ハヤシのブログ

物語創作、ピアノ・ショパン、漫画、クロノトリガー、社会問題などについて語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高畑京一郎の「タイムリープ」を読んでみた。

アニメの「時をかける少女」も面白かったし、やっぱテーマがタイムトラベルというか「クロノ関係」なので興味をもったのだ。

案外おもしろかった。ヤング向けなので読みやすいし。

で、そこに書いてあったのだが、
タイムトラベルものでは「過去を変えられて、歴史は再構成される」「過去は変えられない、変えたとすれば、それはもともと歴史上に組み込まれていたこと」の2つに分けられるという。

このお話「タイムリープ」では、「過去は変えられ、変えた時点で歴史再構成されてしまう」というわけで、「なので歴史が再構成されないように、辻褄が合うように」、主人公たちがいろいろ頭を使って、ある事件を解決していく。

まあ、タイムトラベルものって、なんでもありになりがちだし
どこかで「決まりごと」をしっかり作らないと、こういうお話は難しいのかもしれない。

この「タイムリープ」では、主人公の女の子が、意識だけ時空越え、肉体は飛ばない。意識だけ、例えば「明後日」に飛んだとすると、「明後日」にいるはずの自分の肉体にその意識が入る。従って「明日」の記憶はない。意識は「明日」を過ごしていないのだ。というような決まりごと。

このお話では、時空を飛ぶのも1日とか2日とかの単位。自分の好きなように越えることはできない。意識が勝手にある時間へ飛んでしまう。意識はある法則のもとで時空を越える。その日(時間)を何度もやり直すことは出来ない1回限り。

アニメの「時をかける少女」は、わりと自分のやり直したい「時」に戻り、何度も「時」をやりなおし、歴史再構成?できるという話だったと思うが・・・が、飛べる回数に制限があった。

クロノトリガーも「タイムゲート」のあるところだけ時空越えができ、歴史再構成できるという決まりごと・・・になるのかな。

この「制限」「きまりごと」をどのようにするか、これがタイムトラベルもののお話では重要になるのだな、と改めて思った。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「サマータイムマシンブルース」というDVDも借りて観てみた。タイムトラベルものの邦画ということで。

このお話では、
歴史改変(書き換え)や改変したらパラレルワールドができるということはない、歴史を改変したら矛盾が起き、すべてが消滅する、ということで、タイムマシンで過去に行ったSF部員たちが、歴史が変わらないように、矛盾が起きないように辻褄あわせでドタバタするお話。

で、結局、最初から辻褄があっていた、そういうふうに組み込まれていた、というお話であった(と思う)

うむ、「時喰い」がいなくとも、歴史改変したらパラレルができるのではなく、すべて消滅ーーー
うん、どうしたって矛盾が起きるよなー、だから時空が狂ってすべて消滅というのもありだよなー
関連記事

ハヤシ

Author:ハヤシ
2003年から8年間、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のサイトで、マンガ「ショパン物語」を連載してました。

商業誌でマンガ連載経験あり。

主な作品 
「音吉君のピアノ物語」(小学館・少年サンデー) 
「ご令嬢金崎麗子」(集英社・スーパージャンプ) 
「スカイプレイ」(秋田書店・ヤングチャンピオン)
ほか読み切り多数。

ちなみに「音吉君のピアノ物語」(全6巻)が欲しい方はこちらへどうぞ↓
小学館コミックス「音吉君のピアノ物語」オンデマンドのページ

書き下ろしピアノ漫画「ピアニスト」(彩図社)は現在、中古本としてアマゾンなどで流通。

このブログでは、ピアノ、ショパンネタ、マンガ・物語創作、作品感想、社会ネタ考察記事を書いてます。
RPG「クロノトリガー」に、はまったので、「クロノ関連ネタ」もあります。

ーーーーーーーーーーー
○ハヤシの過去のHP(凍結)

クロノ曲ピアノアレンジ、イラスト、二次創作物語、クロノ関連雑記などを保管したHP↓
「クロノトリガーとドラゴンクエスト」

マンガやピアノなどについての過去の雑記があるHP↓
「マンガとピアノの道」

ハヤシのピアノ演奏録音↓
「クロノ曲」ピアノアレンジ
「ショパン」の曲


無料レンタル



全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。