としたいんだろうなあ。

・・・・・・・
余談その3 左派の動きいろいろ

これはやっぱり右派に肩入れしないとヤバいな、と思った。

ちなみに自分は、本当の右派のような愛国心はなく、単に自分が生活する日本国の権利や権益、国益を守りたい、外国に奪われるのが嫌(=つまり貧乏になりたくない、左派が理不尽だと思うため)なので、それを奪おうと画策する左派を敵とみているだけである。いつまでも日本へ反省とお詫びと補償を求める左派、日本を絶対悪、加害者とする左派は、私にとっても敵なのだ。

では気になった左派関連記事。

・・・さすが朝日。沖縄独立論を取り上げる。中国への脅威がすっぽり抜け落ちている点が何とも・・・

朝日新聞デジタルより転載。

沖縄戦が終わって70年。今年も沖縄慰霊の日を迎えた。今もなお、米軍基地が集まる沖縄は現在、「イデオロギーよりアイデンティティー」との知事の訴えのもとに、県民の結束を高めている。さらに、何度目かの「独立論」も浮上。「本土の捨て石」とされた沖縄は、どこに向かうのだろうか。

■「日米の植民地」と反発

「アメリカに従属する日本政府の統治下にある限り、基地はなくならない」

今月2日、東京都内の日本記者クラブでの会見で龍谷大教授の松島泰勝さんがそう語った。松島さんは、2013年に設立された「琉球民族独立総合研究学会」の共同代表。沖縄を「日米の植民地」と位置づけ、「琉球人の琉球人による琉球人のための独立」を目指す。

「沖縄独立論」は、1879年に琉球藩を廃して沖縄県とした「琉球処分」、1945年の終戦、72年の日本への「復帰」などの節目に、沖縄の人たちの間から湧き上がってきた。

日本女子大助教の高橋順子さんによると、60年代までの主な独立論は、日本への復帰で米国の支配から脱することを目指していた。本土復帰が決まると、今度は日本への統合が進み、民族の独自の文化や精神が揺らぐ危機意識から独立を求める「反復帰」の議論が起きた。ただ「反復帰」は、政治的独立を求めるまでには至らなかった。

独立論に変化がみられるのは90年代以降。冷戦終結後も米軍基地は残り、95年には米兵少女暴行事件が発生。高橋さんは「冷戦後の世界の民族独立の動きにも影響を受け、先住民族の自決権に基づいて、政治的な独立を求める議論が目立つようになった」と話す。

松島さんたちは、現在、沖縄県内で起きている大きな流れに独立論を乗せようとしている。

昨年11月の県知事選は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する翁長雄志氏が当選した。翁長氏は、「イデオロギーよりアイデンティティー」と訴え、保守の一部と革新との団結を実現させた「オール沖縄」が支えた。

昨年の名護市長選や衆院選でも辺野古移設反対の民意が示された。「沖縄のことは沖縄で決める」という、自己決定権の主張は、沖縄で強くなっている。

政治学者の姜尚中さんは「沖縄は動きだしています。歴史を掘り起こし、アイデンティティーを見つけました。(略)琉球ナショナリズムは根強い広がりを見せるでしょう」(AERA3月9日号)と分析。作家の佐藤優さんも「安倍晋三政権の辺野古への新基地建設に対する姿勢は、沖縄からすれば植民地主義そのものである。(略)自分の身は自分で守るしかないと沖縄人は感じている」(週刊エコノミスト5月12日号)と指摘している。

「『オール沖縄』は、琉球ナショナリズムとも言えるし、それが独立運動の原動力になっている」と松島さんは話した。

・・・・・・・
http://www.sankei.com/affairs/news/150624/afr1506240001-n1.htmlより転載

神奈川県大和市と市教育委員会が後援し、今月開催されたイベントで、出演したアイドルグループが自民党などを批判する内容の歌を歌っていたとして、市と市教委が同イベントに出していた後援名義を取り消す方向で検討していることが23日、分かった。
「特定の政党、宗教、その他政治団体および宗教的な団体などを支持し、またはそれらの活動に関係のないもの」とする後援名義要領にそぐわないとして、後援名義の事後取り消しを近く主催者側に伝える。

市によると、イベントは「若者と国家-自分で考える集団的自衛権」とのタイトルで「憲法九条やまとの会」が主催、今月13日に市保健福祉センターホールで開かれた。イベントではアイドルグループが「諸悪の根源、自民党」「本気で自民党を倒しましょう!」などと自民党や安倍晋三政権を批判する内容を替え歌で歌ったという。

・・・・・・・
http://www.sankei.com/premium/news/150514/prm1505140006-n1.htmlより転載。

○校内に『暴走する安倍政権』のビラ、「政治的でない」言い張る日教組教員…

「安倍内閣の暴走が止まりません!!」。校内の廊下に掲示したこんなタイトルのビラを「政治的ではない」と主張し、教頭の撤去命令に応じない先生たち…。日本教職員組合(日教組)の第64次教育研究全国集会(教研集会)が2月6~8日、山梨県で開かれた。全国から延べ約1万人の教職員が参加し、日ごろの教育活動の実践例を報告し合う場だが、中にはこんな報告もあった。

ヒトラーに見立てた安倍首相の似顔絵イラスト

掲示板設置をめぐる経緯について熱弁をふるう女性教員があらかじめ公表した教研集会の資料には、口ひげをつけた安倍晋三首相が右手を掲げ、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーに見立てた似顔絵イラストとともに次のような見出しが記されていた。
「安倍内閣の暴走が止まりません!!」

・・・・・・・
転載終わり。

教育基本法14条に反している。
いや、左派=日教組の暴走が止まりません、だろう。

日本の左派ではなく、韓国の動きだけど・・・なぜアメリカで裁判??? とにかく欧米に訴えようと必死。
韓国の暴走も止まりません。

http://www.sankei.com/world/news/150623/wor1506230036-n1.htmlより転載。

元慰安婦が天皇陛下や安倍首相、産経新聞などを提訴の構え 2000万ドルの損害賠償 米国の裁判所に。

聯合ニュースによると、韓国の元慰安婦の女性らが23日、共同生活する京畿道広州の施設「ナヌムの家」で記者会見し、日本政府が7月までに謝罪と慰安婦問題の積極的解決策を示さない場合、2000万ドル(約24億7000万円)の損害賠償訴訟を米サンフランシスコ連邦地裁に起こす方針を明らかにした。

訴訟対象は、天皇陛下と安倍晋三首相、三菱重工業などの米国進出企業のほか、産経新聞も含む計画だという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎度毎度の物語紹介。
※今もちょくちょく加筆訂正加えてます。
どうぞ生温かく見守ってやってください。

物語「プライオリティ」について(もち無料)
『不戦の民』と『戦犯』の子孫と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦う物語。
リサとセイヤ表紙IMG_0001.jpg

「なろう」で連載中↓
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/

pixivではこちらです。
1~9→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
10~19→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

20~24(最終回)→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=3

 架空世界を舞台にしてますが、現代の日本と変わりない世界観になっています。

 漫画イラスト付き。
 謀略策略ありの人間ドラマ。
 基本シリアス、たまにコミカル。
 オリジナル長編小説。

 漫画のような分かりやすさとノリ、小説のような登場人物の心理描写と展開の早さ、読みやすさを心がけてます。

 シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
 シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
 シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
 シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

※次シーズンに橋渡しをしつつも、物語はシーズンごとに区切りをつけます。 各シーズン9万字~11万字程度です。
 はじめのほうは右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めば、実はそうでもありません。

「パラレル・プライオリティ日本編」について。
こちらは明るくユーモアたっぷり楽しいコメディ短編集。

本編「プライオリティ」のパラレルワールドとして、本編のキャラたちが日本人として登場する、現代の日本を舞台にした物語です。
なお、本編を知らなくても、分かる内容になってます。

夫婦愛、家族愛、ほのぼのな日常生活を描きつつ、日本の社会問題を少し織り交ぜながら、ちょっと悪乗りしつつもコメディタッチで描く短編集。
日本の文化や四季折々の習慣にも触れていければと思ってます。
http://ncode.syosetu.com/n2006cl/
なお、短編として一話一話で区切りがついており、時系列に進むとはかぎらないので、どの話から読んでも大丈夫です。

ピクシブではこちら
http://www.pixiv.net/series.php?id=486383
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。