ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国の異常な反日ぶりに、韓国は国益を損なっても、反日がやめられないのではないか、とも思った。
今回はそのことについて、語ります。

では、まず世界遺産登録問題「強制労働」の件で、
参考になったサイト記事を紹介していき、私の考えを述べていきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/himehachatora/47745634.html
(朝鮮人炭坑夫の給与明細。日本人炭坑夫と差はなく、当時の日本兵士よりも高額。その給与明細などの証拠画像あり)

それなのに・・・海外では、日本の世界遺産=奴隷施設と喧伝されているところもあるようです。
https://samurai20.jp/2015/07/it_is_no_use_crying_over_spilt_milk/

そこで、韓国はなぜ異常なほどに反日なのか・・・
もちろん「たかり根性」「日本はお人よしだから、責めれば譲る」「日本の中にも、反日韓国朝鮮寄りの人=サヨクがいるので、日本を安心して叩ける」「とにかく日本が嫌い」「日本を叩く方が国益になる。日本は金を出す」「反日はビジネスになるから」と考えている韓国人も多いだろう。

けれど、そうではなく「これは反日という宗教。韓国は反日教の信者であり、反日は正義、聖戦ジハードだ」「悪気があってやっているのではなく、正義感から反日活動行っている」「ビジネスというよりも、信仰心。反日は善なる行い」「反日活動=聖戦=悪の日本を正している」と思っている韓国人もいるのでは、という考えを聞いて、なるほど、と思った。

以下、それについて書かれたサイト記事を紹介。

・・・・・・・・・・
http://oboega-01.blog.jp/archives/1033376673.htmlより一部、編集転載。

韓国の目的は「反日を続ける」こと 。日本が譲歩しても、韓国側の満足が 得られるはずがない。韓国の反日は何かの実現を目指してい るわけではなく、反日を続けること自体 に意義があるからだ。彼らは日本人をも「反日教」に帰依させようとしてる.

韓国人が日本人を殺したいというのは、まさに「異教徒を改心させたい」「神の罰を与えて心を入れ替えさせなければ」みたいな感情です。
で、宗教だからこそ、世界中でピュアな気持ちで布教活動をするし、なにがあってもめげないんです。敬虔な信者が布教活動するにあたって、障害なんて神からの試練です。日本の妨害など悪魔の妨害にしか見えない。

そもそも韓国人の多くは、自分たちが反日やってるという自覚もない。「正しきこと」「悪い日本人を更正させるのは良きこと」と思ってやってるので。もちろん自覚ありの反日もたくさんいますが。
でも嫌韓日本人のなかに、自覚なき嫌韓はいない。


私は韓国から反日を取り除くのは、ISをキリスト教徒にすることぐらい困難なことだと思ってます。
宗教だからです。

日本が謝罪しても終わらないのは当然です。

・・・・・・・・・・
http://agora-web.jp/archives/1643099.htmlより一部、編集転載

「反日=宗教」説は以前からありましたから、「反日=ジハード」説も少しも不思議ではありません。

韓国こそが日本に対してヘイト・レイシズム・精神的暴力を振るっているのだと、日韓関係悪化の本質をちゃんと見抜いているわけです。

これに対して、日本では二種類の間違った反応が存在しています。
一つは、韓国を一切批判しないどころか、何事も擁護し、逆にすべてを日本に責任転嫁する行為です。そのような奴隷的態度は韓国に対する本当の友情ではなく、逆に彼らの悪心を増長させる結果しか生みません。
もう一つは、怒りに身をまかせて攻撃的なカウンター・レイシズムに打って出る行為です。

しかし、これは己を貶め、ますます相手の過激化を誘い、最終的にはイスラエル・パレスチナ間のようなヘイトと暴力の応酬へと繋がって、子孫に対して多大な負の遺産を残しかねません。この二つの反応は、正反対のようでいて、実際は、日韓の相互理解のために何にもならないという意味において、同類のものではないでしょうか
(もっとも、もはや相互理解を目指す必要はない、そんな段階は韓国側の執拗な反日によってとっくに頓挫したのだ、という見方もあるでしょうが)。

こういった反日のファナティック化について、「従北左派のせいだ」とする意見や、「日韓どっちもどっち」論なども見ることができます。
前者の意見は韓国のネットでしばしば見られます。後者のほうは、一見、公正のようでいて、日韓をさも同罪であるかのように相対化することは、問題の本質からかけ離れている気もします。

また、「民族差別」や「偏狭なナショナリズム」の問題を取り上げる場合、自身を戒めるだけでなく、逆に自分たちがその対象にされた時、どうすればよいのかという視点が欠落しがちに思われます。

・・・・・・・・・・
転載終わり。

「反日=宗教=ジハード」説、韓国にとって反日は聖戦ISISと話が通じないのと一緒。
日本人が日本人をやめる(改宗する)まで続くとしたら徹底抗戦するしかない?

いや、この反日教・・・日本の一部左派も信者なのでは、と思った。

度々紹介しているけど、30年前に吐いたという加藤登紀子氏の言葉は、まさに日本を心の底から嫌い、呪い、己が日本人であることを嫌悪している様子が表れている。

○加藤登紀子氏の言葉
【 日本という言葉を発するときに、たえず嫌悪の匂いが私の中に生まれ、その言葉から逃れたい衝動にかられる。】
(もちろん、今現在、加藤氏はどう思っているのかは知らない、考えが変わっているかもしれない)

そして、もしかしたら民主党の有田議員も「反日教の信者」なのでは、と。
日本を叩くことは正義であり、善なる行いであると。だから日本ヘイトをしている自覚はない。

一方、日本人が、韓国人や中国人を叩くと「差別だ」として、徹底的に非難する。暴力をふるう「しばき隊」の行いも容認する。(そう言えば、朝日新聞もしばき隊=現CRACを持ち上げていることから、暴力を容認しているようだ)

これはテロリストの論理だ。悪を正すためなら、暴力も仕方ないとする考え。
悪である日本人を暴力でもって叩くのは善なる行い、つまりイスラム過激派ジハードと同じ思考。

私は左派の二重基準を疑問に思っていた。これは日本ヘイト、日本差別だというくらい、左派は反日だ。
左派の二重基準を指摘する人々はたくさんいる。なのに、それについては無視だ。

普通の頭脳の持ち主であれば、二重基準であることは分かるはずだ。
なのに、左派は、どうしても中国韓国を擁護し、批判できない。まず「日本が悪い」としたい。
中国や韓国も批判しなくてはいけない場合は「でも日本も悪いよね」「日本のふるまいが、中国や韓国をあのようにさせてしまうのだ」「もとは日本が悪い」とする。

が、これら左派の反日ぶりは、もはや「宗教=信仰心であった」なら・・・納得である。

彼らにとって、反日は善行であり、いや、そもそも反日とは思っていない・・・彼らにとっては「日本の悪を正しているだけ」なのだ。
だから、サヨクとは話し合いなど通じない。ISISと話が通じないのと一緒。
価値観が違うのだ。

もちろん、「反日ビジネス=反日活動は社会活動する上でいい宣伝になり、いろいろ支援される=私腹を肥やすため」のためにやっている人もいるだろう。福島瑞穂氏はこちらのタイプかもしれない。
けど、有田芳生氏は「反日教の信者」のような気がする。洗脳はなかなか解けないだろう。

反日教の信者として長きにわたって活動してきた人ほど、反日教から脱するのは難しいかもしれない。だって長いこと信じていたのだから。それを否定することは、己の今まで生きてきた人生を否定することになる。
だから間違いを指摘されても、耳を貸さず、反日教にすがるだろう。絶対に「おかしい」とは認めない。認めることができない。

朝日新聞毎日新聞は、社としては「反日ビジネスでやっている」のだろうが、記者は「反日教」かも。
いや、ひょっとして社としても・・・反日が社是になっている=宗教化しているかもしれない。
「悪の日本を正す」という崇高な使命をもって、やっているのかもしれない。なので、日本は悪でないとダメなのだ。だから時にはねつ造してでも、日本を悪に仕立てる。そして、悪の日本を暴く正義の朝日新聞となるのだ。

韓国は国をあげて反日である。反日であるほうがビジネスになるから、というのもあるだろう。が、すでに反日がアイデンティティ化している=宗教じみているとしたら=イスラム過激派が異教徒を憎むような感覚もあるだろう・・・いずれは、ヘイトクライムが起きるかもしれない。(実際、生野市で、在日韓国人による日本人無差別殺人未遂事件が起きている)

韓国政府は、こういった韓国社会を利用し、政権を維持するだろう。正そうとは思わない。だから、ますます反日は進み、今では韓国政府が率先して反日言動をしている。

日本のサヨクは、日本人による韓国人へのヘイトクライムを心配しているが、その反対については無関心。というか、反日教なので、仮に、韓国人による日本人へのヘイトクライムが起きたとしても、「それは日本人が韓国人を怒らせたからだ」と『日本も悪い』とするかもしれない。あるいは、生野市の事件のように、あまり報道しないようにするのかもしれない。
(うちの親は、私が言うまで、この事件を知らなかった。しかも最初はテレビの夜のニュース番組も新聞も報道していなかったので、ネトウヨのデマだと信じてもらえなかった。ちなみにテレビでは夕方までのニュースではやっていたので、その証拠を出して、信じてもらえた)

もちろん、親日の韓国人もいるだろう(ツイッターでも日本を擁護する韓国人、韓国を批判する韓国人がいる)、なので十把一絡げにしてはいけないことを重々承知の上で・・・

韓国とはできるだけ距離を置いたほうがいいと思う。約束は反故にされる可能性が高いので、北朝鮮と同じく警戒してほしい。これは差別ではなく、自衛だと思う。(昔なら、こういった考えは差別だと断罪されていただろう)


※韓国で日本人が襲われる・・・ヘイトクライムも疑われる事件
http://www.geocities.jp/koreanurupo/より一部転載。

韓国日本人学校襲撃事件

ソウル・水西(スソ)警察署は29日、日本人に殴られたとして日本人幼児2人を鈍器で殴った疑い(殺人未遂)で朴某(36)容疑者の拘束令状を申請した。
警察によると、朴容疑者は同日午前10時ごろ、ソウル・江南(カンナム)区の日本人学校前で幼稚園の通学バスから降りた日本人の女児(6)と男児(5)2人の頭を用意していた鈍器で殴った疑いが持たれている。

日本人幼稚園児がおので襲われた事件を捜査中のソウル水西(スソ)警察署は30日、
「11月にも日本人小学生が拉致されそうになる事件があった」と明らかにした。
・・・・
転載終わり。

日本の中の反日。旧日本軍を敵視し、軍人を悪に仕立てた大江健三郎氏「沖縄ノート」と、日本社会と日本メディアについて。

※沖縄 軍の命令による集団自決のウソ
・・・・
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/777940.htmlより一部転載。

第二次大戦末期の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)が、「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする住民は1人もいなかった」と証言した。現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑性が薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な材料になりそうだ。

照屋さんは、旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や日本政府南方連絡事務所の担当者らで、集団自決犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。

同法は、一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いとする案が浮上。村長らが、赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、同意を得たという。照屋さんらは、赤松元大尉が自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の厚生省(当時)に提出。これにより遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。
(http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/16661/)


照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。

渡嘉敷島の集団自決は、昭和25年に発刊された沖縄戦記「鉄の暴風」などに軍命令で行われたと記されたことで知られるようになった。大江健三郎さんの「沖縄ノート」では、赤松元大尉が「『命令された』集団自殺をひきおこす結果をまねいたことのはっきりしている守備隊長」と書かれている。

その後、作家の曽野綾子さんが調査やインタビューを基にした著書「ある神話の背景」で軍命令説への疑問を提示。平成17年8月には、赤松元大尉の弟らが岩波書店と大江さんを相手取り、損害賠償や書物の出版・販売の差し止め、謝罪広告の掲載を求める訴えを大阪地裁に起こしている。(一部略)
(http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/16661/)
・・・・
転載終わり。

こういったこと、テレビではあまり報道されない。
日本のメディアはまだまだ「反日」なのかもしれない。

なお、大江氏の「沖縄ノート」では、もうひとり、旧日本軍の梅澤元隊長も「集団自決をさせた」と書き、梅澤さんは裁判を起こし、証人も現れ、梅澤さんの冤罪は晴れたものの、「沖縄ノート」の本の回収差し止めは拒否されたという。

梅澤さんの人権は長いこと奪われ、職を転々とし、隠れながらの生活を強いられた。
なのに大江氏は、裁判に一度も現れず、責任をとろうとしなかった。

大江氏もおそらく「反日教」の信者かもしれない?

本当に「人権を大切にする人」であれば、梅澤さんや赤松さんに対し、謝罪し、沖縄ノートは間違いであったと訂正し、梅澤さんと赤松さんの冤罪を晴らそうとしたはずだ。

しかし、旧日本軍人は絶対悪だとし、彼らの人権を奪っても何とも思わない=彼らを貶め、冤罪であろうがなかろうが、罰を与えることはジハードだと思っているのかもしれない?

あるいはノーベル文学賞をとった作家として、「沖縄ノート」の間違いは認めたくない=プライドが許さない=謝罪したくなかったのか?

朝日新聞はじめ毎日新聞、TBS、テレビ朝日、NHK、こういった大江健三郎氏など一部左派が、かつての日本を過度に悪に仕立て、冤罪を作ることを良しとしてきたのは、反日ビジネスにつながるからなのか、それとも「反日教」の信者だからなのか・・・

ビジネスで動いていたとしたら、『今後、反日はビジネスにならないこと』を徹底すれば、解決するが、もしも「反日教=日本は悪であり、どんな手を使ってでも、日本を責める=叩く=攻めることが善であり、ジハードだ」という教えを信じていたとしたら、これを解くのは難しいかもしれない。

日本では、反日教の信者以外の一般日本人の間では、嫌韓が広まり(仕方ないと思う)、そんな日本人を見て、「日本は今もやっぱり邪悪だった」と反日教信者が増え、日韓が険悪になることを、中国が陰で喜ぶ・・・のかもしれない。

※ちなみに中国は「反日教」ではなく、反日であることが己の利益につながるので、そうしているのだろうと思う。一党独裁の国を守るため、日本やアメリカを敵視するのは当然だろう。

中韓は手を組み、かつての日本をナチスにしようと躍起。そして、安倍首相をヒトラーに仕立てたい。一部、日本の左派もそういう動きをしている。
なので、軍艦島を東洋のアウシュビッツと呼び、南京大虐殺を、ホロコーストを「あった」としたい。

ナチスは欧米諸国も嫌っている『絶対悪』だ。

なので、A級戦犯が祀られている靖国神社に参ることも、ヒトラーの墓を参ることと同じとするべく、かつての日本を『絶対悪』に仕立てていく。

韓国は欧米諸国で日本を絶対悪=ナチスに仕立てるべく喧伝している。
負けないようにしなければ。

※東京裁判は事後法で裁かれた公正さに欠け、正当性のない裁判。インドのパール判事などが指摘していた。事後法で裁くことは、近代民主主義国家でありえない。戦犯はその時生まれた概念。そして戦犯の定義に基づくなら、民間人を大量殺戮したアメリカや旧ソ連も戦犯であるが・・・戦勝国にはなぜか戦犯が存在しない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎度毎度の物語紹介。
※今もちょくちょく加筆訂正加えてます。
どうぞ生温かく見守ってやってください。

物語「プライオリティ」について(もち無料)
『不戦の民』と『戦犯』の子孫と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦う物語。
リサとセイヤ表紙IMG_0001.jpg

「なろう」で連載中↓
http://ncode.syosetu.com/n1557cj/

pixivではこちらです。
1~9→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062
10~19→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=2

20~24(最終回)→http://www.pixiv.net/series.php?id=471062&p=3

 架空世界を舞台にしてますが、現代の日本と変わりない世界観になっています。

 漫画イラスト付き。
 謀略策略ありの人間ドラマ。
 基本シリアス、たまにコミカル。
 オリジナル長編小説。

 漫画のような分かりやすさとノリ、小説のような登場人物の心理描写と展開の早さ、読みやすさを心がけてます。

 シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
 シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
 シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
 シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

※次シーズンに橋渡しをしつつも、物語はシーズンごとに区切りをつけます。 各シーズン9万字~11万字程度です。
 はじめのほうは右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めば、実はそうでもありません。

「パラレル・プライオリティ日本編」について。
こちらは明るくユーモアたっぷり楽しいコメディ短編集。

本編「プライオリティ」のパラレルワールドとして、本編のキャラたちが日本人として登場する、現代の日本を舞台にした物語です。
なお、本編を知らなくても、分かる内容になってます。

夫婦愛、家族愛、ほのぼのな日常生活を描きつつ、日本の社会問題を少し織り交ぜながら、ちょっと悪乗りしつつもコメディタッチで描く短編集。
日本の文化や四季折々の習慣にも触れていければと思ってます。
http://ncode.syosetu.com/n2006cl/
なお、短編として一話一話で区切りがついており、時系列に進むとはかぎらないので、どの話から読んでも大丈夫です。

ピクシブではこちら
http://www.pixiv.net/series.php?id=486383
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。