ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞の夕刊を図書館で見たのだが・・・シールズや「しばき隊=CRAC」を持ち上げていたな。朝日も有田議員と同じく「しばき隊のやり方=暴力性」を正当なものとしているようだ。
敵(差別主義者)はどんな手を使ってでもつぶせ、ということですね。

いや、これが現実だよね。
左派も、そういったところは現実的なんだな、と思った。平和憲法を守れ、戦争=暴力反対と言いながら^^;

二重基準もお互い様、都合のよい資料や証拠、証言を持ってくるのもお互い様、時にはねつ造をし、相手をいかに悪に仕立てることができるか、そして声が大きい方が勝ち、プロパガンダ合戦となる。

私も日本にがんばってもらいたいので、ネトウヨとして、ちょっと参戦。
※こちらも「サヨク」「左派」と十把一絡げでレッテル張りしているので、私も「ネトウヨ」「右翼」でいいです^^。お互い、黒く戦おう。

・・・・・・・
というわけで、黒い気分を引きずった「世界遺産登録」

『朝鮮人の強制労働』が、河野談話、慰安婦問題と同じ構図で、げんなり。

慰安婦もかなりお金を稼ぎ、けっこういい思いをした人と、悲惨な人がいる。
民間の業者に騙された人もいるだろう。報酬が約束と違った人もいるだろう。逃げないように見張られたりした人もいただろう。

今現在も、水商売の女性で、暴力団がからめば、相当悲惨なことになる。強制的に働かされている人もいるだろうし、ピンハネされる人もいるだろう。

けれど、だからといって民間レベルの犯罪について、日本国に国家としての謝罪と補償を求めるのはおかしいのだ。

同じく、朝鮮人労働者もかなりお金を稼いだ人もいただろうし、悲惨な目にあった人もいるだろう。
民間業者に騙された人もいるだろうし、報酬が約束と違ったり、民間レベルで強制的に働かされた人もいるだろうし、ピンハネされた人もいただろう。

今現在だってブラック企業があるくらいだ。自殺する人もいるくらい過酷だ。

けれど、だからといって民間レベルの犯罪について、日本国に国家としての謝罪と補償を求めるのはおかしいのだ。
なお、国が関わり戦時徴用した朝鮮人については、報酬の未払い分については、国家として補償済み、解決済み。

慰安婦も、日韓基本条約があったため、国としての補償はできないが、民間を通しての補償をしようということで「アジア女性基金」を作り、当時、小泉総理なども謝罪をし、補償して、解決済みなのである。

高給取りもいたし、悲惨な目に遭った人もいるのだろう。慰安婦も労働者も。
で、それは朝鮮人に限らず、日本人の間でも、高給取りもいたし、悲惨な目にあった人もいる。

池田信夫氏によると
【私も1991年に韓国で当時の元労働者にインタビューしたことがあるが、「日本の給料が高いので出稼ぎに行ったが、労働条件がひどく、逃げようとしたらタコ部屋だった」といった証言がほとんどで、「連行された」というコメントは1人もなかった】
とのことだ。

『広義の強制性はあった』(=親に売られたり、民間業者に騙されて、意に沿わないのに、強制的に労働をさせられた)、だから強制性はあった、というのは、慰安婦問題でこりごり。日本人の多くはそう思っているだろう。それは国家賠償できない案件だからだ。だからこそアジア女性基金が作られ、日本なりに精いっぱいやり、解決をはかった。
しかし、韓国は強制性があったとする慰安婦問題を世界中に喧伝し、日本に国家賠償を求める運動を展開中だ。

だから、広義であろうが『強制労働』という言葉は認められないのだ。
かならず外交問題となり、結局は、嫌韓が広がるだけである。
韓国では反日、日本では嫌韓、お互いが敵となる。それを喜ぶのは中国だ。

・・・・・・
池田信夫氏の発言http://agora-web.jp/archives/1647603.htmlより転載。

【徴用工245人の未払い賃金などの補償問題は日韓基本条約で決着ずみで、日本政府の経済援助5億ドルの中から韓国政府が払うことになっている。しかし今年6月、韓国の光州高裁は戦時中に朝鮮半島から徴用され、三菱重工業の名古屋の軍需工場で働かされたと主張する韓国人女性や遺族計5人に約1億ウォン(約1100万円)を支払うよう命じた。
徴用は国家による動員なので強制といってもよいが、合法である。朝鮮人労働者の圧倒的多数は募集や官斡旋であり、「多くの朝鮮人が意に反して連行され、強制労働した」というのは事実に反する】

そして、池田氏はこう懸念している。
【今度の「強制労働」も、三菱重工のような訴訟を誘発するおそれが強い】

韓国は決して、中国やアメリカ、ロシアにはこんな無茶はしないのでは、と思う。国家間で取り決めた条約、ルールは守るだろう。
日本に対してだけ、条約を破り、国家として異常な反日を続けている。もはや北朝鮮レベルに信用できない国だと思った。

・・・・・・

軍艦島」といえば、小説「ダークゾーン」(貴志祐介)、「とある飛空士への夜想曲」(犬山小六)を思い出す。どちらの物語もおもしろかった。おすすめです。※「とある」のほうは「戦艦島」になっているが、もちろん「軍艦島」がモデル。

が、それが韓国によって『東洋のアウシュビッツ』などと喧伝されている。気分悪い。

※ちなみにテレビタックルでは・・・「軍艦島」についての放送があった。朝鮮人労働者も重労働ではあったが賃金は良かったそうだ。http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5862.html

ということで、この新聞記事は本当なのか、嘘なのか・・・(ま、うそつき朝日だしね)
CJM4ZbfVAAAldWs.jpg



しかし・・・英国テレグラフ紙は・・・「奴隷労働施設」と報道しているみたい。
http://hosyusokuhou.jp/archives/44688809.htmlより転載。

■日本の奴隷労働施設が世界遺産認定
(Japan slave labour sites receive world heritage status)
23件の初期産業施設に関する日本の世界遺産認定への立候補が論議を呼んでいたが、日本が韓国に譲歩し、
これらが強制労働(forced labour)の施設であったという点で合意したことで、認定を受けることになった。

日本の鉱山、造船所、製鉄所からなる施設群は、これらがかつて奴隷労働(slave labour)
の舞台であったと同国が認めたことで、ユネスコ世界遺産の認定を受けた。

日本の産業革命を代表するとされるこれら23施設の世界遺産登録に向けての日本の努力は、
韓国と中国からの広範な批判を招いていた。両国は日本の立候補について、第二次大戦前・戦中に
日本の占領軍によってこれら施設に送り込まれた多数の両国民の苦難を見過ごしていると主張していた。

これらの施設で労働を強いられた英国人戦時捕虜の遺族も、この立候補に反対を表明していた。

だが韓国政府は、これら施設の一部が朝鮮半島出身の強制労働者(forced labourers)を
用いていたことをユネスコ登録時に明示すると日本が承諾したことで、反対を取り下げた。
これにより日曜日の決議がもたらされ、日本では昨日祝賀行事が行われた。

ドイツのボンで行われたユネスコ会合に出席している日本の代表は、同国が「1940年代に
一部の施設で多数の朝鮮人やその他の人々が意に反して連れて来られて厳しい条件で
働くことを強いられたことが理解されるような手段をとる用意がある」と述べた。

韓国政府外交部のウェブサイトによれば、韓国の要求への更なる譲歩として、日本は犠牲者追悼
のための情報センターも設置するという。

同ウェブサイトは以下のように付け加えた。「朝鮮人(Koreans)が1940年代に意に反して徴用されて
厳しい条件での労働を強いられたという史実について日本が言及したのは、これが初めてです。
この問題が対話を通じてスムーズに解決されたことが、韓日関係の一層の発展に貢献することを、
韓国政府は希望しています。」英国人捕虜に関する言及は特段なされなかった。<後略>

・・・・・・・
転載終わり。

中国では案の定・・・

以下転載
・・・・・・・
【北京時事】中国外務省の華春瑩・副報道局長は7日、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録をめぐり、岸田文雄外相が日本代表の発言について「強制労働を意味するものではない」と述べたことに対し、「強制・奴隷労働は日本軍国主義が対外侵略・植民統治時代に犯した重大な罪だとわれわれ皆が知っている。事実の否定、歴史の歪曲(わいきょく)を許さない」と批判した。

 華副局長は「こうした重要な問題で言葉遊びをするのは、国際社会に笑われるだけであり、歴史問題で日本が最低限の誠意もないことを改めて示すだけだ」と非難。「日本は責任ある態度で、歴史問題を解決し、実際の行動で隣国と国際社会の信頼を得るべきだ」と訴えた。 
・・・・・・・

関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。